RTNBA

aderin一家の暴走NBA現地観戦記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【2015-2014現地観戦・後日談】おみやげのこと

応募受付、〆切りました。
ありがとうございました!


今回は現地でもらってきたお土産をGive Awayいたします。
応募方法は

・ご希望のプレゼント番号1~5までの数字を明記
・各数字に対応するクイズの解答(a~c)を明記
・メールアドレス、またはツイッターアカウント等を明記(住所、本名等は必要ありません。当選した方のみお伺いします)
・コメント欄の一番下の「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れる

です!
各チーム1名様、合計5名様が当選となります。

1.ダラスマーベリックスのおみやげ

1_20150222133639ce0.jpg

マブスガールのカレンダー
アリーナでもらえる冊子『TIP OFF』
マブスが勝ったらもらえるタコス券2枚
マブスのロゴが入ったボトルホルダー3つ

<クイズ>
ブログ主aderinが、アメリカンエアラインズセンターの座席に置いてあるロンドのボードにサインをもらった人は誰でしょう?
a.チャンドラーパーソンズ
b.ケビンデュラント
c.マブスガール

2.メンフィスグリズリーズのおみやげ

3_20150222133641a8b.jpg
2_201502221336417d6.jpg

フリースローを邪魔するスティック2セット(2本セットストローつき×2組)
アリーナでもらえる冊子『GRIZZTIME』
グリズリーズの年間スケジュールミニサイズ2種類(トニーアレン表紙、ザックランドルフ表紙)
グリズリーズのステッカー
アリーナでしか買えないスーベニールカップ(マークガソル柄)

<クイズ>
ブログ主aderinが、アリーナのショップでカスタムジャージを買った選手は誰でしょう?
a.テイショーンプリンス
b.ベノウドリー
c.コートニーリー

3.オクラホマシティサンダーのおみやげ

5_20150222133644a0e.jpg

サンダーのでっかいステッカー
サンダーマスコットのランブルくんのステッカー
サンダーマスコットのランブルくんのタトゥシール
開封済みのHOOPSカード(サンダーの選手のみ)←面白いので買ってみたけど、興味がありませんでした。
サンダーの年間スケジュールミニサイズ

<クイズ>
aderinがサンダーのホーム、チェサピークエナジーアリーナで観た試合で
退場処分になったのは誰でしょう。
a.ラッセルウエストブルック
b.マキーフモリス
c.アレックスレン

4.ロサンゼルスレイカーズのおみやげ

4_20150222133643c00.jpg

アリーナで全員プレゼントされたレイカーズカラーのハンドタオル
レイカーズTシャツ(たぶんMサイズ)

<クイズ>
レイカーズホーム戦でレイカーズが勝ち、しかも失点を100点以下におさえた時もらえるものは何でしょう?
a.ハンバーガー
b.ピザ
c.タコス

5.ゴールデンステートウォリアーズのおみやげ

6_20150222133657a74.jpg

サンフランシスコの街の怪しい店で買ったキャップ
SNSにチェックインするともらえたタオル(結構大きい)
ショップで買ったけどよく考えたらダブスファンじゃないので要らなかったリストバンド

<クイズ>
aderinがダブスの中で一番好きで、ショップでもジャージを探したけどなくて悔しい思いをした選手は誰でしょう。
a.ドレイモンドグリーン
b.マリーススペイツ
c.リアンドロバルボッサ

※答えは該当記事を読めば必ず書いてあります。

再度、書きます!
応募方法は

・ご希望のプレゼント番号1~5までの数字を明記
・各数字に対応するクイズの解答(a~c)を明記
・メールアドレス、またはツイッターアカウント等を明記(住所、本名等は必要ありません。当選した方のみお伺いします)
・コメント欄の一番下の「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れる

です!

そんなに読んでる人いないと思うので、応募期間は1週間程度としておきます。
応募お待ちしてま~す。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/22(日) 14:03:31|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

【2014-15現地観戦・帰国】7日目Jan.1.2015 旅の終わり

試合が終わった後、アリーナのまわりでニューイヤーを祝う花火とカウントダウンがあるということだったのですが
規模的にはたいしたことないらしいのでYOKOさん宅に帰宅…する前にぐるっとドライブして色々なところを見せてくださいました。

1_20150215105842ca6.jpg

サンダーホームアリーナの命名権を持つスポンサー、チェサピークエナジー社のイルミネーション。
近年はブルーのLEDが主流となりつつある日本の単色イルミネーションとは違い、
このカラフルさ!

2_20150215105844e78.jpg

OKCは何でも石油が出るお土地柄のようで、
街のあちこちで掘削機が稼動しているところを見かけました。
サンダーのスポンサーにもなってくれているわけですから、石油様様ですね!(笑)

22_2015020520563343b.jpg

フリーウェイの看板を撮りに来たんだけど、画像が荒いわ~~~
数年前はセフォローシャとKDだった記憶があるのですが、アダムスとKDに。

1時間ほどドライブをした後、YOKOさん宅に戻り、荷物の整理などをしているうちに
先ほど観たばかりのサンズ戦のテレビ放映が始まる時間になりました。
23時過ぎくらいだったでしょうか。
YOKOさん宅の超絶居心地のいいリビングで、新品の炊飯器で炊いてくださったふりかけご飯(日本人の我々には
何よりのご馳走です!)を食べながら
勝ち試合の観戦!おかわりもちゃっかりいただく私たち。(笑)←だって白いご飯ですよ、銀シャリですよ!
結局そのまま、アメリカ時間での新年を迎え、挨拶を交わし、
最後までフル試合を観戦終了~~~~どれだけ好きやねん…
そうこうしているうちにMr.Zがお仕事から帰宅され、かなりのお疲れなのに
興奮冷めやらぬ私たちの相手をしばらくしてくださった後、ひとときの就寝となりました。
朝は4時半出発。
全員ほとんど寝ていない中、お仕事でお疲れのMr.Zの運転でウィルロジャーズ空港まで送ってくださったのです。
(私がタクシーを手配しそこなったので…本当にスミマセン!)
夜間の冷え込みでフリーウェイが凍結しており、道中の道路脇に何台かクラッシュした車が…!!!
まだ夜明け前なので道は真っ暗で、気温はもちろん零下で、睡眠時間もほとんどとっておらず、お仕事でお疲れな上に道路凍結!
本当に申し訳なくて、そしてありがたい気持ちでいっぱいになりました。
Mr.Zは超安全運転で空港に到着、チェックインの時間まであまり時間もなかったため、
車寄せでお別れ。
本当にありがとう、ありがとうございます。
Mr.Z、そしてYOKOさん!!!

気をつけてご帰宅ください…!!

