RTNBA

aderin一家の暴走NBA現地観戦記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【2014-15現地観戦メンフィス篇⑤】5日目Dec.30.2014 昼メンフィス事変

メンフィスの朝!
快晴!

50_20150131225238e58.jpg


どうやら今回の旅は、天気にはかなり恵まれているような気がする。
日本にいる時は毎日のように長期予報や週間天気予報をチェックして
雪のマークやマイナス10℃以下の表示に戦々恐々としていたのだけど、
一番寒そうと心配していたシカゴでも雨も雪もなく暖かかったし、
前日まで雪が積もっていたというオクラホマシティも快晴、
移動先のダラスも快晴、
乗り継ぎ地のヒューストンは曇天だったが、メンフィスは快晴。
さすがに空気は冷たいが、晴れていればそれさえ気持ちよく感じるというものです。

昨夜、ホテルのロビーで出会ったスパーズの選手たちがあまりにもカッコよかったので
今夜の試合はもうスパーズ応援しちゃう?みたいにぐらぐら傾きかけていたのですが
朝8時くらいでしたかね、
グリズリーズのThe Grind Fatherトニーアレンと、PGマイクコンリ―が揃っていつものように
「Its Game Day #GnG」
「Gameday focus!」
とつぶやいていたのを見て、目が覚めました。(笑)
彼等と同じ時間に生きていることの幸せを感じました。
やっぱり今日はグリズリーズを応援しよう!!!
そのためにメンフィスまで来たのですから。
(でもその後、今度はSASのパティミルズがいつもの「GAME DAY BALA GAME DAY!!! #vsMemphis #GoSpursGo」とつぶやいたのでまたぐぐっと来ましたよ。だってパティはその時、私が泊まっているこのホテルでつぶやいてるわけですからね!)

試合前に少しはメンフィス観光に出かけようかな、と思っていたところ、
泊まっていたホテルのベッドが今まで体験したことがないほど気持ちのいいベッドだったことは前の記事で書いたとおりで、息子がまぁ待てど暮らせど起きてこないのです。
いやもう本当に、天使みたいな顔ですやすやと眠っている…彼をこれだけ疲れさせたのは、
たぶん私がたてたハードスケジュールのせいだよな、と思うと起こすに起こせず。
午前中ずーーーーっとESPNを観たりして、ベッドにごろごろしたり、荷物を整理したりして待っていたのですが、本当に起きてこない。
昨晩B.B.Kingの店で夕食をとってから18時間弱、水以外何も口にしていなかったので
いい加減、空腹で耐えられなくなり叩き起こしたのは11時半ごろのことでした。
起きるなり、ややイラついている私に
寝ぼけ眼でついてくる息子、たったか速足で出かける私。
ホテルを出ると、FedEx Forumの前にかなり大勢の若者の姿が。
もしかしたら、メンフィスグリズリーズかサンアントニオスパーズの午前練習の出待ちかもしれないな、とは思ったものの、もうお腹が空きすぎてそんなことどうでもいい!(よくない)
息子が眠っている間に絞り込んでおいた店に向かってひた歩いた。
目指した店はGus’s Fried Chicken!

10_20150131180039d01.jpg

バーベキュー以外のメニューが食べられて、地元民に愛されている安くて旨い店で検索したところ、ここの評価がとてつもなく高くて行ってみようと。
12時少し前には店に到着したにもかかわらず、すでにウェイティング7組。
ええ~~~~っ!?
そんなに広くない店内にひしめくようにお客さんがぎっしり。

2_2015013118000673f.jpg

感じのいい店員さんにメニューを渡され、待っている間に見ておいてねと言われた。
Yelpを開き、写真を見ながらメニューを検討。

4_20150131180008f96.jpg

ホワイト(チキン)、ダーク(チキン)…
どういう意味だ?白鳥と黒鳥!?んなわけあるかい!(自分ツッコミ)
写真を見て、ホワイトが胸肉とダークがモモ肉かなと見当をつける。
Wingが羽…羽ってどんな部位だっけ…Legが脚…Tenderが…テンダーロインステーキとかラブミーテンダーとかのテンダー…やわらかい?やさしい?ささみ?
サイドメニューが、焼いた豆、ポテトサラダ、コールスローにフライドポテト、
焼き飯(焼き飯だって!?)、マック&チーズのマックがわからん!ハラペーニョ丸ごと、
お、いいね(辛党)、ランチドレッシング…謎。たぶん何かのドレッシング。
しかしこれってどれくらいの量?どれくらいの大きさ?わっからねぇ…
幸いまわりには食事中の人々がたくさん。人様の皿の上のチキンをジロジロと物色しながら、何とか注文。ふ~~~~っ食事のたびにわからないことだらけでひと苦労だぜ本当に。
出てきたチキンはもう…

5_2015013118001046d.jpg

マジメに…最高に…めっちゃくちゃ…美味しかったです!!!
Yelpの口コミを見ていると、このチキンを食べるだけのために1時間車を走らせてきた、とか、休日に来たら1時間半も待ったけど食べたらやっぱり旨かった、とか高評価ばかりなのも頷けた。

6_20150131180034605.jpg

FedEx Forumから徒歩5~6分、メンフィスでのランチに是非お勧めのお店です。

8_20150131180036bb4.jpg
ドリンクは$2(おかわりフリー、どんどんつがれた)、サイドディッシュは2種類で$0.50…安い!1種類とか3種類だとどうなるかは不明。

9_20150131180038c1b.jpg

店内にグリズリーズのネオンサインが!
街のあちこちにそういうお店がありました。このサイン、いいなぁ。

そこから公民権博物館なども徒歩圏内だったので行きたいなと当初は思っていたのだが、
息子が昨日からギブソンのギター工場に行きたいと主張していて、
ギブソンギター工場は毎時ちょうどにツアーが始まるというのを聞いたので
公民権博物館とギター工場、両方行くのはちょっと無理、公民権博物館は次回のお楽しみにしようかと、腹ごなしにミシシッピ河の河川敷を散歩することにした。

11_2015013118084483b.jpg

アムトラックの線路を横切って(スミマセン…)西に歩けばそこはもうミシシッピ・リヴァー!!

13_20150131180113ce7.jpg

空がすこーんと広くて悠々とした河が横たわる、壮大な景色が目の前に拡がる。
ダウンタウンにピラミッド型の建物が見える。

15_2015013118011671d.jpg

メンフィスというこの土地の名前はミシシッピ河をナイル河になぞらえてつけられた名前だそうです。
風がかなり冷たいが、これだけ気持ちがいいと思わず走りだしたくなり、
ひとしきりそこいら中を登ったり走ったりした。

14_2015013118011581d.jpg

河にも河川敷にもゴミひとつ落ちてなくて、水も透き通っていて本当に美しい。
めちゃめちゃ気持ちいいぞ~~~~~!!!
1時間ほどそこにいるとさすがに体が冷えてきたので、ギブソンギター工場に移動することにした。
2時ちょうどのツアーに参加したくて、走ってギブソンギター工場に向かったが、
そこには何と、「本日のツアー受付は終了しました」との非情な札が…
がが~~~~ん…
フライドチキン食べに行く前に予約していけばよかった…(そんなに混んでるとは思いもしなかった…)

20_20150131180149cb0.jpg

ギター工場のロビーに置かれていたグランドピアノ。

18_20150131180145dcc.jpg

1階2階を貫き天井まで届くでっかいギターの展示。

今さら公民権博物館に戻る気にもなれず(来た道を戻らなければいけなかったので)
なりゆきで隣のロックンソウル博物館に入ることに。
前情報では日本語音声のイヤホンがあるとのことだったのだけど、行ってみたらなかった。
まぁいいやと中へと進む。

25_2015013118022975f.jpg

ロックンソウル博物館の受付に、昨日GrizzDenでもらったのとは違うZboバージョンの年間スケジュール表があったのでまたがさっともらっておく。(抜かりなく)

23_201501311802263c3.jpg

最初に映像を観て、その後は各々自由に展示を観てまわるスタイル。

21_20150131180151dcb.jpg

展示素晴らしい。そして、イヤホンを使って音楽を自由に選んで聴けるのが素晴らしい。

22_20150131180151fda.jpg

番号を入力して音楽が音楽が聴けるシステム。館内のあちこちにこういう場所があり、
おそらく100曲くらいは聴けると思う。

26_201501311802315cc.jpg

当時の音楽を楽しみながら、ゆっくり展示を見てまわっていたら、あっという間に1時間半ほどが経過していて、
慌てて博物館を出て、再びオーダーしたジャージをピックアップしに、GrizzDenへ。
顔を見るなり「あっ!」って顔されて、
「まだジャージ、出来てないのよ~試合開始2時間前に来てくれたらその時渡すわ」と言われました。
やはり…(今から作るんじゃあるまいな)

仕方ないのでいったんすごすごホテルに戻り、息子はヘヴンリーベッドで昼寝(まだ寝るんかい)、
私は暇なので応援ボードでも作ることに。
一応、紙とペンを持ってきたんだ♪

28_20150131180302f32.jpg

コートニーリー用と…

27_201501311802326bc.jpg

テイショーンプリンス用…
省エネで裏表です。

ティップオフが19時だったので、2時間前に着けるように17時少し前にホテルを出ようとしたところ(ホテルからアリーナまでは徒歩1分なので)、
ロビーに黒山の人だかりが。
ん?とフロントを見ると、

ダニーグリーン、チェッキングアウト!

の真っ最中でした。
すぐさまその黒山の人だかりに合流してみんなと一緒にiPhoneをかまえていましたが
(メンフィスファンはここに来んなよ~笑とかツッコミを浴びながら、
昨日ロビーでスパーズの4人組と会ったよ~とか話していたら飛びついてきた単純で善良なスパーズファンたちとわいわい喋りながら♪)
いよいよダニーがこちらに向かってくるとなると
うるさいホテルマンに「写真はダメ」と制止されたのでホテルの外に。
ダニーの写真はホテルの中で盗撮したやつなので掲載自粛します…マヌ(ジノビリ)も慌てててちゃんと撮れなかった。

29_20150131180304081.jpg

史上最高のフォワード、ティムダンカン。

30_201501311803053e9.jpg

ファッションもシックでなかなかかっこいいぞ。じゃあ、あのいつも着てるシャツは一体何なんだ。ネタか。

31_20150131180307dc8.jpg

最初はホテルを出て左側(アリーナ側)で待っていたのだが、バスの入り口が右側にあって選手が
そちらに歩いていってしまうので、
急いで右側に移動。
コーリー(ジョセフ)がにこやかな笑顔でこっちにやって来たよ!

32_20150131180308cb0.jpg

一人一人サインしてくれたり、写真を撮ってくれたり、握手してくれたり…
スパーズの優勝キャップにサインをもらっているのは息子。
いつもはもう少しうまく撮れるのですが、このスパーズ選手出待ちの一連の写真は全部ブレブレだったり慌てすぎて
iPhoneカメラの露出が定まってないうちに撮ってしまってたり。
かなり緊張していたと思われます。

33_2015013118034175b.jpg

コーリーはちゃんと人の目を見て、笑顔で会話をしながらサインをくれる人。
いつも全力なプレースタイルからもそれは伝わってくる。
私はサインをもらうものを持ってなかったので、フィストパンプ!
グーを差し出すと、笑顔でグータッチしてくれました!