チェックインはあっという間に終わり、いつものようにまっすぐ搭乗ゲートへ。
搭乗時間を待っていたのですが…またもや不穏な空気が漂い出す。

そう、オクラホマシティ発シカゴ行きの飛行機が遅延していたのです。

7_20150215105934c8f.jpg

遅延などの際、携帯に1時間前に来るお知らせメール。
当初は40分遅延の7時半発、オヘアに9時半着。機材トラブルらしい。
オヘアの天候不良でも(雪で飛べない、というのを一番心配していました)、機材繰りでもなく、機材トラブル…朝一の便なのに…前の晩に機材整備くらいしとけやゴルァ!!
成田行きのANA便は10時40分発。
もともとオヘア空港でのトランジットが1時間40分しかなく、その間で荷物を受け取ってまた預けてチェックインして入国審査をしてという行程を踏まなくてはならないので、そもそもちょっと不安を感じていたのに、この事態。
間に合うのだろうか、とユナイテッド航空の係員にその旨を相談すると
オヘア空港で出し入れしなくてはならないはずの預け入れ荷物を
何と伊丹空港行きにしてくれた。
チェックインや出国手続き等も必要ないように手配したので、直接搭乗ゲートに行くようにと言われた。
念のためANAにも電話を入れたが、何と24時間対応のグローバルアシスタントサービスが2014年3月で終了(経費節減かな…)しており、普通窓口はまだ営業時間前だったため不通。

6_201502151059326ec.jpg

その後、さらなる遅延。
OKC出発8時15分。約1時間半遅延ですね。オヘア到着10時21分。
この「到着時間」って、飛行機がタッチダウンする時間だってこと、ご存知でした?
つまりゲートに到着はその5分後ないしは滑走路の混み具合などによっては10分後になっちゃうんですよね。
それって…もう間に合わないってことじゃない?

最後の最後に、帰国便に間に合わないかもという恐怖は相当なものでした。
再度ユナイテッド航空の係員に相談。
意外にも(失礼だろうか)テキパキと対応してくれて、
「心配ないです、もしANA便に乗り遅れても、成田行きのユナイテッド航空の次便を手配しました。その便に間に合えば
伊丹行きの日本での国内便への乗り継ぎも時間的には間に合います。オヘア空港の係員にもその旨伝えずみですのでご安心ください」と力強い返答。
ええ!!??
次便!!??しかもANA便ではなくてUA便の!??
そんなことまでしてくれるとは…
前の旅の空港での対応が悪くて、今回もロストバッゲージがあったりしたのですっかりUA不信になっていたけど
この対応のよさは悪い印象撤回!!
ANAオペレーションセンターも営業開始時間になったので念のため電話を入れたら
「UA便はおさえてあるようですので、念のためUA便の次便のANA便も手配しておきます。ただ、そのANA便だと成田到着が日本時間の21時になってしまうので伊丹への乗り継ぎはできません。オヘア空港のほうには我々からも申し伝えしておきますので、直接搭乗ゲートへお越し下さい」と言われました。
1時間ほど前までは、もう本当に途方に暮れていたのですが、UAとANAの連携で、その後の代替便を2便も手配してくれた。
これで何とか帰国はできそうだ…とようやく胸をなでおろしたのでした。
泣きついたりクレームを入れることの大切さを、改めてこの旅で学びました。そもそもトランジットが2時間以下っていう強行スケジュールを立てた私にも非があるわけですけど、
航空会社も慣れたもので、テキパキと対応してくださってありがたかったです。

5_201502151058475e0.jpg

ほどなくしてUA便の確認メールも携帯に届きました。

とは言え、当初搭乗予定だったANA便に乗れるに越したことはありません。
不安にかられてツイッターで状況をツイートしまくっていたところ、我々のひと月ほど前に怒涛のNBA観戦の旅を経験された
しげちさんが、ミネソタからシカゴの乗り継ぎ便で同じような経験をしたとのことで、
オヘア空港内部のマップをツイッターにあげてくださいました。

「余裕ですよ、オヘア空港のANAの出発ゲートはC10、ユナイテッドの国内線と同じターミナルにあるので、通常15分くらいでたどり着けます。」
「オクラホマ発3382便に搭乗予定ですよね?これはシカゴのオヘア空港のB18ゲートに到着予定です。b18からc10は地下道(カラフルなトンネル通ればすぐ着きます。マップ添付しておきますね!」

4_20150215105846cd0.jpg
これほど具体的な、これほど心強い助言があったでしょうか。
涙が出るほどありがたかったです。しげちさん、その節は本当にありがとうございました!

ようやく機材の交換が終わり(結局交換したようです)機内に乗り込みました。
年末に予約した時に「トランジットの時間が短いので前部座席で」とお願いしておいてよかった…
ところが乗り込んでからも、機体や翼の除雪作業でまた20分ほどを要し、結局1時間40分ほどの遅れで
オクラホマを出発したのでした。
1時間40分遅れたら間に合わないじゃん。上空で急いでくれんのかしら…
と、そんな感じでようやくウィルロジャーズワールド空港を出発!

3_20150215105845241.jpg

ありがとう、オクラホマシティ!ありがとう、Mr.Z&YOKO!
ありがとう、サンダー!
I WILL COME BACK SOON!!!


昨夜はほとんど寝てないため、心配をよそに機内では爆睡。
できる対応はすべてやっていただいたので、もうこれ以上できることもない。
遅れたら遅れた時だとようやく腹をくくれた。
起きたらもうシカゴ上空、到着間際だった。慌てて携帯の時計を見る。(機内モードでね)
10時23分、シカゴオヘア空港にタッチダウン!
ゲートに着き、シートベルト着用サインが消え、大急ぎで飛行機からダッシュで駆け降りた時間は
10時31分。
出発まであと9分!!!

しげちさんから送ってもらったオヘア空港見取り図を頼りに、「こっちだ!」と走り出した私たちの後方から
名前を呼ばれた。
振り返るとANAの地上係員の方がハンディカムを手に待機してくれていて、
すぐにトランシーバーで、
「今すぐにそちらに向かいます」と出発便の係員に伝えているところだった。

これは間に合う!?間に合うのか!?

伝えてくれたということは、おそらく待ってくれるということだろう。
その係員の方は途中までなぜか早足で歩いていたのだが
「あの、走っても大丈夫です」と伝えて3人で走った。
ほどなくして出発のC10のゲートに到着。
走っている途中で見かけた、実物大首長竜の化石のオブジェやカラフルな地下道は、
別の機会さえあればもっとゆっくり見たいなと思うほど魅力的だった。
シカゴのDUTY FREEで可能なら買い物なども楽しみたかったが、
オヘア空港の滞在時間、わずか10分弱で、私たちは、再び空の人となったのであった。

走りながら搭乗券を手渡されたのだが、搭乗ゲートでまた違う搭乗券を手渡され戸惑っていると
なんと帰国便もビジネスクラスにアップグレードしてくれていた。
何だか本当に、いろいろありがとうございます。

8_20150215105935636.jpg

帰国便では映画を1本だけ(日本では2月公開予定のミュータントタートルズ!)観て、
ビジネスクラスの食事を少しとお酒を少し引っ掛けて、すぐさま深い深い夢の中へ。
起きたらもう日本の上空だった。

10_201502151059385bc.jpg

CAの方に尋ねると北海道の上空だそうだ。日本では年末から元旦にかけて全国でかなりの大雪が降ったそう。

11_20150215110005536.jpg

雪?とその情報に少し怯えたものの、到着した成田はご覧の通りの快晴。
天候には本当に恵まれた旅だった。

13_201502151100067c3.jpg

元旦を飛び越え、1/2の夕方に無事、日本到着。
最後の最後まで小さなトラブルの絶えない旅だったが無事、帰国できた。
オクラホマの空港でもオヘア空港でも、
おそらく荷物の載せ替えは間に合わないと思うと言われていたのだが、
念のためBaggage Claimのベルトコンベアの脇で待っていたところ

14_20150215110008e4b.jpg

荷物も同じ便で、無事到着。
UAとANAの連携のすごさを目の当たりにしたのだった。

15_201502151100098d6.jpg

国内線へのチェックインを済ませ、成田空港のANAアライバルラウンジでおにぎりを食べ、伊丹行きの便に乗り込んだところ、またもや機材トラブル発生。
一眠りしてそろそろ大阪かな?と起きたのにまだ成田の滑走路に停まっていたのにはびっくりするやら呆れるやら。
最後の最後まで本当にいろいろあった旅となりました。こりゃあ家に帰るまでは安心できないぞ…
在来線が雪の影響で止まってるとかさ…いや、やめとこう…現実になったら困るし…

16_20150215110010d69.jpg

結局1時間半の遅延で成田空港を出発。
自宅にたどり着いたのは23時くらいだったでしょうか。
1週間ぶりに我が家に戻ってきました。

今回の旅で、今まで経験したことのないことをたくさん経験しました。
たくさんの初めての場所に行き、たくさんの人と出会い、たくさんの事件に遭遇しました。
とりわけ今回の旅をスペシャルにしたのは、ツイッターなどで私が何かつぶやくたびに、
日本にいるみなさんや、同時期に同じように現地観戦に行かれていたみなさんと距離や時間を越えて交流できたことです。
サインをもらった!とつぶやけば、よかったね!とかすごい!とコメントくれたり、お気に入りに入れてくれたり、リツイートしてくださった皆様、
困った時に愚痴をきいてくれたり、励ましてくれたり、自分の体験を話してくださったり、的確な助言をくださった皆様、
この旅に関わってくださった全てのかたがたのおかげで
いつもの2倍も3倍も楽しい旅になりました。

そして聖地オクラホマで、私たちを二度も暖かく迎えて、もてなしてくださったMr.ZとYOKOさんには
もう何度お礼を言っても足りないくらい、お世話になりました。

そのすべての方々に、いま一度の感謝の気持ちを込めてこの観戦記の最後の言葉とします。

ほんとうに、ありがとうございました。

17_2015021511002574d_20150218213037376.jpg
※YOKOさん撮影のインスタントフォト
  1. 2015/02/15(日) 11:03:09|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦オクラホマ篇⑦】6日目Dec.31.2014 PHO対OKC後半

セカンドハーフスタート。

画像 008

気合を入れ直しての後半戦。
何だかまだまだ荒れそうな、ぴりぴりした雰囲気がコートにはびこっています。

画像 012

画像とは全然関係ないことをひとつ。
いつも後半の敵のフリースローで派手なブーイングをかましている
サンダーファン名物、上半身裸のお兄さん、今日はいないのかなぁと思ったら
後半に遅れて会場にやってきました。
仕事で遅くなったっぽい…
さぁ、ブーイング、と思ったら、普段とは違い、こちらがサンダーのバスケット。
「あれ?」みたいな顔をして、普通に応援してましたとさ(笑)。
試合後半は近かろうが、遠かろうが関係なく
ブーブーわーわーいつもどおりやってましたけどね!

画像 033

タッカーまでテクニカル。
前半のこともあってか、笛が全体的に厳し目です。特にサンズに対してやや厳しい気がする。

画像 037

双方スピードの速い展開で
どんどん点が入り、隣で息子が
「これやばい、めちゃめちゃハイスコアゲームや!」と興奮を隠せない。

画像 059

あ、そうそう、息子ですが、今日は予定どおり、KDのサードジャージを着て参戦です。
そう!!
今日のサンダーのメンバーと同じサードジャージ。私がラッセルのアウェイ、YOKOさんがKDのホーム、みんなバラバラでしたが息子が正解!でした。
基本的に息子は、サンアントニオで現地観戦した時以外は
「おお~~~」とか拍手とかは要所要所ではするものの
基本大きな声を出して応援などはしないタイプだったのですが
このラウドシティでは、私に気を遣ったのか、会場の歓声につられたのかはわかりませんが
試合の最初からサンダーを大声で応援してくれて
生粋のサンダーファンのようでしたよ!

画像 002

サンダーのオフェンスがこんなに間近で見られるなんて。
ラッセルさえいればなぁとは思いますが
ラッセルのオフェンスを間近で観るのは次回の楽しみにするとしますか…
少し心残りがあったほうが、次へのモチベーションになりますし(そればっかり言ってるような)。

画像 011

一部のサンダーファンがやたらと気にされている
KDの後頭部も一応おさえてきました。
別にそんなにひどくなくない?

画像 013

ラッセルがいないことで、他の選手のプレーもゆっくり観られたし
それはそれでいいとも言える…
レジーはサンダーの、頼りになる弟分。いつも一生懸命で、真面目。
笑顔も泣き顔も最高にかわいい。

画像 015

サンズに知らない選手が一人いる。
一番左の選手、誰だろう。(後で調べよう)

画像 023

ロバーソン。

画像 024

イバカ。スポットアップより個人的にはインサイドで体張って欲しい。
アダムスとパークももちろん頼りになるけど、イバカがインサイドにいるだけで相手チームは嫌だと思うんですよね。
それで、たまーに3Pも打ってくれると助かるんだけど…ムシがいいのだろうか。

画像 030

期せずしてKDの写真が多いのは、やはりラスがいないせいに違いない…
普段、リーパスでサンダーの試合を観ていると
ラスばかり見ているせいか、私はよくKDを見失うんですけど(笑)
間近で見るとやはりエース、やはりものすごい存在感です。

画像 031

画像 035

ラスが退場になってことによって、イッシュの出場時間が増えました。
イッシュは小柄な選手ですが、
スピードはNBA随一、走って跳んで切り込んで戦況をかきまわす、元気のいい選手。

画像 037

前半のペリジョンのダンク、かっこよかったぁ~
今日は選手一人一人にハイライトがある。

画像 040

ジェラルドグリーンもやはり華のある選手で、ついつい目が行ってしまう。

画像 047

KDとサンズのHCジェフホーナセック。
現役時代もサンズに在籍経験あり、古巣に戻ってHCをやり、昨年のサンズの大躍進に貢献しました。
ジャズの永久欠番を保有している名選手だったそうです。