34_20150131180342568.jpg

ディアウ来た!ディアウ来た!
やっぱりかっこいい~~~~

35_20150131180344a81.jpg

バスに乗るのかと思いきや、立ち止まらずにアリーナのほうに歩いて行ってしまった…
その場にいた出待ちのファンたち全員、スタスタと向こうに見えているアリーナに徒歩で向かうディアウに呆然。
「えっ!?そりゃ近いけど、ディアウ、徒歩でアリーナ入り!?えっ!?」とぽか~んとしていて
一歩も動けず。
向こうに見えているのがアリーナ。本当に近いのですが…え???マジで?
ディアウ、どんだけ自由なんだよ…

37_20150131180345f69.jpg

ティアゴ(スプリッター)。

42.png

パティ(ミルズ)。

43_20150131180424544.jpg

コーチPOP。
実は一番、ファンたちが色めきだったのがポポビッチが通りかかった時でしたね。さすがの貫禄。
POPは何度もファンに手を振ってくれて、
ファンに何か言ってました。聞き取れなかったけど、すごくフレンドリーで感じのいい人でした。

46_201501311804265ea.jpg

マルコ(ベリネリ)。
あ~~~イタリア語で声かければよかった~~~~と今さらながら思ったわ。

47_20150131180447976.jpg

このバスは実は2台目で、1台目はコーリーあたりを乗せた後に出発してしまいました。
ず~~~~~っと停まっていたので、まだ誰か出てくるのかな?とわくわく待っていたのですが
バスの中ではティアゴがかな~りイライラして、何度も窓の外を覗いていました。
ディアウがアリーナの方向に歩き去ったかと思われた15~20分後くらいでしたでしょうか?
片手にスタバのカップを持ったディアウが戻ってきて、ファン一同騒然!

画像 001

バス待たせて、試合前にコーヒーを買いに行っていたようです…
何という余裕…
スタバはホテルの反対側の通りに面した路面店があったはずなので、そこでこの15~20分、ディアウがいたってことですよね…(追いかければよかったっ!!!)

画像 002

私たちがいないほう(アリーナ側)で待っていたファンと何枚か記念撮影をして(残念!)、
急ぐでもなく、悠々とバスに乗り、ディアウを乗せた途端バスは出発しました。
さすがフランス人、すっげえマイペース…ティアゴ可哀想、とちょっと同情しちゃいました。

画像 004

2台目のバスが出発した後は、ファンが三々五々アリーナのほうに向かいはじめたので
ああ、もう出待ちは終わりなのねと。
ファンもみんな慣れたものだなぁ~と感心しちゃいました。
全チーム、このホテルに宿泊なのかはわかりませんが、ホテル側もしっかりマニュアルがあるようで、
写真を見てもわかるように一応柵も用意されているので、思う存分出待ちできました。(笑)

さて、我々も急いでアリーナに向かいますか!
コートニーリーのジャージを取りに行かないと!!

(※勘のいい方はあれ?とお気付きのことかと思いますが、実は当初宿泊予定だったモーテルはシカゴ滞在中にキャンセルし、このホテルに変更していたのです。理由は色々あったけどやはり最後は安全面が気になったのと、
今回の旅はかなりの強行軍だったので、ゆっくりする日があってもいいかなという判断でしたが、
まさか本当にスパーズの選手に会えるとは思っていなかったので驚きました。
ホテル側にご迷惑がかかるといけませんので、あえてホテル名は記しません。知りたい方は何らかの方法でご連絡ください。写真見れば場所は丸わかりだとは思うんですけどね!)
スポンサーサイト
  1. 2015/01/28(水) 20:16:38|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦メンフィス篇④】4日目Dec.29.2014 夜メンフィス事変

ホテルにチェックインしてしばらくゆっくりした後、
よく考えたらダラスラブフィールド空港で軽い朝食をとって以来、
何も食べていなかったため、大変空腹なことに気付いた。
先ほど教えてもらったタクシーの運転手さんの助言を思い出しながら
いつものYelp様(別にサイトに「様」がついているわけではありません、私があまりの便利さに「様」づけで呼んでいるだけですので…)でレストラン検索。
美味しいごはんと、お酒と、素敵な音楽に出会える店がいいな、
何てったってメンフィスなんだから…
と検索をかけてみたとところ…
ほぼすべての店がバーベキュー、酒、ライブ!!!が揃っていたのでした(笑)。
お~~~さすがメンフィス…
もう考える気力がないほどお腹が空いていたので、とりあえず出かけよう!歩きながら検索しながら考えよう!ということに。
ホテルからほど近い、一大観光名所ビール通り(Beale Street)に行くと
黄昏時だというのに既にあちこちのお店から音楽が聞こえてくる。
ちょっと中を覗くと、まだまだピークタイムは先という感じだったが、いくつかのお店の小さなステージでこじんまりとしたライブが行われていたり、
音源からの音楽だったりと様々だったが、
とにかくその通りに立っているだけで、全身にリズムとメロディを浴びる体験ができる。
ちょっと歩くとすぐにタクシーの運ちゃんの教えてくれたB.B.Kingの店の看板があったので、ええぃもうここに入っちゃおうぜ!!と入店。
音楽と人々の笑い声に満ちた、落ち着いた照明の2階に連れていかれ、
ここにどうぞと案内されたのは、DJブースの真横のバルコニー席、バルコニーからちょうどライブステージが真正面に見える席!

4_20150127234513159.jpg

こんな日本人の一見さんをこんな席に座らせて大丈夫?と思うほどの特等席でした。
まだ夜の帳が降りる前の時間、本格的なライブは夜半過ぎからはじまるのでしょうけど、
それにしてもいい席だ。

3_201501272210014f4.jpg

大きなビールとアイスティーをまずは注文し、
じっくりとメニューに取り組む。
そんな時にも役に立つのがYelp様。
文字だけ読んで、意味はわかるがどんな食べ物か想像つかないような時、写真を見て
「これと同じのが食べたい」というだけでOK!というような使い方もできる
超便利なアプリ。前回の旅の準備の時に見つけて以来、何度助けられたことだろう。
ちなみにレストランなどの飲食店だけでなく、観光名所、特定のショップ(たとえばAdidasでも検索できますし、漠然とNBA goodsなどでも検索できます)やレンタカー、ホテル、医院、学習塾、体育館、バスケットコートなど、とにかく何でもかんでも検索可能な口コミサイトです。
息子と2人でじっくり、しかししかるべく迅速さで(お腹ぺこぺこなので!)メニューを検討。
愛想がよく、困ったりしているとすぐに笑顔で声をかけてくれる、悩んでいたらじっと待っていてくれる
B.B.King’s Blues Clubの素晴らしい店員さんにアドバイスをもらいながら、
Yelpの写真を見たりもしながら、何とか注文終了!
いや~ひと仕事終えたわ!
食事が出てくるまでの間、店内を流れる音楽を楽しみながら
息子との会話も弾みます。

6_201501272346019c0.jpg

ライブがはじまったのは18時半くらいだったと思います。

5_201501272210021ef.jpg

食事の味は、空腹だったこともあり、全部すごく美味しかったですよ!
アメリカの料理はとにかくどーーーん!って見た目の量でまずびっくりしますが
挑んでみると案外ペロリと食べられて、
滞在中食事を残したことはなかったです。
付け合わせのスィートチリビーンズっていうんですか?甘い豆だけは息子は苦手なようでした。(私がいただきました)
B.B.King's Blues Clubはバナナブレッドプティングも有名だそうですから、
お腹いっぱいじゃなければチャレンジしたかったのですが、さすがにそれはまた次回。
ライブをず~っと聴いていたいのはやまやまでしたが
19時過ぎたころから店内が混み合ってきて、外ではお客さんがどうやら行列しているようだったので席を立ちました。

ふ~お腹いっぱい。いいお店だったぁ~

10_20150127221036fd3.jpg

店を出るとすっかり日が暮れていました。
ビール通りはネオンサインで彩られ、通り沿いのどのお店からもブルースやロックやソウルの生演奏や歌が聞こえてきます。

13_20150127221037b50.jpg

先ほどまではなかったテーブルチャージ料金みたいな表示がどの店先にも掲げられていました。まず入る時にいくらか払ってから、中でまた注文するシステムのようです。

16_20150127221040bca.jpg

まだまだショッピングできるお店も開いていたので、
古いレコードショップや、雑貨屋さん、お土産屋さん、ギター屋さんなどを冷やかし、
いくつかの買い物をしました。
ビール通りは2ブロックばかりの小さな通りではありますが、その中に数十軒のレストラン兼パブ兼ライブハウスを兼ねており、
道沿いに歩いてひとつひとつの店から聞こえてくる音楽に耳を傾けているだけでも楽しかった。

18_20150127221041bdc.jpg

ただし、そこには不穏な、そして危険な空気が常につきまとっています。
前の記事にも書いたように、メンフィスは全米の中でも犯罪発生率が5本の指に入るほど治安の悪い街。観光客の多く集まるビール通りの夜は、犯罪の温床です。

3_20150127234513a9a.jpg
(夜はこの柵のところにパトカーがずらっと並びます)

その時間のビール通りは歩行者天国となっており車等はいっさい入ってこないので、
ストリートの両端には簡易の柵のようなものが設置されており、その柵の外側にはパトカーが3台ずつ、ストリートの途中の道の区切りのような箇所にもパトカーが3台ずつ、
ストリート内に派出所まであって、
道中あちこちに警官が立っています。

20_2015012722112114e.jpg

今年に入ってからも数ブロック先で発砲事件があったと、レコード屋のおじちゃんが言ってました。
息子を連れているからには(彼はまだ未成年ですし)私も親としての責任もあるため、
彼を危険な目にあわせるわけにはいきません。

21_2015012722112234f.jpg

細心の注意を払い、危険地域には立ち寄らず、酔っ払いすぎず(笑)おそらく22時過ぎになると未成年は入店もできなくなると思うので、
ビール通りをぶらぶらと30分ほどかけて一周した後は
ホテルに帰ることにしました。
そろそろスーツケースが届いているかもしれませんしね。

47_201501272212484d2.jpg

ビール通りから見た、フェデックスフォーラム。
これくらいの距離感です。ビール通りにもまだクリスマスツリーが飾られています。

25_20150127221125fa3.jpg

ロックンソウル博物館の上のサイネージ、色々なグリズリーズの選手が出ていたので
撮ってみましたよ。

34_20150127221207763.jpg

コンリーと、
(1/31の試合は先着3000名様にレスリングベルト!のプレゼントがあるそうです。すごいプレゼントやな…)

33_2015012722120698c.jpg

その他の選手たち(笑)。
待っていればランドルフやリーも出てきたのかもしれないけど、途中で飽きた…

31_20150127221126985.jpg

隣のビルのグリズリーは目が光ります!

36_2015012722120914f.jpg

フェデックスフォーラム側からビール通りを見た感じ。
ダウンタウンにはクリスマスツリーのライトアップされたビルが建っています。
このあたりはダウンタウンの外れのエリアなんです。

38_20150127221210e89.jpg

夜のフェデックスフォーラム。
明日はここで、スパーズ対グリズリーズの観戦をします。楽しみだなぁ…
こんな風に夜のフェデックスフォーラムのまわりをぐるりと回りながら帰り、
フロントに声をかけるとスーツケースはまだ届いていないという。何ですと!?もう20時過ぎなんですけどね…
むーん、まぁ仕方ないと振り返ったロビーのソファに記憶に引っ掛かる顔があった。

…何だかあの人、パティミルズに似てるなぁ…

次の瞬間、頭の中でスパークが起きました。

似てるなぁ、じゃない!!!
本人だよ!!!
パティミルズだよ!!!
サンアントニオスパーズのパティミルズだよ!!!


息子のほうを振り返ると、息子がちょっとこわばった顔をしてある一点を凝視している。
彼も口の中でもごもごと

「スプリッターがいる…」

とつぶやいているところでした。

ホテルのロビーなのであまり大声も出せないのですが
心臓が跳ねる、というのはああいうことを言うのか、
慌てふためく、というのはああいう心境を言うのか、という数分間。

「パティもおる、パティも!!!」
「スプリッタースプリッター!!!」

とそのソファから少し離れた別のソファに座って遠巻きに、しかしまったく遠慮のない視線を注ぐ日本人2人。
他の客は気づかないのか?知らないのか?それとも単なる大人の対応なのか!?
息子に言われてみると、パティの正面のソファにはティアゴスプリッターの姿も。
あんなに背が高くてイケメンなのに、背中を向けていたので気づかなかったのだ。
彼等は2人っきりでそこにいたわけではなく、
チームの人であろう他の2人か3人(よく覚えていない)と談笑していた。
そこにもう一人、でかい人が現れて、こちらに背を向ける位置にある1人掛けのソファに座った。

マヌ~~~~~~~~~!!!!

何と、マヌジノビリまで登場!!!

まじか!?
どうすればいいんだ!?
こんな時、みなさんならどうするんでしょう。
声をかけてみようか、どうする、どうする…
ええい!と声をかけようとそちらに歩みよった途端、ホテルコンシェルジュのオッサンに
「ソーリー、マム」とビシッと言われてあっという間に玉砕しました…
ホテル内ではやっぱりダメか!
旅の恥はかき捨てとは言うものの、こんな恥はかきたくないものです…
歩み寄ろうとした足を止めることもままならず、そのまま方向を変えて立ち去ろうとしたところ、エレベーターの方から、また見たことある背の高い人が来たんですね。
そう、それは

まさにラスボス…

ボリスディアウ!!!

思わずすれ違いざまに(全然懲りてない)

「Hi, Boris!」

と口走ってしまいましたよ…しかも友達みたいに気軽な感じで(たぶんね)。
私の中のどの人格がそんなこと言わせてるんでしょうか…
ディアウは、すれ違いざまに
ちょっとびっくりした顔をしたけれど、次の瞬間には優しい笑顔になり

「Hi!」

って応えてくれました。

あの時の眉毛の下がった笑顔、一生忘れません。
ディアウの笑顔はいつも素敵ですが、
あの笑顔だけは、あの瞬間だけは、私だけに向けられたものですから!!!

マヌが来るちょっと前に、パティやスプリッターと一緒にいたスタッフの方々は既に席を立っており、ロビーにいた3人と合流したディアウは
いつもの仲良し4人組で連れだって
メンフィスの夜の街に消えていきました。
その後4人は裏通りを通って徒歩で(徒歩ですよ!)、
歩いて3分くらいのちょっと高級(やはり!)なブラジル料理の店に食事に行ったようです。
Yelpで検索したら$$$ドルマーク3つの(高い)お店でした。
ホテルではなく路上でばったり会いたかった…そうしたら、ちょっとは声をかけたり
喋ったりできたのにな、と残念に思うものの
ビール通りから一本外れた道は真っ暗ですし、一応裏通りを通っていったし、注意していなければ気づかなかったかもしれません。
背が高いから気づいたかもしれないけど、ビール通りは人通りも多いし、人の顔ばかり見て歩いているわけではありませんし。
昨シーズン、各地で「フロッギング」と呼ばれるカエルのようなジャンプをして写真を撮ってはSNSにアップして、
最後はフロッギングのSNSコンテストまで催された
あのスパーズ仲良し4人組はやっぱり今季も仲良しでした。
どの選手もニットキャップをかぶり、全体的に黒っぽい服を着て(スパーズですしね)、目立たない装いではありましたが、
顔を隠すわけでもなく、ましてや立ち上がればNBA選手の身長ですから。
メンフィスの夜の街でもしかしたら見かけたりして???と
思ったこともありましたが、まさかホテルのロビーで会うとは。

私と息子は部屋に帰ってからも大興奮。
ヤバイヤバイと2人で上を下への大騒ぎでした。
「ヤバイ、ディアウカッコよかった!めっちゃハンサムじゃなかった?
すら~~~~っと背が高くて、頭がちっちゃくて、笑顔が素敵で、
超かっこよくなかった!?」
「かっこよかった、めっちゃかっこいいな、ディアウ!!!
 ジノビリもやばかった!!コートにおったらそんなに大きく見えないけど、やっぱり
 めっちゃでかかった!!!あんなでかいんやジノビリ!!!すっげえかっこよかったなぁ…」
「スプリッターも、やっぱりほんまにハンサムやったな、でかかったなぁ~~~~~」
「パティミルズは身長何cmやったっけ?182~3くらい?パティだけだったら
 気づかなかったかもしれないけど、顔見て、似てる人がいるなぁって思ったんだよ!!!」
「俺、先にスプリッターに気付いた!!!
 あっスプリッターや!!!目の前にスプリッターがいる!!!ってびっくりした、
 ヤバかった」
「ヤバかったな、すごいな、まじでスゴイな!!!!」
「かっこよかったな~~~~~~!!!!」
「会っちゃったな、すごいな!!!」
「ということは、このホテルのどこかにダンカンや、ダニー(グリーン)や、オースティンデイや、コーリージョセフや、マットボナーやジェフエアーズもいるんだよね、ベリネリとかも!」
「カワイはきっと来てないよね。パーカーはどうだろうね?」
「他の人たちは食事とかどうしてるんだろう。出かけたりしないのかな」
「このホテルのどこかにポポビッチもおんねんな!」
「そうやな!!!」

とこんな会話が延々1時間ほど続きましたともさ…興奮しすぎ?

テレビをつけても何も頭に入らず、夜中までその興奮を引きずったままでしたが、
ホテルのベッドが今までに体験したことのないような
異様に寝心地のいいベッドだったので、いつの間にか深い眠りに落ち、
そのまま朝まで…

とは行かず、夜中の1時ごろ、フロントからの電話で起こされました。

何でも、たった今、飛行場から荷物が届いたとな。
え~~~!?今!?夜中の1時だよ?
アメリカ人は夜中の1時に荷物を届けるの?と思ったのですが、
フロントの女性が
「お部屋に持ってあがりましょうか?」と言うので
「そうですね、今すぐお願いします」と答え、
夜中にスーツケースを持ってきてもらうからにはチップを渡さなきゃなと
数ドルを手に握ったまま、待つこと10分。

待てど暮らせど部屋のドアはノックされない。
「部屋に持っていきますか?」と「フロントに取りにきますか?」の英語を聴き間違えるほど私の英語力はひどくないと思っていたのだけど
面倒になったので電話もかけ直さずにフロントに行ってみると
スーツケースはフロントの奥に置かれたままだったのでした。
ん~~~~何でだろう、不思議だ…

51_2015012722131427c.jpg

当初の予定よりずいぶん遅かったものの、無事当日中にロストバッゲージしたスーツケースも受け取れたことですし、
今日1日、移動だけとは言え、色々あって興奮もしすぎて
ぐったり疲れていたので、
ほどなくして(と言っても深夜2時くらいでしたが)
その異様に寝心地のいいベッドに横になったとたんに再度睡魔が。

52_201501272213155b3.jpg

ホテルの側のビール通りからは、夜通し心地よい音楽が鳴り響いているのがかすかに聴こえてきて
その音楽の中で、眠りに落ちました。
  1. 2015/01/27(火) 15:35:54|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦メンフィス篇③】4日目Dec.29.2014 FedEx ForumとGrizzDen

24_20150120163904fd5.jpg

ホテルに到着したらもう目の前にFedEx Forum!!!
スーツケースもなく超身軽だったため、ホテルで一息つく前に迷わず足をアリーナに向ける。
アリーナの前には広場があり、敷地はぐるっとさまざまなスポーツのボールのオブジェ(座ったりもできる)で囲まれており、
左を向くとかの有名なビール通りが見えます。
アリーナからビール通りは徒歩1~2分ってとこ。1ブロックもありません。

39_20150120164235d74.jpg

アリーナに向かって右側のギブソンギター工場とロックンソウル博物館。
ロックンソウル博物館の壁にはグリズリーズの看板、屋上にはサイネージがあります。
広場を照らす街灯には
当然のことながらメンフィスグリズリーズの選手のフラッグが。

48_20150120164438525.jpg

アリーナとアリーナの右側のようす。右のほうにWill CallとBox Officelがあります。
今更思いついたのですが、チケットの座席に不満があったのならアップグレードできるか訊いてみればよかったなと。
かなり混んでいたから無理だったかもしれませんが。

47_20150120164437534.jpg

街全体の雰囲気が時代を感じる、よい意味でわびさび、悪く言えばさびれた感じなのですが
ミーハーなので何見てもかっこいい!と思っちゃいましたね。

45_201501201644348ed.jpg

グリズリーズ初のNBAオールスターのスターターにファン投票で選ばれた、マークガソルと、
マークとともにグリズのツインタワーを務めるザックランドルフのフラッグ。

44_201501201644338be.jpg

ビンスカーター、コスタクーフォス、ベノウードリックのフラッグ。

43_20150120164241b58.jpg

ジョンルアーもちゃんとありますよ~。

42_20150120164240c09.jpg

1月にトレードでセルティックスに移籍してしまったテイショーンプリンス。
セルティックスでも頑張っているみたいでちょっとホッ。

41_20150120164238725.jpg

NBAいち、ねちっこいディフェンス、
そしてメンフィスグリズリーズのキーフレーズ「Grit.Grind.」はこの人が作った努力の父。
ニックネーム「Grind Father」のトニーアレン。

40_20150120164237941.jpg

そしてリー様。(あまり声を大にして言ってはいませんがコートニーリー推しです)
地味さに定評のあるグリズリーズの中でも、さらに輪をかけてぬぼ~っとしてるのにやるやん、みたいな、
ディフェンスでもオフェンスでもコツコツコツコツとカバーやヘルプに回り続けるようなところがかなり好きです。

25_20150120164005ef9.jpg

アリーナに向かって左側(ビール通り側)には、
マークガソルやZboの絵が書いたトラックが置いてありました。ブルズにもあったな。
しまった反対側をチェックし忘れた。コンリ―とかが描いてありそう。
このトラック、移動してイベントとかに使うこともあるのでしょうか。

26_20150120164007b01.jpg

ビール通側から見たアリーナの前の広場はこんな感じです。
レンガがあしらわれていて、街の雰囲気にマッチしています。

27_201501201640104aa.jpg

アリーナ内のショップ、Grizzlies Den(通称GrizzDen)がまだ営業時間中だったので急いで行ってみます!

2_2015012723451161c.jpg

この日中に買いたいものがあったんです!!あるかな?ありますように…

33_201501201640563f4.jpg

マークとザックのスィングマンと、

34_2015012016414598d.jpg

コンリ―のスィングマン。
以上が、GrizzDenにあったスィングマンジャージのすべてでした…

ちーーーーーーん。(撃沈)
しかもこの3人ですらオルタネート(サード)ジャージばっかじゃないか!!!
ホームとアウェイがちらっと覗いてますが、サイズがXXLとかXXXLとか。
さすがにレプリカジャージに関しては、カーター、トニーアレン、プリンス、リー(でもだいたいサイズがXXL以上)のものもありました、もちろん前述のビッグ3のものも。種類もホーム(白)、アウェイ(紺)、サード(水色)と揃っています。
真ん中あたりにがさっとかけられていました。

37_20150120164149e12.jpg

が!