画像 050

KDとスコットブルックス。スコッティの愛称でサンダーファンには親しまれています。
サンダーの2大エース、KDとラッセルから絶大な信頼を寄せられているHCですが
これだけのタレントを擁しながらなかなかファイナルにたどり着けないことを批判する声もちらほら聞かれます。
負けたらHCのせい、勝ったら選手のおかげってよく言うけど、サンダーに限らずNBAはその風潮が少なからず散見されますね。
私個人はできることならこのメンバーのままファイナルを狙って欲しい、と願っているのですが。
今季はまずPO進出確定が目下の目標ですね。

画像 056

画像 058

サンダーで私がラッセルの次に好きな選手がケンドリックパーキンス。
ラスからのパスが取れなくてもたもたしたり、あんまり入らない位置からのミドルを頑張って打って外したり、時々ポカもやるけれど、ディフェンス面での体を張った貢献度はピカ一!
ゴール下でゴリゴリやってくれるプレーは、ビッグマンの鑑!
ブロックのセンスという点ではイバカの右に出る選手はなかなかいないとは思うものの、
ビッグマンの真髄であるゴリゴリプレーはやっぱりパーク!
アダムスには二人のいい部分を両方兼ね備えた選手になってほしいものです。
いや、もうすでになりつつあるとも言えるが…

画像 060

ランストーマスは今日はチェックのジャケットを着てベンチにいます。
彼のプレー、とても好きなのに残念。この間のマブス戦が見納めになってしまいました。
トレード後、ニックスで2度の10日間契約の後、シーズン終了までの契約を勝ち取りました。

画像 061

イバカとパーク、近い近い。
生声が聞こえるよ~~~

画像 064

イッシュは4Qは大車輪の大活躍!
切り込んで点は入れるは、難しいフローターは決めるわ、こんなに小柄なのにものすごい距離を跳んでリバウンドを奪うわ。
目の前で繰り広げられるイッシュのハッスルプレーに、いっぺんに大好きな選手になりました。

画像 066

ところでイッシュはKDが大好きです。

画像 068

タイムアウトのたびに、何かことあるごとに、すぐにKDのところに行って何やら
声をかけてもらっています。
KDもまんざらでもないんでしょう、すごくよくイッシュに話しかけていました。

画像 070

モローのことを全然書いても撮ってもいませんでしたが、モローには本当に感謝の気持ちしかわかない。
どんなにチームの状態が悪い時でも
コンスタントに安定したショットで、何度チームを救ってくれたことか。
オフ中にかなり色々なチームから引き合いがあったときいていますが、サンダーに来てくれて、選んでくれてありがとうって
シュートを入れてくれるたびに思っちゃいます。
しかもこのイケメン度の高さね…

画像 022

アダムスは昨シーズン、パークが怪我で欠場中に表舞台に立ち、見る見るうちに頭角を現した選手。
サンダーのドラフトピック手腕の優秀さをまたもや世間は痛感したことでしょう。
ゴール下でのタフなフィジカルコンタクトにも顔色ひとつ変えず、
数々の選手を血祭り(退場送り)に(笑)。
まだ2年目ですが頼りになること半端ないっス!!

画像 005

ジャレット、ミッチ、そしてラム、頑張れよ~~~

1_2015020520553861c.jpg

このあたりから試合が白熱し、カメラをしまって応援に集中!
声を張り上げ、全身で応援しました。
選手と、会場と、一体になるこの感じ。これこそが現地観戦の醍醐味と言うべき体験です。
チェサピークがひとつになります。
「O!K!C!」
「O!K!C!」
いつも画面の向こうに観ていた風景の中に自分がいます。
試合はなんとなんと、
オーバータイムに突入!!!
現地観戦初のOT体験となりました!

OTも心臓バクバク、もうダメだと思う瞬間が何度もありました。
それでも会場全体がサンダーを応援している。このエネルギーが選手に確実に届いているという実感があります。
一時はサンズに逆転を許しますがサンダーも負けじと逆転。
一進一退のプレーの連続に会場大興奮。
最後の最後のリードのシーンに、サンダー側にかなり危ういギリギリのファウルっぽいプレーもありましたが笛鳴らず(ラッキー…と言っていいのか、さっきも書いたけど笛はちょっとサンダー寄りでした)(息子が横で「今のは完全にファウルやろ」と言ってました…)

もう喉がつぶれてもいい!!!
サンダーに勝利を!!!
頼む!!!


4_20150205205540aff.jpg

試合終了!!!
THUNDER WIN!!!!


13_20150205205603a75.jpg

勝ちました…

9_201502052056063aa.jpg

やりました…

11_201502052056077a1.jpg

天井からキラキラ光るオレンジとブルーの紙ふぶきが落ちてきました。

12_2015020520560959d.jpg

勝った…
試合終了後、YOKOさんの席(YOKOさんは我々のちょうど向かいのサンズゴール裏で応援していた)で合流する約束をしていたので、席の中を小走りで横移動。
場所的には選手以外のスタッフの出入り口がある場所になります。
到着するとYOKOさんはまだおらず(あれ?)、コート上で写真を撮ってもらっている人がいたので
そこに並んでコートの端っこで息子と写真を撮ってもらっていたらYOKOさんがいらっしゃいました。
と、そこに、私が「ツーショット撮りたい」と目標にしていたランブル登場!

17_20150205205632179.jpg

「ランブル~~~!!!」と呼んだらこっちに来て、
何と一緒に写真を撮ってくれたんです!!すごくない?すごくない?
ランブルとツーショットですよ!?
ランブルとツーショット!!!
ランブルが出てきた目的はもちろん私などではなく、コート中央で待っていた子供たちだったようで
私とYOKOさんがかわるがわる写真を撮ってもらうと
ひゅん!!っと疾風のようにいなくなり、コート中央に去っていきました。
私たちが完全にインターセプトしていたんですね、ゴメンランブル…でもありがとう!