買いたかったのはコートニーリーのスィングマンだったので完全に撃沈。
ややがっかりしながらレジにつかつかと歩み寄り、
「コートニーリーのスィングマンジャージを、明日の試合までに作りたいのですが!」と詰問するも、
何と、GrizzDenではスィングマンジャージは注文できないという…
レプリカなら今日注文すれば明日の試合前に間に合うということだったので
妥協してレプリカジャージを注文しました…
色を選んでと言われたので、店内のレプリカジャージを見てかなり悩んだのですが、
レプリカになるとアクセントのイエローの三角パッチやサイドラインがなくなるんです。
ホームとアウェイのジャージはイエローのアクセントがないと地味すぎて、オルタネートのほうがまだかわいいかな?と
水色のジャージを注文しました。

ひと仕事終わったあとは店内をくまなく見ていきます。

28_20150120164011ddb.jpg

バンクーバーグリズリーズ時代の復刻キャップとTシャツ。

29_20150120164049560.jpg

女性用アパレルがいっぱい!
どれも結構かわいかったけど、たくさんありすぎて一枚も買えなかった…

31_201501201640526f8.jpg

使いやすそうなトートバッグとかフーディとかもいっぱいあったのになぁ。
何故か財布の紐が硬めモードでして…

30_20150120164050efe.jpg

スパンコールの熊のポシェット。
すっごいかわいかったけどポシェットってアイテムをまったく使う人生じゃないので
断念したアイテム。
今見てもかわいいと思うけど、まぁ使わないだろう。

32_2015012016405442b.jpg

プラクティスTシャツいろいろ。

35_2015012016414637a.jpg

ロゴの入ったボールとか、小さいゴールとか。
グリズにもクリスマスアイテムもいっぱいありました。

36_20150120164148117.jpg

キャップはどこのチームもかな~り豊富!!!
壁一面キャップです。
サーモマグはグリズでも見当たらず。ビアジョッキやショットグラスはあったんですが
サーモマグが欲しいんですよねぇ。
ブルズでもマブスでもグリズでもなかったから、サンダーにもないかも…
他にも携帯カバーなども欲しかったのですが
サンダーもグリズも1~2種類しか種類がなく、あまりかっこよかったりかわいかったりしなかったので購入できず。
いったん外したちょっと割れてるスパーズの携帯カバーを、帰国してからはめ戻したのは内緒だ…

38_20150120164151479.jpg

天井が高く気持ちのよいひとつの空間を壁で仕切ってショップスペースにしています。
キーホルダー、ステッカーを数種類、プラクティスTシャツ、ニットキャップとキャップ(明日かぶって行く用)を購入し、
レプリカジャージができたら電話連絡してくれる約束をして
ショップを後にしました。

1_20150127234509d27.jpg

レジ前に無料でもらえる年間スケジュール表があったのでとりあえずいっぱいもらいました。
ランドルフバージョンも翌日、ロックンソウル博物館で見つけたのでゲット。
ご希望の方に差し上げますので、この観戦記の最後の記事(まだ書いてない)をお楽しみに。

1_2015012722100037e.jpg

さて、ホテルにチェックインするとします。
  1. 2015/01/23(金) 11:13:43|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【2014-15現地観戦メンフィス篇②】4日目Dec.29.2014 メンフィスへの遠い道その2

さて、ダラスラブフィールド空港に到着し、まずはUAのカウンターでチェックインです。
ここでは以前、ロスで見たあのチェックインマシーンがカウンターの前方に3台ほど並んでおり、先客がチェックインしているところでした。
私の番がやってきたところで、一応横にいた係員の女性に
「まだ座席のフィックスをしていないのと、あとスターアライアンスゴールドメンバーなのでマイルをつけたい(予約時は関連づけてなかったので)」と伝えると
チェックインマシーンでの手続きを全部やってくれて、
荷物のタグにもPriorityの赤タグをつけてくれました。
以前、ロスでは航空券が出てこなくて予約が取り消されているとか言われたりしたのが少々トラウマになっており、
当たり前の過程なのに無事通過できるとホッとする。

5_20150120163619e18.jpg

アメリカではまだまだクリスマスディスプレイがあちこちに飾られていて、
1月中旬ごろまでクリスマスツリーを飾っているそう。
ヨーロッパや、あと韓国や中国、ベトナムなども、確か年始年末にクリスマスツリーがあった記憶があるので、
案外日本のほうが特殊なのかもしれない。

1_20150120163614081.jpg

何かダラスマーべリックスのグッズとかないかな~と目を光らせてみたが、
NFLが宴もたけなわのシーズン終盤にて、
ダラスカウボーイズのグッズがあちこちの店の表にディスプレイされていた。

2_20150120163616028.jpg

NFLも機会があったら一度観てみたいが、雪が降ってもゲームがあったり(客は当然しっかり防寒しないとダメだし)
試合カードにもよるのかもしれないけど、噂によるとNFLのチケットはNBAより高いときいている。
旦那がアメフト経験者なので、旦那と一緒に行って解説してもらいながら観たいと思っているので
NFLとNBAのシーズンが重なる年末の時期は、いいチャンスだと思うからいつか実現したい。
ロスだと年始にローズボウルもあるし、NHLもアナハイムダックスとロサンゼルスキングスと2チーム、もちろんNBAも2チームあるので、やっぱりロスもいいな。

3_20150120163616657.jpg

保安検査場を通り抜け、いつものように搭乗ゲートの位置と搭乗時間を確認した後、そこいらで朝食。
そろそろあっさりしたものが食べたく、フルーツつきのセットを注文。
写真はブリトーだが、このあたりの土地で食べたこういう類の食べ物は、
かなりの辛党の私が食べても感じるくらい、ちゃんと辛くて、小さい子供などは大丈夫なのかなと
いらぬ心配をした。

6_201501201636503fd.jpg

ヒューストン行きの飛行機。

7_201501201636517ff.jpg

搭乗券。

8_20150120163652835.jpg

機内は2-3のシート配列。写真は1-2だが、前方なのでプレミアムシート仕様になっているからです。
…というか、飛行機がこの時点ですでに30分くらい遅延していたのです。
ヒューストンでの乗り継ぎ、1時間しかないんですよね、国内線とは言え、ヒューストンってそれなりに大きい空港ですよね。ゲート間の移動にはどれくらいかかるんでしょう。まさかターミナル移動とかないよね?
こんなに天気もいいですし、機材も既に待機しているので機材繰りの都合でもないのに、
何故か遅れる。
SAS-MEMの試合は明日の夜なので、最悪次便を用意してくれて、今日中にメンフィスに着ければいいっちゃぁいいんですが…
今日中にグリズデン(メンフィスグリズリーズのアリーナ内ファンショップ)に行きたいんだよ!
夜のメンフィスでライブを楽しんだりして遊びたいんだよ私は!
とイライラしていたらようやく飛行機が動き出しました。

9ダラス

観光などは一瞬たりともできなかったけど、楽しかったよダラス!
というか、そういえばまた3日後に、乗り継ぎだけだけど、ダラスに来るのですよね…w

さて、飛び立ってしまえばウトウトする暇もなくあっという間にヒューストン・ジョージブッシュ空港にタッチダウン。
軽くダッシュで飛行機から飛び降り、
乗り継ぎ便のゲートB88の場所を地上係員に尋ねると、別の建物だから
そこの通路をずっと真っすぐ行って右まがって真っすぐ的なことを言われたのでその方向に走る。
ヒューストンは予想通り大きな空港で、途中のフードコートにPanda Expressなども見かけ、
「あ~~っここでランチしたかったよね~~~っ、麺食べたい~、米食べたい~」
と息子とぼやきながら速足で駆け抜けた。

10_201501201636568e6.jpg

無事、ゲートB88に到着!
事務所みたいな鉄のドア1枚の、愛想のない搭乗ゲート…
利用人数の少ない都市行きの便が発着する場所のようで、他に駐機していた飛行機も
小ぶりな飛行機ばかりでした。

11_20150120163725aeb.jpg

人間は走って間に合った。
ほっとひと安心したものの、荷物はどうなんだ…?
ギリギリの乗り継ぎ客に対してその荷物も急いで載せ替え、なんて対応を
ちゃんとやってくれるようには思えない。
一応、預けたスーツケースがロストバッゲージすることは想定内なので、
手荷物には携帯の充電器やカメラ、
息子が試合に着ていくトニーパーカーのジャージとサンアントニオファイナル制覇のときのキャップと優勝Tシャツ、
もしもの時のためのサイン用のペン、
okuさんからいただいたメンフィスの観光ガイドの出力と、ゲームチケットとホテルのバウチャー、財布、
コンタクトレンズのケースと歯ブラシ。
まぁそれだけあれば
何とかなるといえば何とかなるんですが、手続きが面倒だし、待ち時間がもったいないので
一緒に到着するに越したことはない。

12_20150120163726984.jpg

窓から機体に荷物を詰め込むようすをずっと見ていたのですが、
(荷物係の人と何度も目が合い、いい笑顔で手を振られて、振り返した)
私のスーツケースが搭載された形跡はなかったですねぇ…
こりゃダメだろうなぁ。ま、ホテルに直接届けてもらうとしますか、と腹をくくる。

13_2015012016372850a.jpg

メンフィス行きの便は定刻通り出発し、1時間半ほどのフライトでメンフィス到着。

14_2015012016372969e.jpg

…と思ったらメンフィス空港が崩壊していた!!!!
えっ!?
と思ったが、飛行機はそのまま滑走路をゆっくり移動し、

15_20150120163731231.jpg

一回りして、どうやらメンフィス空港本体らしい建物に到着した。
建て替え中なんですかねぇ…

16_20150120163806b4c.jpg

わ~い、無事、メンフィスに到着!

12/17に決断して10日後には、かの土地に到着しているなんて何だか不思議。
グリズリーズ関連のサインやグッズがないかなときょろきょろしたものの、
メンフィスと言えばニューオーリンズと並ぶ世界的に有名な音楽の街。
プレスリー!BBキング!マディウォーターズ!ロバートジョンソン!
60~70年代のロック&ソウルミュージックのレーベル!
そして忘れちゃならない公民権運動の指導者・キング牧師の暗殺された土地ですかね。
空港の土産屋に熊の姿は影も形もなく、ベタなメンフィスフーディやマグカップが普通に置かれていました。
空港内ではプレスリーが流れていた。
さすがメンフィス!

17_20150120163807382.jpg

バッゲージクレームに行くと
こじんまりとしてはいますが、こんなサインがあったり

18_20150120163808ee6.jpg

音楽の都市っぽいこんなディスプレイがあったり、楽しい。

19_20150120163809aab.jpg

メンフィス空港のロゴは♪の形をしています。

搭乗した便の荷物がベルトコンベアーに乗って吐き出されてきたので
半ば冷めた気持ちでしばらく眺め、
荷物が出てこない他の乗客と一緒に、別の便の荷物が出てくるまで待っていたが
やはり預けたスーツケースは出てこなかった。
事務所へ行き、荷物が出てこないことと、ジョージブッシュで乗り継ぎに時間がなかった旨を伝えると
コンピューターをはじいて、まだスーツケースがジョージブッシュにあると教えてくれた。
18時の便でメンフィスに来るそうなので
ホテルまで届けますと。

21_20150120163859811.jpg

予想していたことなので自分の名前と、宿泊先のホテル名(ホテルの名前を言っただけで住所も訊かれなかった)とスーツケースの色や外見を伝え(銀色のリモワでシールがベタベタ貼ってある)
淡々と、3分ほどで手続き終了。
かえって楽チンだったかも~~~~♪と超身軽にスキップしながら空港を後にしたのであった。

20_20150120163812be2.jpg

メンフィスでは到着日=観戦日というスケジュールではなく、荷物もなくて身軽に移動できるので、公共交通機関で移動してもいいなと思ったのだが
ちょっと調べてみると空港からフェデックスフォーラム周辺までタクシーでも$30程度ということだったので
タクシーでアリーナに向かった。
サンアントニオなどもそうだったが、2人以上だとHotel shuttleなどよりタクシーのほうが安いことはよくある。
地元のバスや地下鉄、トロリーなどを使うと格安だけど、時間がかかったり、来なかったり、それなりにリスクはあるので
ケースバイケースで決めることにしています。

タクシーの運転手さんが陽気で気さくな方で道中はずっとおしゃべりしていた。
「メンフィスに来た目的は何だい?プレスリー?」
「メンフィスグリズリーズの観戦ですよ!明日のサンアントニオとのゲームを観に来たの」
「そりゃあいいねえ!メンフィスは他にも色々観るところがあるから観光もするんだろ?」
「全然調べてないけど、オススメ教えてください」
「キング牧師が暗殺されたモーテルを博物館にしたナショナルシビルライツミュージアムと、グレースランドのプレスリーの生家やサンスタジオはみんな必ず行くんじゃないかな。シビルライツミュージアムはメンフィスに来たら行くべき場所だね。
FedExForumに行くなら、ギブソンの工場とロック&ソウル博物館もすぐ隣だよ!
夜はビールストリートで…」
「あっ!すごい広い!!!この河は何て河?」
「ミシシッピリバーだよ!」
「あ、トムソーヤに出てくるミシシッピリバー…!すごい、広い、きれい!」
「そうそう、マークトゥエインだね。夏はクルーズとかもあるんだけど…」
「今回はグリズリーズ目的だから大丈夫!」
「河の向こうは州が違うんだよ」
「向こうは何州?というかメンフィスは何州?」
「向こうはアーカンソー州でこっちはテネシー州だ」
「ほら、この先がロレインモーテルだよ、この通りがキング通りって言うんだ…この通りぞいを真っすぐ行くだけだから、明日行くといいよ。そこを曲がったらビールストリートだ。
真夜中までライブがあるから夜行くといい。ホテルから歩いて1分とかからないよ」
「オススメの店はある?何が美味しいの?」
「BBキングの店かなあ。メニューはどこの店もバーベキューさ!」
「ほら、これがギブソンギター工場」
「あ!!!フェデックスフォーラムだ!!!ありがとう!!」

という感じで、タクシーでダウンタウンに向かう道中、鬼のように喋り続ける運転手さんと客。
というより、本当になーんにも調べないで来ちゃったなぁと改めて思いましたよ。
運転手さん、丁寧なガイドありがとう。
シビルライツミュージアム、気にかけてなかったけど行く気になってきました。
明日の試合前に是非行ってみようと思います。
夜はBBキングの店ね…ふむふむ。
ホテルの車寄せで一応降ろしてもらったものの、部屋に置く荷物もないわけで
そのままフェデックスフォーラムに向かうことにしました。

22_20150120163901ff9.jpg

来たぜ!
メンフィスグリズリーズの本拠地、
フェデックスフォーラム!!!
  1. 2015/01/22(木) 14:39:13|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦メンフィス篇①】4日目Dec.29.2014 メンフィスへの遠い道その1

そもそも、今回の旅の行程に、メンフィスは入っていませんでした。
計画を立て始めた8月ごろにはちらっと考えた瞬間もありましたが、今回の最大かつ最終の目的地は
あくまでもオクラホマシティ。
そしてオクラホマシティサンダーの試合を、ホームで観ること。
それがすべてでした。


だった筈でした。

3cities.jpg (すみません、3都市CHI DAL OKCの間違いですね。何故かすでにMEMが入ってる…)

こちらが最初の行程表。
12月上旬にはこの行程でフィックスし、ホテルの予約もとりあえずはキャンセル可能な状態で完了、ゲームチケットは直前まで待っていたのでまだ取っていなかったと思います。

ところが、12/5に行われたSAS@MEM戦をリーパスで観て、あまりにも素晴らしい試合で頭をガツンとやられました。
そして何と12月中にあと2試合、この2チームの対戦があるという、
しかもこのうちの1試合が我々がアメリカ滞在中の12/30@メンフィスでの試合ということを知りました。
その時観戦する予定だった試合は以下の3試合。

12/27 NOP@CHI
12/28 OKC@DAL
12/31 PHO@OKC

12/29または12/30にメンフィスに行けば…観戦可能かもしれない!!!
そこからはもうアメリカ国内の格安航空券調べたり、メンフィスのホテル調べたり、そもそものゲームチケットを調べたりで
あ~でもない、こ~でもない、と悶々とする日々が続きました。
そのまま2週間ほど頭の中で色々シュミレーションするに留ったまま何もできずに過ぎてゆきました。
もともとハードな旅なのです。そのハードさに輪をかける行為なのは間違いないですし、飛行機に乗る回数が増えたりすることはやはり様々なリスクが伴います。
行かない理由のほうがはるかに多かったです。
頭が沸騰するほど悩みすぎて、「おそらく行かないことになると思う」とTwitterでも当時はつぶやいたかと思います。
いつまでもウジウジと予定がフィックスしないのもよくないため、以下のことを決意しました。

「12月のスパーズとグリズリーズの2回目の対戦が、すごくいい試合で、かつグリズリーズが勝ったら観に行こう」

満を期してリーパスでの観戦に臨んだ12/17 SAS@MEM戦。
ご覧になった方はよくわかると思うのですが、いい試合過ぎました。
まるでファイナルかというほどの濃い試合内容でした。
怒涛のトリプルOTでグリズリーズが見事ホームでの勝利をおさめました。
グリズリーズにとっては、2年前にウェスタンカンファレンスファイナルでスパーズに大敗して以来、苦手どころではない、勝てないチームだったようで、もうそれはそれは見事なくらいの死闘の末の大歓喜っぷりでして…

どんっ!!!

背中を見事に押されました。

まずは、旅程の後半でOKCでどっぷりお世話になるはずだったYOKOさんに謝罪の連絡を入れました。
私たちを心から歓迎してくださっていて、あれやこれやと色々考えていてくださったのに
そのご厚意を無碍にするような予定変更になってしまうからです。
加えて、サンダーファンにも関わらず、OKCでの滞在が24時間以内という、
昨シーズンのサンアントニオのような行程になってしまうという内容にも、自身の仕切りの悪さに鞭打ちたい気分でした。

それでも、行きたい、メンフィスに。

大急ぎで旅程表をリバイズし、YOKOさんに送りました。

4cities.jpg

そしてまずは航空券を探しだしたのですが、何と12/5の試合後に見た時と、12/17の試合後に見た時では
航空券のチケットの値段がまったく違っていました。
12/5時点では2人で往復$430~470程度だったのに対し、12/17の時点では2人で何と往復$741.38!!
倍とはいいませんが1.5倍以上の価格になっていたのです。
自分の決断の遅さを呪いました。
それでも行きたいのか、と自分に問いました。

それでも、行きたい。行く。

と決意してからは早かったです。
ちなみに検索ならびに航空券購入に使ったサイトはこちらです。
他にもいくつか(Cheapoairなど)見ましたが、こちらのサイトは使いやすくてオススメです。

Orbitz

検索すると基本的にはアメリカン航空(以下AA)かユナイテッド航空(以下UA)の行程が出てきたので、
この二社の正規料金検索、およびJet BlueやSouth WestなどのLCCのサイトも確認し、
1番安い行程で…と思ったのですが
1番安い行程だとトランジットに5~7時間あったり日をまたいだり、などの不便があったたため
2番目くらいに安い行程のものを選びました。
12/5時点で検索した時にはダラスーメンフィス間は直行便があったのですが
今回はそれもヒットせず。
往路はダラスーUAーヒューストンーUAーメンフィス、復路はメンフィスーAAーダラスーAAーオクラホマシティ
という往復の航空会社が違う、出発地と帰着地が違う、というイレギュラーな行程となりました。
乗り継ぎ空港での乗り継ぎ時間は、どちらの行程も1時間ちょっと。国内線なので航空機の多少の遅れは吸収できる乗り継ぎ時間だと思いました。
座席が確定できなかったり(有料のプレミアシートにすればおさえられたのですが出費は抑えたかったので取りませんでした。当日問題なく空港で普通席をフィックスできました)、不測の事態の際の保険などもサイト上で薦められましたが、余計なお金がかかることは全部無視しました。
クレジットカードで決済し、予約番号(eTicket)が振り当てられたので
念のため各々の航空会社のサイトに、その予約番号で予約が入っているか確認もしました。(問題ありませんでした)
色々不満はありますが、とりあえず航空券が取れてほっとひと息。
(ちなみに、YOKOさんにも息子にも呆れられたのですが、どうせヒューストンに寄るなら12/29にヒューストンホーム戦があるかな?と一応確認したことも記しておきます。ちなみに12/29にヒューストンで試合はありませんでした)

それから大急ぎでホテルをおさえにかかります。
オクラホマシティもそうですが年末は通常の時期よりホテルの満室率が高く、値段も高くなっています。
2日ほど前までキャンセル可能な予約にしておけるので、ホテルはとりあえずおさえる!が鉄則です。
上記のように、航空券で思わぬ出費がありましたので
ホテルはどうせ寝に帰るだけだし安く抑えたい…という気持ちが強く、
フェデックスフォーラムから歩いて5分程度のモーテルを予約しました。2泊で¥24,193(税サ込)。
シカゴやオクラホマシティに比べると多少は安価ではあるものの、
メンフィスは治安の悪さが全米2位だか4位だかってことなので、
何度も何度も航空写真を見て、アリーナ周辺の写真を眺めて最後まで悩みました。

memphis.jpg(Hotels.comのお写真をお借りしています)

上部中央あたりにある黄緑色の吹き出しのようなアイコン、ここが当初抑えたホテルです。
モーテルですが、比較的清潔で、Hotels.comの評価もたいして良くもありませんが、目立ったネガティブは見当たりませんでした。
メンフィスに実際に行って、歩いて、距離感やまわりの雰囲気をつかめた今なら、このモーテルでも観光地のBeale Stや、アリーナからじゅうぶんに近いことや
夜中の移動も何とか大丈夫そうなことがわかるのですが、
とにかくMr.ZやYOKOさんや、他の在米滞在者の方や、旅慣れている方にも
「メンフィスでは安全をお金で買ったほうがいい(安全な場所にあるちゃんとしたホテルにしたほうがいい)」とアドバイスされたのがずっと頭に引っ掛かっていました。
しかし、NBA観戦旅行において、お金をかけたい順番としては
チケット>ホテル=航空券 って感じなので
どんなアドバイスをされても、このホテルでいい、自己責任で、と予約を断行したのです。