そうそう、ちょうどそこにはKDのママもいて、
びっくりして「あ!KDママ!」って言うとKDママと目が合いました。(きゃあ!)
YOKOさんがKDママに「ハッピーニューイヤー!」と声をかけると、KDママが微笑んで返事。
KDママは…毛皮のコートを身に纏い…ゴージャスでした。
いやぁ~まさかKDママまで見られるとは…

25_20150205205648006.jpg

名残を惜しみ惜しみ、チェサピークの外に出ると
目の前の高層ビルに「HAPPY NEW YEAR」のネオンサインが流れていました。

そんな風に、2014-2015の現地観戦は幕を閉じたのでした。
  1. 2015/02/14(土) 17:26:48|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦オクラホマ篇⑥】6日目Dec.31.2014 PHO対OKCハーフタイム

ハーフタイムは呆然自失としており、記憶にあまりありません。

気づいたらサンダーの選手たちが目の前のゴールに向かって、
練習をはじめていました。

画像 003

予定どおり、こっちに向かってシュートを放つ選手たち。
ここにラッセルがいないのが本当に残念。
もしもラッセルがいれば、KDや最近お気に入り?のアダムスと冗談を飛ばし、笑顔を交わすこともあったでしょう。
1on1なんかしたりしてふざけたりしたこともあったでしょう。
でも彼は今、ひとり(じゃないだろうけど。誰かがそばにいてメンタルケアしてたりしてるのでしょうが)で
ロッカールームにいて、みんなの帰りを待っています。
サンダーが勝利を持って帰ってくるのを待っています。
たぶん、イラついてるでしょう。文句垂れてるでしょう。
私だって、悔しいですもん。
実際に何が起こったのか、よくわからなかったし、もしかしたらラッセル自身もわかってないのではないでしょうか。

負けられない、と思いました。
絶対に勝って、ロッカールームのラスに勝利を持って帰ってもらおうと。
声援がロッカールームのラスまで届くように、力の限り、声を出して応援をがんばろうと思いました。

画像 027

KDはもくもくとシュート練習を続けています。

画像 004

画像 031

すでに先ほど起こったことについては、ハーフタイム中にチームで話し合い、
みんな気持ちに区切りをつけているでしょうが、
ハーフタイム中によく見られるようなリラックスした雰囲気は
この時のサンダーには見受けられませんでした。

画像 043

ラムが出場するところも見たいです。私は結構ラムが好きなんです。
メンタル弱くて自撮りばかりしてるナルシスト(最近減ったらしいですが)で
身体能力はものすごく高いのにいつも期待に今ひとつ応えてくれないラムが、
試合に出て思いっきり活躍するのが見たいんですよね。
ガベージタイムじゃなく、ギリギリの試合で、ここ一番の1本を決めるところが見たい。
そういうチャンスを与えてあげてほしいと思うんです。チャンスがなければ、生かすこともできない。
ベンチを温めているだけのラムを見ているのが最近ちょっと辛くなってきました。

画像 047

画像 052

コリソンはもう12年もサンダーにいて、
本当にいろんなことを乗り越えてきたのだろうな。一緒に戦ったメンバーが全員いなくなって、
ドラフトでとった若い選手がエースになって代替わりしても
ずっとその時との時求められている自分の仕事をやってきたコリソン、ほんとうにかっこいいです。

画像 056

レジーも自分のやるべきことをきっちりこなす選手です。
今年はシーズン始めからずっとトレードの噂が絶えず、心穏やかでない日もあったでしょう。
それでもいつもと変わらぬ顔でコートに立ち続けるレジー。
KDやラッセルがいない時、レジーの存在がどれだけサンダーにとって大きかったことか。
スターターになりたいという夢をかなえてあげられないサンダーから、来年はいよいよいなくなってしまうかもしれない。
オールスター明けのトレードデッドラインでいなくなってしまうかもしれない。
できることならずっとKDやラッセル、イバカたちとサンダーを引っ張っていって欲しい。
でもいつも思うのは、ありがとうレジー、いつも支えてくれてありがとう。

パークもありがとう。
ロバーソンもアダムスもぺリジョンもありがとう。
モローもイッシュもありがとう。
それからまだ今季はあまり試合に出てない、ジャレットやミッチも、
みんなサンダーに来てくれて、いてくれてありがとう。

ラッセルが退場してしまって、空けてしまった穴をみんなの力で、思いで埋めて欲しい。
いや、埋めよう。

さあ、いよいよ後半戦。

絶対に、勝つ!!!!!!
  1. 2015/02/12(木) 20:06:04|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦オクラホマ篇⑤】6日目Dec.31.2014 PHO対OKC前半

ダラス戦ではまだKDはベンチでみんなのプレーを見守っていましたが、
大晦日のこの試合、我らがKDがゲームに戻ってきました!
ラッセルとKD、サンダーの2枚看板が完全に揃った試合を、
チェサピークエナジーアリーナで観ることができる!!
めちゃめちゃ幸せです!!

画像 051

試合はいいテンポで、しょっぱなからハイスピードな展開。
攻撃する時は、サンダーの選手の背中や尻しか見えませんが、
後半はサンダーがこちらに向かって走ってきます!楽しみ楽しみ!

画像 024

画像 005

KDは復帰戦ですが、足の状態も特に無理をしているようでもなく
いいシュートタッチで点を重ねます。
KDアシストからのダンクなども出て、会場はティップオフからず~~~っと歓声マックス!
喉が持つかしら。

画像 007

画像 015

画像 022

画像 028

サンズ側はジェラルドグリーンと、

画像 029

どっちかのモリス、15番なのでマーカスのほうですね、が調子よくてぽんぽんと点を重ねます。
ハイペースな展開で観ているほうはすごく忙しい!楽しい!最高!

画像 032

パーク、イバカ、ペリジョン、モロー、レジー、アダムス、
みんなそれぞれいいプレーをしてました。
試合の内容は正直あんまり覚えてないんです…
ゴール裏だとやはり俯瞰視できないもんですねぇ。
サンアントニオの時やメンフィスの時は2階席からの観戦だったので、試合全体はやはり観やすかったかも。
でもこのゴール裏の臨場感、一体感、たまりません!私はやっぱりゴール裏が一番好き!
ベンチ裏は…買えん!

画像 018

試合はリーグパスやハイライトで観ていただくとして、
aderinが適当にプレーの合間合間に撮った画像でもゴラン、じゃなくてご覧ください。
スピードが速すぎてプレー中は撮れませんでした。

画像 038

画像 044

画像 051

画像 053

画像 003

画像 012

画像 022

画像 016

画像 020

2Q残りわずか20数秒で、事件は起こりました。
サンダー側ゴール下のリバウンド争いでアレックスレンとラッセルが
ボールの奪い合いになり、
どちらも譲らなかった結果、大男のレンがラッセルをボールごと振り回し、なぎ倒すという事態に。
ラッセルが思わずレンにつかみかかろうとしたので、両チームのメンバーが
怒涛のように止めようとしているのか加勢しているのかよくわからないような状態でもみくちゃになりました。
レジーがラッセルをおさえつけて、みんなから引き離していたのをよく覚えています。
審判、何故もっと早くジャンプボールのコールしないんだよ…

画像 055

リプレイセンターによるリプレイでの確認が行われます。
レンのフレグラントだとは思うのですが、ラッセルも自らつかみかかっているのでテクニカルの可能性があります。

画像 041

心配そうに見守るサンダーのメンバーと、ファンたち。
ロバーソンがタオルをくわえているのが何とも愛らしいくて、成り行きが気になりながらもパチリ。

予想どおりレンにフレグラント1が、ラッセルにテクニカルが課せられました。
ぜったいに怪我だけはしないで欲しい…目の前で誰かに怪我をされたらもう立ち直れません…

画像 025

レンのフレグラント1のコールにサンズのメンバーはこの表情。

画像 033

グリーンがレンに懸命に声をかけていました。
気にすんな!大丈夫だ!って言っていたのだと思います。
いいやつです。

画像 027

ブレッドソーがテクニカルぶんの1本、ラッセルが2本のフリースローを各々きっちり決め、
試合が再開したその瞬間…
何故かマキーフにテクニカルが。
もう何が何だかわかりません。何か汚い言葉でも言ったのか…
ラッセルが切り込み、それをとめたブレッドソーがブロッキングファウル。
ぶつかられながらもきっちり決めたラッセル、アンドワン!!
会場は大盛り上がり…!!!!