さて、肝心のゲームチケットですが、何度も書いたように航空券が高くなったことにより
私の財布の紐はかなり硬めになっていました。
Ticketmaster、Stubhub、Ticketcity、Picktickといくつかのサイトを見てまわり、
一番妥当と思われるチケットを決済したのですが、そこに思わぬ落とし穴が待っていました。
文章で説明するのはかなり難しいので詳細は省きますが、要は座席の順番を読み違えたのですね。
たとえばOKCだとチケットは、コート近くから順番に1~、AA~、A~という順番、などチームによって座席の配列が違うんです。
チームによって配列や表記が違うことは今までいくつのも観戦チケットを取ってきた経験もあるので、重々理解していたのですが、
まさかメンフィスベンチ側ゴール裏セクション101のEE列、というのが
あ~~~んなに後ろのほうだとは夢にも思わなかったわけですよ…
チケットを抑えて「ふ~やれやれ」とひと息ついてから、何でこんなに安いんだろうとふと座席の配列を調べて発覚いたした次第でございます。
期限が迫っている中、焦って航空券やホテルや観戦チケットを手配したため、
席配列のチェックはチケットを取る前にやるべし、という当たり前の行程を省略してしまったのが敗因でした。
(ちなみにフェデックスフォーラムの席配列は1~、A~、AA~という順番なのでした。)
どれだけ後ろなのかは、後の観戦記事の写真でもご覧くださいませ。(トホホ)

…という感じで、ドタバタと決まったメンフィス行き当日の朝。

宿泊していたダラスのホテルのフロントでタクシーを待っていました。
ほどなくしてタクシーがやってきたのでトランクに荷物を載せ、
「ダラスフォートワース空港までお願いします」と運転手さんに伝え、
タクシーが走りだした瞬間、天啓のようなものを感じました。
背中にひやり、と汗が流れました。
ファイルに挟んであるOrbitzから出力した予約票を慌てて確認しました。

Dallas Love Field

との記載がそこにはありました。
ダラスにはLove Field空港とDFW空港という2つの空港があり(実はもうひとつあるけどややこしいので省略)
DFWに寄るのは復路のトランジット。往路の出発空港は小さいほうのLove Field空港のほうだったのです。
すでに走らせているタクシーの中で運転手さんに
「ごめんなさい、勘違いしていました。フォートワースじゃなくてラブフィールドに行ってください!!」と
大慌てで伝えました。
「ラブフィールドはフォートワースより近いの?」と恐る恐る訊くと、ここから15分ほどですよ、とのことでしたので一安心。
スマホのマップでも確認しましたが、フォートワースへの行程の半分くらいの距離のところにラブフィールド空港はありました。

しかしヤバかった…私としたことが、何というミス。一大事になる前に気づいてよかった…
と胸をなでおろす間もなく、ラブフィールド空港に到着。
写真を撮る暇がなかったけど、空港の入り口にはノビツキー、タイソンチャンドラー、チャンドラーパーソンズの大きな看板がありました。

4_20150120163618c3a.jpg

長くなったのでいったんここで記事を区切ることにします。
  1. 2015/01/21(水) 11:34:23|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦ダラス篇⑦】3日目Dec.28.2014 OKC対DAL 後半

さて、OKC@DAL戦も、残すところセカンドハーフのみとなりました。
後半は写真もあまり撮ってないです。というのも応援に忙しかったから!

画像 080

アダムスの力強いリバウンドからのレイアップアンドワンに
会場中のサンダーファンが立ち上がり、沸き立ちます。

画像 090

審判に抗議するチャンドラーパーソンズ。
イバカは前半もよかったけど、後半は攻守全般に渡って火がつきました。
3Pもバンバン(何本だっけ)決まるし、リバウンドは取るし。
シュートは打てば入るinto the ocean状態。
もっとどんどんイバカにボール回してください!

画像 097

KDは試合に出られなくてもベンチにいても、
誰よりも試合に入りこんで、声を出し、立ち上がり、手を叩き、タイムアウト中は積極的にチームメートをに声をかけ、
ねぎらいアドバイスをする真のリーダーです。

画像 101

そして、それはノビツキーも同じです。
ミスがある選手を厳しい顔で諭したかと思えば、次の瞬間には笑顔で尻をたたき、頭をなで、励まします。
チャンドラーパーソンズがファンとのQ&Aで
「現役NBA選手の中で最も尊敬している選手は?」と訊かれ、
「ダーク」と即答しているのも、
タイムアウト中のノビのチームメイトへの対応を見ているだけでも納得するというものです。

画像 108

画像 115

この日のノビツキーは何と30得点。
フリースロー成功率100%。

画像 119

グレッグスミスははじめて認識した選手でした。
ビッグマンなのにフリースローが上手でした。思いっきりブーしたのにきっちり決められました。

画像 121

マブスに来たばかりのロンドも奮闘!
オフェンスでフィールドを駆け回るだけではなく、ディフェンスもいい選手なんですね。
プレー中に目の上を切って、血がにじんでいるのが痛々しい。
しかしロンドの目のでかさといったら…もう顔中、目って感じですよ!!!

画像 140

ノビツキーの美しいフリースローのフォームをご覧ください。

画像 143

さっきも書いたけどこの日のフリースロー成功率は100%。何と12/12。
こういう選手にファウルしても意味ないですから!相手の思うツボですから!

画像 145

こういう憂いのある表情をエリスはよくします。
こういうところも仏っぽいんですよ…

画像 147

イバカの活躍で3Qは何と逆点して終了できたものの、
4Qになると少しリズムが悪くなります。
ラッセルはもう、シュート入らない日はパスまわしてくれたらいいんだけどな~と
ファンだけど、いや、ファンなだけに、厳しい気持ちで見てしまいます。
自分で打破しようという気概は伝わってきますが、今日は調子のいい他のチームメイトもいることですし。
私がスコッティならラスを下げてたと思います…

試合は最後の最後まで数点差で攻防を繰り返し、会場は超白熱!!!
私たちもここぞとばかりに声を張り上げて応援しました。
数では絶対に劣勢なので、コツはマブスの応援に会いの手を入れるように声を出すことです。
「Let's go MAVS!」
      「Defence!」
「Let's go MAVS!」
      「Defence!」
「Let's go MAVS!」
      「Defence!」
という感じで、レッツゴーマブス!のマブスの部分に、リズムに乗って「ディーフェンス!」をかぶせるのです(笑)。
必死でYOKOさんと声を出していたら
まわりも同調してくれて、アウェイのチームのゴール裏応援団としては
かなりいい感じの反対勢力になれたのではないでしょうか!(自画自賛)

が、奮闘むなしく試合終了。
白熱した試合でしたが、負けてしまいました。あ~あ…
立ち上がったまま、ぼーぜんとビジョンを見上げていたら、
前に座っていたマブスファン(かなりがんばって応援していたおじさん)が手を差し伸べてきたので
「いい試合でした!」と言うと
「今日は勝たせてもらったな、悪く思うなよ!」と笑顔でぱ~ん!とハイファイブしました。
いち、サンダーファンとして負けてもさわやかなふるまいを心がけましたよ…がんばりましたよ。

36_20150111161949473.jpg

アリーナを出るところで、マブスが買った時にもらえるタコス(だったかな)の券をもらったり、
チョコバーを配っていたので、
サンダージャージを着ててもそういうものはしっかりもらっとくもんね!とちゃっかりゲット。
チョコバーは後々、非常食として私と息子のお腹におさまりました。
夜のAACはやっぱり美しくて、美しいなぁと思うと、また少し悔しくそして何故かちょっと寂しくなりました。

37n.jpg

4人でホテルにチェックインして、道向かいのデニーズで一緒に夕食というか、夜食をとりました。
私はそろそろ米が食べたかったので、お米目的でこんなメニュー。
息子がすかさずハンバーガーを頼むと、またもやMr.Zに褒められていましたよ!(笑)
何を話したかはあんまり覚えてないのですが、ず~~~っとしゃべりっぱなし。
そのままほっておくと朝まで喋っていられそうでしたが、私たちが翌朝それなりに早くホテルを出るので
コーヒーを飲んでお開きになりました。
YOKOさんもMr.Zも本当に気さくな方で、Mr.Zには申し訳ないなぁと思いながらも
しんどくなったら日本語でも怒涛のように喋ってしまって
(NBAの話はたぶん英語でしていたと思うんですけど…自分でも都合のいいほうで喋るからあんまり認識してないんです)
次にお会いした時は、もっと英語を話せるようになりたいですね。
それは息子も、帰国してからぼやいていて、
「もっと英語を勉強して、Mr.Zと喋りたかったからがんばらなあかんな」と言っていました。
その志をずっと持っていてくれたらいいのですけど…(笑)

お二人とは、3日後の大晦日にオクラホマで再会することを約束して
ドアの前でお別れ。
ダラスまで連れてきてくださって、本当に本当にありがとうございました!!

38n.jpg

荷物をまとめがてら、ダラスのお土産をベッドの上に拡げてみました。
ロンドのボードにもらったKDのサインがやはりディープすぎる…
このボードの取り扱いをどうしたらいいのかわからぬまま、折れないようにスーツケースの底にしまいました。

今回の旅も、半分が終わりました。
明日はいざ、メンフィスへと向かいます!
  1. 2015/01/20(火) 15:32:19|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦ダラス篇⑥】3日目Dec.28.2014 OKC対DAL Halftime

ハーフタイムのショーのひとつ。
だだ~っとその場で手や体を使ってのペインティング。
本当に最後の最後に背番号書き込むまで、「誰…?」って感じだったんですよね…

画像 120

書き終わっても誰かわからないくらい、見事に似ていない!!!
背番号「6」、そう、タイソンチャンドラーですよ!!!わかるかい!

画像 125

先ほどはサンダーがこちらのゴールでシュート練習していましたが、
バスケットを交換し
後半はマブスがこちらのゴールにシュートする番です。
サンダーの敵のフリースローにブーイングする時間がやってきましたよ…
マブスの練習風景、笑顔が多く、チームの雰囲気は大変よさそうです。

画像 126

ニックスからタイソンチャンドラーと一緒にやってきたレイモンドフェルトン。
来るなり確か故障でしばらく出場できず、この日はほんの少しミニッツをもらえた記憶があります。

画像 129

ノビツキーは誰より声を出し、誰より真剣に練習をする選手だというのが伝わってきます。

画像 135

練習中はずっと笑顔でした。

画像 141

モンタエリスかわいすぎ!笑顔無邪気すぎ!
この微笑みが顔から消えた時、モンタは阿修羅になります…!!!
コートを支配する戦いの神になるのです。
モンタの顔って、ちょっと仏像っぽいというか、神様っぽいですよね。
時には無邪気な子供のように笑い、時には残酷な神となる、大変に魅力的な選手です。
小さな男の子のお父さんでもあり、先日ヒーローインタビューを受けていた時
ずっと子供のことを気遣っていたモンタの姿は、本当に素敵でした。

画像 122

ロケッツにいる時と雰囲気の変わったチャンドラーパーソンズ。
以前はかっこいいルックスのアウトサイドシューターのイメージでしたが、ちょっと野太くなったような気がします。
いろいろと逆境も多い中、それをバネにしてぼーんと躍進しているところを目撃したい、と
心のどこかで気になっている選手でもあります。
今日はすでにスリーをぽんぽん決められているので、これ以上躍進しなくていいですけど…

画像 121

頭の上を大きな飛行船が横切りました。
飛びながら何やらふりまいていますが、拾えなかった。

そろそろ後半戦がはじまります。
  1. 2015/01/20(火) 15:17:40|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦ダラス篇⑤】3日目Dec.28.2014 OKC対DAL前半

いよいよ、自称サンダーファン(家族にも「サンダーファンだったの?」と失礼なことを言われます…)が、
はじめてのサンダーの試合をアウェイで観るという一大イベントがはじまります。
ばっちり0番ラッセルウエストブルックのアウェイのジャージを着込み、敵地に乗り込んできました。
実は「敵のファンです」ってあからさまな格好でアリーナに入るのも初めての体験。
下手すると流血沙汰に…とびびっていたところもあったのですが、
アリーナに入る前から「ここって本当にダラス?」って驚くほど大勢のサンダーファンを見かけ、
私たちの席の後ろも2列ほどサンダーファンだったという。
これで心置きなくアウェイのアリーナでサンダーを応援できるというものです!