その時でした。
えっ?
会場のアナウンスがサンズのベンチにテクニカルって言ってる。野次でも飛ばしたのか…
えっ!?
ラッセルにテクニカル!?
えっ?ダブルテクニカル、退場!?ええええええっ!?

ファンの悲鳴やブーイングが大きすぎて、会場の実況がまったく聞こえなくなりました。

画像 067

審判に詰め寄るラッセル。
その行為が余計審判をかたくなにした可能性はあります…

画像 029

ラッセルがイバカやスタッフに囲まれながら
こっちに向かってきました。

画像 030

悔しそうです。怒鳴ってます。文句言ってます。
私も、悔しいからか、悲しいからか、色々な感情がこみあげてきて
いつの間にか泣いてました…

画像 031

あっという間の出来事すぎて何がなんだかわからない。ラッセルが何をしたのか、何かを言ったのか、
サンズのベンチが何をしたのか言ったのか、何もわからないまま
ダブルテクニカルファウルアウトで、
ラッセルは前半終了間際に
退場処分となってしまいました…

もう呆然としてしまって、
2Qが終わった時のことをよく覚えていません。

前半終了のブザーが会場中に鳴り響きました。

ラッセルが、ゲームから、いなくなってしまいました…
  1. 2015/02/11(水) 17:49:58|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦オクラホマ篇④】6日目Dec.31.2014 PHO対OKC全体練習(ほとんどサンズ)

全体練習が始まりました。
最初にホームベンチ側にホームチーム(サンダー)が来るのかと思っていたのに、何故かサンズが練習している。
基本的にアウェイのチームが
どちらのバスケットを先に使うかを決めるようです。
後半、フリースローで「ブー!」できないじゃんか!

画像 035

ドラギッチとトーマス、モリスのどっちか。

画像 039

アーチーグッドウィン。

画像 043

グッドウィンと一緒にいるのはシャブリックランドルフ。

画像 045

画像 046

前に投げるのかと思ったらランドルフにノールックパス!?

画像 047

みんな大好きモリスツインズ。
最近は靴が二人とも白黒(微妙にモデルが違う)でカラーをそろえたりしていて、
さらに難易度をあげてきました。
並ぶと…何となくわかる。身長も違うし。

画像 001

小さい体に熱いハート、今季キングスから移籍してきたアイザイアトーマス。
ころんとした体は全部筋肉の塊!
かわいい♪と女子人気が高いですが、私は彼をあんまりかわいいとは思わなくなった。
爆発力があって恐い選手だと思うようになった。

画像 002

サンズで一番でかい選手マイルズプラムリーと一番小さいアイザイア君がマッチアップ!

画像 007

タッカーの隣にいる全身KDの服のこの方は、タッカー血縁関係の方なんでしょうか?でもKDづくしだし…
顔も体つきも、すごく似ているように見えるのですが。
(YOKOさんから「KDのお友達」という情報をいただきました。そっか~似てると思ったんですよね~)

画像 010

気づいたら、やたらグッドウィンを撮っていた。

画像 021

逆にドラギッチがすごく少なかった。タイプじゃないんだろうなきっと(汗)。

画像 023

なぜかにぎりこぶしできっと上を見上げるアイザイア君を
どうどうとなだめるタッカー。
きっとタッカーはチームのお兄さん的な存在に違いない。

画像 032

モリス兄弟は面白いので二人揃っているとついつい目を向けてしまう。

画像 041

アイザイア君の瞳の色は、何色なんだろう。とび色?

画像 043

これはどっちのモリス?

画像 049
画像 050
画像 051

後ろで一体何が起こったのか?
大爆笑のモリスとグリーン。

画像 002

いつまでも笑いが止まらないジェラルド。

画像 005

モリスのどっちかとプラム兄とランドルフ。
ランドルフはどこかにトレードされたんでしたっけ?

画像 016

今季ステップアップのアレックスレン。
オフシーズンには日本に来てくれました。(浅草、USJ、六本木に出現)

画像 019

気合の入ったサンズの面々。
サンダーだって絶対に負けられません。それはサンズも同じ。

画像 025

サンダーの練習は、向こう側のゴールだったので
後半が始まる前の練習で写真をたくさん撮ろうと思っていた。
絶対に手前に人がいて邪魔だし、ズームするとやはりボケるので後にしようと。
試合展開がよければ、リラックスした笑顔も見られるだろうし、無理してズームで向こう側を
撮らなかったのですが…それが仇となりました。
その理由は次の記事で。

画像 010

開会式。

画像 008

厳かな雰囲気の中でアメリカ国家が斉唱されます。
その隙にささっと写真を撮ってしまう不遜な輩。

画像 002

さあ、いよいよ今回の観戦旅行、最後の試合がはじまります。

画像 015

ベンチスタートの選手はちょっとリラックス。

画像 018

いい笑顔!

画像 019

観客に笑顔でグリーティングするジャレット。BIG SMILE!

画像 020

肩や腕をつなぎあわせて勝利を誓う!

画像 043

オープニングの大役を終えたランブルくんは、風のように走り去りました。
いつも動きまくっているので、案外写真にきれいにおさめるのが難しい選手です。

画像 046

KDがレジーに何かを整えてもらっている。サポーターか何かを締めてもらってるのでしょうか?

画像 007

ラッセル生着替え(というか脱いでるだけ)中。

画像 008

画像 009

ラッセルの表情がキリッとします。
Now ready to ball!
  1. 2015/02/11(水) 14:14:48|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦オクラホマ篇③】6日目Dec.31.2014 チェサピークエナジーアリーナのようす

全体練習まであまり時間もありませんが、
恒例のアリーナ1周を大急ぎでどうぞ!

15_20150205202730587.jpg

放送ブース。
私はまだNBAを観初めて2年ちょっとですので、チームや選手を覚えるのが関の山で、
GMとかACとか番記者とか審判とか、ましてや実況まで頭がまわらないので、名前も存知あげません。
サンダーファンの方々は上記のようなことにもみなさんかなりお詳しく、いつも驚かされています。
マブスのアリーナでもYOKOさんが、
「あの人がサンダーの番記者の誰誰さんで、あの人が誰誰さんで…」と説明してくださいましたが
記事でも言及しませんでしたように全く顔と名前が一致せず。
この2人も顔は観たことあるけど…来シーズンあたりには少しは興味を持てるかも?(持てないかも)

21_20150205202729c89.jpg

地域の奉仕活動“THUNDER CARES”の写真やビデオが観られる一角。
選手が青いサンタ帽をかぶって子供たちにプレゼントを配るようすは記憶に新しい。
どのチームでも、試合のない日にはこういった奉仕、慈善活動や地域活動を積極的に行っており、
それがチームと地域との親密な関係を作り出すことに繋がっています。
選手のオフショット(オフじゃないんですけどね、試合じゃないという意味)の笑顔を垣間見られるので
こういう記事がアップされるのがいつも楽しみです!
本当にうらやましい…

18_20150205202731243.jpg

ラッセルのUSセルラーのサイネージ。

20_20150205202734e14.jpg

アリーナの雰囲気は標準的。
サンダーのチームカラーのひとつであるオレンジが効果的に使われていました。
昼間にお客さんのいないショップにせっかく連れていっていただいたのに
買い物に夢中で一切写真を撮っていませんでした。ショップの外観もおさえるのを忘れてた。
なので、お客さんでごった返すショップの写真を何枚かご覧ください…

19_201502052027336ee.jpg

チーム名の入ったタオル、フラッグ、ボール、ウレタンなのでっかい指など、
とりあえず今すぐ買って今すぐアリーナで使いたい!と思うようなものは
入口付近の平台に陳列されています。

26_20150205202758851.jpg

大人用アパレル。どのチームでもこのコーナーはやや地味目で人もあんまりいない。

22_201502052028008ba.jpg

小物のコーナー。
クリスマスグッズもまだまだありました!(買えばよかった…でも他に4まんえんも買ったから…)

23_201502052028013df.jpg

中身の見える子供用の福袋みたいなもの。
中身はアパレル、コップ、文房具、おもちゃなど。

24_20150205202803424.jpg

コップやグラス類。
モデルがメンフィスやダラスで見たのと同じですね。ロゴが違うだけ。
冬なのに陶器のマグが一種類しかなくて、
プラスチック製のものやグラスばかりでした。クリスマスに売れちゃったのかな。
自宅使用用にひとつ買いたかったのにピンとこなくて買えずじまい。

25_20150205202804544.jpg

靴下コーナー。ラッセルのはなかった。

32_201502052028401f7.jpg

ジャージはホーム、アウェイ、サード(オルタネート)そしてクリスマスジャージとかなり豊富で、
選手もざっと見た感じではあらかた網羅されているようでした。
でも、もしかしたらスイングマンはKDとラッセルとイバカとパークくらいしかなかったのかもしれません。
他のチームでジャージが欲しいと思う時は、たいていエースじゃない選手のが欲しいので
「ない!!!」っていつも腹を立てているだけで、
サンダーショップにはジャージが揃っていた印象なのは、ラッセルジャージがしっかりあったからなのかもしれないです。
ジャージはショップに入り切れず、
外の通路にずら~~~っと陳列されていました。

28_20150205202841fdb.jpg

女性用アパレル。
Blue SevenでラッセルTシャツなどを買ったので、ちゃんとチェックしていませんがこちらは公式のものです。
バンダナ、もしかしてサンダーロゴなのかな。欲しかったかも…

29_201502052028433ab.jpg

キャップはどこのチームでも本当に種類豊富!!
これでもかってくらい壁一面帽子帽子帽子!
素材、形、デザイン、ひとつひとつ全然違うので、必ずお好みのものがあるはず。
夏にジョンウォールにサインをもらってから、サインをキャップにもらうのが気に入っています。
NBAカードは集めてないですし(あ!そういえばサンダーショップで、サンダー選手のカードしか入ってないNBA HOOPSを買ってみた。)、選手一人一人のジャージを揃えられるわけでもないので
汎用性の高いTシャツかキャップがいいなぁと思って、サインの書きやすさを考慮して
今回の旅ではキャップを使いました!
結果、シカゴ←ダンリービー、ブルックス、ミロティッチ、ダラス←KD(ただしロンドのボード)、メンフィス←ジョセフ、オクラホマ←ロバーソンからサインをゲット!
前回、前々回の現地観戦ではそんなこと夢にも思わなかったのですが、今回は積極的にチャレンジしてみたら
思った以上の成果でした。
ほくほく。

次回の野望としては
「この人にだけは!!!」と思う選手から、ジャージにサインをもらうのが目標です!
(今回も実はディアウのジャージは持って行っていたけどホテルの部屋から出すことはなかったなぁ…)

31_20150205202846197.jpg

ベビー用品のコーナーはもう
「かわいい~~~~♡」しかでません。見事にKDのばっかりだな!
サンダーものももちろん超キュートなのですが、メンフィスグリズリーズのアリーナで見た
ザックランドルフのジャージのロンパースが…
めちゃめちゃかわいくて、使うチャンスもないのにもう少しで買いかけました。
別に名前と背番号が違うだけなんですが、
普段その番号をつけているのがあのZboというのが何とも言えずかわいいんです。マークガソルだと別にかわいくない。わかりますかねぇこの感じ。

33_20150205202918545.jpg

サンダーガールのサイン会をやっていました。
昨年まではここに日本人のサンダーガール、Keiさんがいらっしゃったのかと思うと
その美しい雄姿を拝見できなくてすっごく残念。

35_20150205202922252.jpg

大急ぎでまわったので、選手の大きなバナーがあるはずの3階などには立ち寄れず。
アリーナに戻って全体練習を見ることにしましょう!
おおっもう始まってる、っていうか何でこっち側(サンダーベンチ側)でサンズが練習してるのだ~~~~!?
まぁ、後半はサンダーの選手が来てくれるだろうからいいか…

38_20150205202947713.jpg

頭上には大きな飛行船が、
何やらプレゼントをバラまきながら浮遊していました。
  1. 2015/02/10(火) 13:55:50|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦オクラホマ篇②】6日目Dec.31.2014 PHO対OKC事前練習のようす

アリーナの前に停めてあったランブルカー。

3_20150205202605187.jpg

ドタバタとチェサピークエナジーアリーナ(以下チェサピーク)に入場!
もちろんラッセルのドアから入りました!

勝手知ったる…という足取りで先を急ぐYOKOさんに必死でついてゆくしかできません。
とりあえずコートに向かって小走り小走り…!!