画像 039

アリーナの大型ビジョンにスターターの名前が出ています。
KDは引き続き欠場(大晦日のサンズ戦で復帰という事前情報あり。まぁ当日までわかりませんけどね)
サンダーのスターターはアダムス、ペリジョン、イバカ、ロバーソン、ラッセル。
マブスのスターターはノビツキー、エリス、パーソンズ、ロンド、ブレアとなっています。
セルティックスから移籍してきたばかりの、魔法のようなパスを出す(イメージ)PGロンドのプレーを観るのも楽しみです!

画像 046

選手紹介と国歌斉唱があり、
チームが円陣を組みます。
何かこのあたり、興奮しすぎていてあまり覚えていないという…現地観戦って、記憶が結構飛んでるんですよね。
やはり脳がオーバーフローして異常体験なのかも…

画像 048

ラッセルが客席?に向かって何やらやるいつもの儀式。

画像 051

これ、アウェイでもやるんですね…
ちなみに、一体何をやっているのか、何か言ったりしているのかわかる方は教えてください。

画像 053

いよいよティップオフ。
アダムス対ノビツキー。

画像 055

毎試合書いているような気がしますが、NBAの写真を撮るというのは並大抵のことではありません。
アリーナに持ち込めるギリギリサイズのコンデジ×シャッター押すだけの素人には
NBAのスピードを生かした写真を撮るような技量はありませんので、
フリースローやタイムアウトで試合が止まったり、
ボールを運んでいる時くらいの写真しか撮れませんでした。
あとは自分のこの目で、しっかり、実物を観たいというのもあります!

画像 008

ボール運びするラッセル。

画像 003

フリースローするラッセル。

画像 014

はっ!たまにはKDも撮らなければ!と思い出して撮ったベンチのKD。

画像 019

サンダーの二枚看板、KD&ラッセルが一緒にいるところ。
サンズ戦では二人ともがジャージを着て一緒にいるところが観たい。

画像 027

この試合、ラッセル不調。
マブスのオフェンスには勢いがあり、打ってくるシュートがどんどん入る印象。
対してサンダーは攻めあぐねている感じ。
応援にも力が入ります!というか最初からずっと叫んでますけどね…
いけいけ~~~~っ!!!が、あぁぁ…に変わることが何度もありました。

画像 035

KDと同じく、
マブスのほうもちょっとは撮らなければ!と思い撮ってみた。(笑)
左からジェームス、リッキーレド、おおっジャズにいたジェファーソンがマブスにいるぞ!(今ごろ認識)、
このイケメンはパウエルかな…自信ないが…
後ろ頭はフェルトン、その隣の一度見たら忘れられない選手はヴィラヌエバ。昨シーズンはピストンズにいましたね。
現地で観戦する前に、何試合かマブスのゲームを見ておいたので
ギリギリ顔くらいはわかるかな…ギリギリ。

画像 052

頑張り屋さんのランストーマスが、ノビについています。
あまり期待してなかったんだけど、そして出場時間はとても短かったけど
彼のプレーを観ることができました。
「あっ!!!トーマス!!!」って
思わず叫んじゃいましたもん。

画像 060

ノビツキーに張り付くちびっこたち。
ノビの大物感はすごいです。存在感がめちゃめちゃあります!
サンダーはTOなどのミスも多く、チーム全体にあまり勢いがない中、イバカの奮闘が光りました。

画像 071

手前がバレア。
数年ウルブズに在籍し、小柄ながらもクイックネスとタフネスでペイントをかきまわしていた選手が
古巣マブスに帰ってきました。
今日は出場はなりませんが、タイソンチャンドラーもニックスからの出戻り組。
ノビツキーはもとより、栄えあるマブスのファイナル制覇を知る選手が終結してきています。
そこに二枚、三枚と、強いカードを次々と重ねつつあるマブス。
本当に強敵だと思います。
バレアの手前がデビンハリス。先ほどトイレでもお会いしました。
そうだ、この選手もマブスの復帰組。
その向こうの選手はリバウンドに定評のあるアミス。
アミス、結構好きな選手なんですよね。いい選手がいっぱいいるなぁ…

画像 005

タイムアウト中はコートの中でのショーではなく、頭上のビジョンを利用した
アニメや映像が流れていました。
KD、ラッセル、パークの3人はこの後、オクラホマ方面へぴゅ~~~~~っと飛ばされてしまいます。
サンダーを揶揄した面白アニメが楽しいです、とか言ってちゃダメなんだっけ。(汗
相手を「いじくり倒す」文化は、大阪で慣れてるので大丈夫です!w

画像 022

コリソンやパークも出てきました!
大ベテランの二人なら、ノビツキーのオーラにも負けませんぜ!

画像 033

ベンチではモローに何かアドバイスするイバカ。
2Qではモローは走り回ったりスリーを決めたり大活躍してくれました。

画像 055

パークのバスカン、アンドワン。
サンダーファンはパークが活躍するとみんなめちゃめちゃ喜びます!!
他の選手が活躍するより絶対喜んでいる…見た目はこんなに恐いのに、超愛されキャラのパーク。
ずっとサンダーにいてね。(できたらもう少し年俸安くしてね♪←オイ)

画像 078

動きが速すぎてちゃんと観えない4人が目の前に来たので
がんばって撮ってみた…!!

画像 082

…が、やはりフレームからはみ出した。
この人たち撮影するの、無理。

画像 083

サンダーで一番好きなラッセルと、
マブスで一番好きなエリスが
一緒の何ともおいしいシーン。
エリスがバックスから出た時は度肝抜かれましたよ…やばい、マブス、来る、ヤバイ!って。
ケミストリーがどうのこうの言われてたけど、
今じゃすっかりマブスのエースの一人です!

画像 090

ノビのフリースロー。
ノビのフェイダウェイ。(通称?ノビダウェイ)
それを見るために、ここにやってきたと言っても過言ではありません。
写真はありませんが、ばっちりノビダウェイ、目の当たりにしました。感動しました。

画像 096

SASのティムダンカン、LALのコービーブライアント、そしてこのDALのダークノビツキー。
たったひとつのフランチャイズにNBA人生を捧げ、優勝を勝ち取ってきた現役のレジェンドたち。
見たかった3人目のレジェンド、ノビツキーは本当にかっこよかったです!

画像 117

なぜかパーソンズが背中ばっかり。
ワンオンワンのレジーの真剣な表情があまりにもかっこよく、連写機能でパシャリ!
2Qはラッセルはあまりいいところがありませんでしたが、全員がフリースロー含めてバランスよく得点し
マブスに食らいついています。
何とかこのままもたせて、後半で一気に抜き去りたいものですが
マブスが強すぎる~

OKC58-DAL64にて折り返し。
思ったより離されていないのが何だか不思議だけど、後半に続く。
  1. 2015/01/19(月) 23:41:48|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦ダラス篇④】3日目Dec.28.2014 OKC対DAL全体練習

デジカメの画像データがメモリーの中で何故か日付や時系列に関係なくバラバラになってしまったので、この日の画像データを抽出するだけで疲弊しており、なかなか作業が進みません。
何故そんなことになっちゃったんでしょう、トホホ。

気を取り直して、まずはサンダーの事前練習のようす。
この時出てきている選手たちは、グレーのプラクティスウエアを着ていました。
誰が出てくるかは、だいたいチームによって決まっているようで、
サンダーの場合は昨シーズンはコリソン、セフォローシャあたりが定番、
今季はモロー、ロバーソン、そしてやっぱりコリソンが定番のようです。

画像 009

今季からサンダーに来たモロー。
一昨年は一時期マブスにいた時期もあったはずですが、特に誰かと仲良く挨拶している風ではありませんでした。
とは言っても、マブスもほとんど総とっかえしているんでしたっけ?
一昨年のシーズンにいたのは、ノビツキーと、あとはクラウダー、もしかしたら先日サンズに移籍したブランドンライトあたりもいたかな?とにかくほとんどいないのでは、こんなものなのかもしれません。

画像 015

サンダーに来るなり、試合の大事なシーンでスリーを決めてくれるシューターのモローは、
サンダーファンにも大人気!
ファンサービスもいつもかなり丁寧にやってくれるそうです。が、この日はマブスアリーナの変則的な出入り口になじめず、
気がついたらモローはいなくなっていました。

画像 013

近くて見ると相当のイケメンですよモローは…

画像 004

シアトルスーパーソニックス時代からこのチームとともに悲喜こもごもを乗り越えてきた
ベテランのニックコリソン。サンダーの魂とも言える選手です。
アリーナに入るなり、シュート練習をする選手が多い中、
その場でダッシュの足踏みをして体をほぐしたり、

画像 068

ストレッチをじっくりするなど
十分に基礎練習をしてからようやく
シュート練習をはじめました。

画像 028

KDとラッセルが怪我で欠場中は、時折決めてくれたスリーポイント、
いつもこんな風に練習していたのですね。
準備をおこたらず、求められれば答えられるようにもくもくと鍛錬する姿には
とても心を動かされます。

画像 026

ロバーソン。
リバウンドのスクリーンアウトが上手い、優秀なディフェンダーのロバーソンは
セフォローシャがいなくなったサンダーのディフェンスの一翼を担っています。

画像 005

まだまだこれから成長する2年目。最近はスターターに定着し、
シュートもどんどんうまくなってきていて、ここぞという時に決めてくれる期待の星☆となりつつあります。
笑顔が超かわいい♪


続いてサンダーの公式練習。
おそろいの紺色のウエアに着替えています。

ラスも出てきました!!!初ラッセルです!!!

画像 008

黒いサポーターは取れましたが、また指にテーピングを巻いています。

画像 003

まずは各々がシュート練習。
どんどん打つ選手もいれば、一本一本移動しながら打つ選手もいます。

画像 005

アダムスと何やら笑顔で会話。
ラッセルの笑顔、いきなりいただきました~♪
試合がはじまると顔つきが全然変わるので今のうち今のうち…

画像 044

ラッセルとアダムスが妙に仲良し。
ラッセルがアダムスの頭をコツンとやったところ。

画像 045

数々の大物選手からテクニカルを引き出したり、退場に追いやったアダムスw、まったく動じず。
手前の選手はイッシュスミス。昨シーズン、サンズ戦を観戦したときに見た選手です。
ベンチにいる時も大きな笑顔で応援していて、高感度高し。
小柄で敏捷性が高く、スチールが得意なハッスルプレイヤーで、ダンクもできるらしい。
プレーをするのを見るのははじめてなので楽しみです。私が観る2試合で、ミニッツもらえるかな?

画像 009

KDが欠場中だからかもしれませんが、
いろんな若手の選手と熱心に何かしゃべっています。アドバイスしているのかな。

画像 012

他の選手がシュート練習する中、コリソンはまたもや縄跳びから。

画像 025

コリソンもハンサムガイですね~~~

画像 015

ラム。
最近ラムの出場機会が減っていてちょっと心配。
ウィングスパンが長く、身体能力があるので、すごく期待されているのですが
出来不出来の波が大きく、なかなか定着しません。才能は誰よりもありそうなので、頑張って欲しい。
個人的には強く応援している選手です。

レジーは今季初めから移籍の噂が絶えず、レジーはスターターを求めているのにチームはそれに応えられないので
いずれは移籍やむなしかなと思ってはいます。それが今季中なのか、それとも来オフなのかはわかりませんが。
それでも、力一杯応援します!昨シーズンのPOグリズリーズ戦、レジーのおかげで勝てた試合が終わった時の涙を
今でもずっと覚えています。そして何があってもずっと忘れません。

画像 016

右のランストーマス、この試合の時はまだサンダーにいました。
そしてこの記事を書いている今はもういません。1月に入ってから、フィッシャーがHCを務めるニックスに移籍してしまいました。(しかも10日間契約のはずです。どうなったんでしょうか)
デューク大出身のハートの熱い選手で、出場機会を与えられたチャンスには誰よりもボールに執着心を持って
がんばってくれる選手でした。
これからと期待していただけに、ランスがいなくなったのは相当ショックでした…
この日のマブス戦にも出場の機会があったので、彼のプレーを観ることができたのはラッキーでした。

画像 017

あれ?ラスがいない…と思ったら
早々に個人でのシュート練習を終え、ベンチの一番端の定位置で休憩中でした。
ラスのことですから、もう十分に調整完了しているのでしょう!

画像 040

チーム全体でのシュートアラウンド。
一列にならんでぐるぐるとシュート打ったりリバウンド取ったりを連続で行います。
チームによって個性があるのでず~っと見ていても飽きません。

画像 041

ん?こっちに何かあったのかな?
カメラ目線ではないですが、こちらを見ているラスとレジー。

画像 044

マブスのマスコットの青い馬。
かわいい~~~~
後できいたところによると「チャンプ」という名前だそうです。
今日はサンダージャージを着ているので、絶対に来てくれない。

マブスの選手の練習風景は、ラッセルに夢中でパーソンズのほうのチャンドラーしか撮ってませんでした。
後半がはじまる前の練習ではこちらにマブスの選手が来るはずなので
その時に少しは写真を撮りたいなと思います。
特にノビツキーはちゃんと見ておかないと!

画像 034

チャンドラーパーソンズ、私は好きですよ。
顔とかじゃなくて、青臭くて微妙に失言が多いところとかも。面白いじゃないですか、そういうの、若さゆえですし。
悔しさをモチベーションにして活躍できるのならアリだと思います。
  1. 2015/01/16(金) 15:16:30|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦ダラス篇③】3日目Dec.28.2014 アメリカンエアラインズセンターのようす

アメリカンエアラインズセンター(以下AAC)のようす。
語るより、写真を見ていただいたほうが雰囲気が伝わると思いますので、どんどん行きます!
どうぞ!

のっけから何じゃこりゃ?だと思うのですが
AACのトイレの鏡です。
ある一瞬は普通の鏡なのですが、手を洗うなどして下を向き、
ふと顔をあげると次々とマブスの選手が出てきて喋ります。
画像にはないですが、ノビツキーもあった記憶が!何故撮ってないんだ私。
色々な選手と“MFFL Strong”“Make a chant”のようなメッセージが交互に出てきて、
なかなか元の鏡の機能は戻ってこないという…ハイテクなのかよくわかりませんが、面白い仕掛けですね!
メイク直し等がっつりしたい方はお気をつけください!(笑)

13_20150111161657290.jpg

エリスがしゃべって胸をどん!

14_20150111161659606.jpg

その時は気付かなかったのですが、どう見てもビンスカーター…
ビンスは今季メンフィスグリズリーズに移籍したので本当は変えないといけないんでしょうけど、
差し替えが追い付いていないと思われます。

15_2015011116170082d.jpg

デビンハリスも胸をどん!
見ていただくとわかるように、大変清潔でモダンな素晴らしいお手洗いです。
ちなみに男子トイレも同じ仕様だったとのことですので、男性の皆さんも見ることができますよ!

トイレを出た後は、恒例となりましたアリーナ一周探検に出かけます。
事前練習と全体練習の間に行くのであまり時間がないのがいつも悔しい。
本当は2階や3階(そういうところに選手のフラッグやバナーがあるアリーナが多そうですし)や、いくつかのアリーナに設けられているファンゾーンのようなエリアもがっつり観に行きたいのですが
今のところ時間が足りず、1階部分を大急ぎで一周ぐるりとまわるに留まっています。
もう少し早くゲートオープンして欲し~い~まぁ、全部見たければ何度も来いってことですかね。
ステープルセンターだけは全部で5回(LAL3試合、LAC1試合、LA Kings1試合)、行ったことがあるのですが
それでも全部は回りきれていません!

16_20150111161729ec2.jpg

AACは今まで行ったどこのアリーナより重厚で格調が高い雰囲気を持ったアリーナです。
天井も高く、天井近くにはさまざまなスポンサーゆかりのモチーフが吊り下げられていました。
こちらの天井にはアメリカンエアラインズの機体が。
柱などもクラシックで、スポーツ施設というよりは高級なホテルや銀行と行った雰囲気が魅力的です。

17_201501111617302f1.jpg

会場のあちこちに、飛行機をモチーフにしたディスプレイがあります。
エースプレイヤーたちだけでなく、こんな風にいろんな選手たちのサイン入りジャージの販売アリ!
「これ、さわっていいの??」って恐る恐る見てしまいました。

18_20150111161731387.jpg

スポンサー提供の無料プレゼントゲットです!
マブスのロゴが入ったウレタン製のボトルホルダー。しっかりした作りです。
いくつもらっていい?と訊いたらいくつでもどうぞ!って言われたので、がつっと5、6個束でもらってきました。
私は見かけなかったのですが、別々にまわっていたYOKOさんたちは、
マブスガールのカレンダーのGiveAwayにも遭遇したようで、ひとついただきました。
ショップではちゃんとお金を払って買う品なのでプレゼントしていたというのはすごく不思議なのですが、
どちらも私は要らないので、マブスファンの方に差し上げたいと思います。
(プレゼントのお知らせは、この旅行記の最後の記事にまとめます)

19_20150111161733d18.jpg

The Hanger、アリーナで一番大きいショップ…かと思って入っていったのですが
後でもうひとつ別の大きいショップがあってびっくり。
このショップは子供用のアパレルや生活用品がかなり充実していました。

20_20150111161735182.jpg

ジャージも充実。
青と緑のマブスカラーで彩られています。

24_20150111161809512.jpg

子供用のアパレル。
小さくてかわいい~~~~子供が喜びそうなフラッグやNo.1の大きな指や、キーホルダー、ミニカーなど。

22_20150111161806cab.jpg

これだけ色々な種類があると、マブスの服しか着せないって事になっても何とかなりそうです。
膝にのせられる小さな子供は入場無料らしいですし、物心つく前からアリーナに連れてきてもらって
この空気の中で純正マブスファンに育っていく。うらやましいですねぇ。
うちは父が阪神ファンでしたけど、いつも母に「パパが観たら阪神が負ける」と言われながらテレビ観てましたからねぇ、全然違うわ笑

23_201501111618073e7.jpg

ステッカー、バッジ、ピンバッジ、カップ、サーモマグ、ビアジョッキ、記念の盾みたいなものまで。
他にもガーデニング用品、大きなスコップとかくまでとか、バーベキューセットやクーラーボックスなどキャンプ用品にマブスのロゴが入っているものも見かけました。

25_20150111161810d46.jpg

どんどん歩いてみましょう!

26n.jpg

床屋さんの空気人形のようです。手を振ったらこたえてくれましたよ!オールスターの時などに
各チームのマスコットがこのタイプの人形で出てきて踊るショーが面白くて大好きです。今年もあるかな?
ダラスの床屋さん…富樫選手がいい床屋を探していましたが、見つかったのでしょうか?
日本で修行した韓国の方がやっているお店がありますよ!と紹介されたとか…

27n.jpg

家具屋がスポンサーのエリアですね。
こういう装飾ははじめてです。土着のお店なのですかね?いいですね!
日本でもこういう風にファン×スポンサー×チームの関係がWin-Winになる日が来るといいのだけど。

28n.jpg

オークションかと思いきや、選手のサイン入りグッズの販売もありました。
何とラッセルやKDのサイン入りジャージもあり!
いくらかしら…?と一瞬心がそちらにぐらっと傾きました。

29n.jpg

AACに入ってきたお店(試合開始2時間前にドアが開くお店)ではノビツキーのジャージのディスプレイ中!
ディスプレイが終わるのを携帯を構えて待っていたところ、
「サンダーファンなのにわざわざ待って撮るの?」と笑顔で訊かれました。
「うん、だってこのディスプレイ、クールだから!」と言うと「どうぞw」と言われたので遠慮なく。

30n.jpg

キャップはちょっと欲しかったですね~
でもエリスのプラクティスTシャツを買ってしまってので我慢しよう。

32_20150111161922162.jpg

そのお店は女性用アパレルがかな~り充実していまして、変り種ではこんなウエスタンブーツまで。
さすがテキサス。

31n.jpg

どのチームでもまだまだクリスマスの名残がありました。ダラスはクリスマスゲームはなかったから、クリスマスジャージはないんだなとはじめて気づきました。
シカゴとオクラホマはあって、ダラスとメンフィスにはなかった。
ゲームがあるチームのしか作られないんですね。
ところで1年くらい前に選手のニックネーム版のジャージがありましたけど、あれって販売があったのでしょうか?ちょっと欲しかったんですけど。

35_2015011116192789c.jpg

アリーナの天井には、ダラスマーベリックスの永久欠番、15番ブラッド・デイヴィス (Brad Davis)、 22番ローランド・ブラックマン (Rolando Blackman)のバナー、カンファレンス優勝のバナー等、そして栄えある2010-11シーズンのファイナル制覇のバナーが飾ってありました。
そういえば全然興味なかったけど、はじめてレイカーズの試合を観たとき、
永久欠番のセレモニーがあったんですよね。ジャマールウィルクスという選手の。うちの家族、全員知らなかったし、今も知らないんですけど、有名な選手なんだろうな。知らないってことは勿体ないことですね。

34_20150111161925697.jpg

アリーナの天井にあるビジョンは画面がかなり大きいサイズ!
3階席でもかなり試合のようすが観やすいのではないでしょうか。
ほんとうにひとつひとつのアリーナにはその土地の個性があって、どこのアリーナも素晴らしいです。

次は事前練習を観に行きます!
  1. 2015/01/16(金) 12:20:07|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

adelinX

Author:adelinX
NBA観戦歴4年目のひよこNBAファンaderinです。
NBA現地観戦記録を記していきますので不定期更新。
全30チームのアリーナを制覇するのが夢、現在8アリーナ16チーム16試合観戦済!
#MambaDay にコービー現役最終戦を観戦しました。
ブログタイトルはRoad To NBAの略です。

※写真はすべて管理人aderinがコンデジや携帯で撮影した画像となっております。著作権は放棄しておりませんので、二次使用はお控ください。
管理人が撮影したものでないものなどは脚注などで補足するようにします。

最新記事

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

NBA2012-2013 (6)
現地観戦準備2013-2014 (17)
NBA2013-2014 (20)
現地観戦準備2014-2015 (6)
NBA2014-2015 (29)
試合以外 (10)
NHL (3)
未分類 (0)
NBA2015-2016 (13)
Mamba Day (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。