2_201502052026043ab.jpg

おお~~~~~~~~!!!!
ここが、チェサピーク!Our Loud City!!
あと1時間もすればここはお客さんで溢れかえり、NBAで一番大きな歓声を聞くことができるのです。

コートでは事前練習がはじまっており、各々数人ずつの選手たちがシュート練習などをしているところでした。
息子は相変わらずのマイペースで「練習見てるから」と自席に座ってしまいました。
すでに通用口周辺は出入りする選手のサインや写真狙いのファンで溢れていたので、
YOKOさんと2人でセンターサークルのサイドラインあたりまで行き、
サンダーとサンズの選手が事前練習するのを、一番いい場所から見ていました。

サンズ側は、ブレッドソー、ジェラルドグリーン、ドラギッチ、PJタッカー。

14_201502052026295f7.jpg

グリーンのスリーポイントフォームは本当にきれい。力みがなく、流れるような所作から放たれるボールが
ゴールに吸い込まれていきます。

画像 015
画像 016
画像 018
画像 019

何度打っても、同じフォームです。
力みがなく美しい。

画像 027

この、にじみ出るくそ生意気そうな青臭い色気、なかなかのものですよね、
ジェラルドグリーン。
今日は是非おとなしくしておいてください…

画像 021

エリックブレッドソー。
ブレッドソーはクリッパーズ時代と、昨年のレイカーズ戦をロスで既に2回観ているので
アリーナで見るのは3回目になります。

画像 023

10_20150205202632515.jpg

身長は高いほうではありませんが、ペイントエリアを切り裂くスピードと決定力はNBA屈指のガード。
近くで見ると驚くほど足腰がしっかりしており、全体的にガッチリしています。全部筋肉なんだろうなぁ…

画像 014

PJタッカー。
数試合サンズの試合を観ると、誰もが惚れる縁の下の力持ち的ハッスルプレイヤー。
タイトなディフェンス、ゴール下での体を張ったリバウンド、得点力、渋いけどチームを支えるすべての要素を
兼ね備えた選手です。
かっこいいわ~
ドラギッチはYOKOさんに「ドラギッチですよ!」と教えているうちに写真を撮りそこないました。


サンダー側は、ロバーソン、コリオン、モロー。

8_20150205202630b95.jpg

つい先日、サンダーと2年の契約延長をしたばかりのMr.Thunderことニックコリソン。
球団がコリソンに残って欲しいと希望したという話をきいて
本当によかったと心から思いました。
コリソンのNBAキャリアはそろそろ終盤に差し掛かっていますが
そのキャリア終盤を他のチームで過ごさなくてはならなくなったとしたら…
それでもステップアップできる選手ももちろんいるとは思います。
自チームがファイナル進出ができないチームの場合は、そういう苦渋の決断もあるでしょう。
でも、永年チームのために貢献してきたフランチャイズプレイヤーが
たったひとつのチームで幸せなキャリアを終える、ということが大変な時代なだけに、
コリソンを残したいと思ってくれたサンダーと、サンダーに残りたいと思ってくれたコリソンに
よりいっそう感激したのも事実です。

サンダー、ありがとう。
コリソン、ありがとう。

そしてこの契約を受けて、サンダーの選手たち、HCやACなどのスタッフ、そしてすべてのサンダーのファンがこう思ったはずです。

ニックコリソンにリングを!!!と。

あと2年以内に、何とかその夢を実現して欲しいものです。(と去年もダンカンのことについてそう書いたなぁ)

画像 006
画像 007
画像 010
画像 011
画像 012
画像 013

今日も賢明にスリーポイントの練習に励んでいました。
いつか打つかもしれない一投のために、毎日毎日鍛錬を欠かさないコリソン。
こういう選手がチームにいることは、他のすべての選手の励みになると思います。
まさにMr.Thunderの名にふさわしい選手・ニックコリソン。

画像 001

ロバーソンもいつも事前練習に出ている選手です。今季はスターターの座を勝ち取り、ディフェンス力には定評あり。アトランタホークスに移籍したセフォローシャの抜けた穴をしっかりと埋めてくれています。
朗らかな笑顔がサンダーファンの女性に大人気♪

画像 005

この日はずいぶん長い間、ビデオを観て戦略の勉強をしていました。
サンズの攻撃パターンのおさらいとかですかねぇ…(あっ!裏に回って覗いてみればよかったんだ!)

5_201502052026078e3.jpg

ロバーソンが練習を終えて、帰ろうとしていたので
YOKOさんがアンドレ!と声をかけると、こっちに来てくれました!

7_201502052026039d3.jpg

センターラインの延長線上(解説者席の横)あたりで待ちかまえていたので、
私たちが一番最初にサインをもらいました!
いつもはモローもいるそうですが、この日はやってなくて残念!でも満足です。
ロバーソンはその後、そこにいる本当に大勢のファンにいつまでも、いつまでもサインしてまわっていました。

34_201502052029237f1.jpg

同じくサインをもらった少年のママに、
「その帽子どこで買ったの?この子がかっこいいって言ってるのよ」と訊かれたので
「アリーナのショップで買いました」って答えたら「ありがとう、行ってみるわ」って。
あの男の子、私とおそろいのキャップ、買えたかなぁ~(笑)

さて、次の記事では、
YOKOさんや現地観戦に行かれたサンダーファンの方々のブログで何度も観た!という方は
飛ばしてもいいとは思うものの、アリーナのようすを少しだけご覧いただければと思います!
  1. 2015/02/06(金) 18:03:51|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【2014-15現地観戦オクラホマ篇①】6日目Dec.31.2014 Final Destination

朝5時にホテルを出発。

昨晩試合の後に、5時にタクシーを予約してもらったにも関わらず、タクシーが来ていない。
フロントに問い合わせても「今から呼びますね~」とのんびりした感じで5分ほど待っても来なかったので、
結局ベルマンに再度プッシュしてもらいました。

タクシーが10分ほどで到着し、メンフィス空港までと伝えると(ちなみにメンフィス空港までは15分ほど)
今日帰っちゃうの?勿体ないね、と言われた。
そう、その日は大晦日だったので、ビールストリートでニューイヤーイベントが催されるのだとか。
バンドや歌手が通りに出て、文字通り夜通しでどんちゃん騒ぎになるらしい。B.B.Kingや有名人が来ることもあるらしい。
全米や海外から数万人の観光客が来てものすごく盛り上がるそうです。
「楽しそうですね、いつか大晦日にまたメンフィスに来ます」って言ったら
是非そうしなよ!と早朝から陽気な答えが帰ってきた。

うん、本当に、いろいろ心残りも多いので、
絶対また来ます、メンフィスに。

54_201502012027566fc.jpg

今回は初のアメリカン航空。
チェックインカウンターで「まだ座席がフィックスしてない」と伝えると
「もう今取ったわ」と打てば響くような答えが帰ってきたので、対応がいいなと感じた。
いつものように全身セキュリティチェックをして中に入ってから開いていた店(まだ早朝だったので飲食店は2軒くらいしか開いていませんでした)で朝食。
これ何だろう。覚えてないけど、サラダ…かな。
上にかかっているサルサソースがかなり辛かったことだけは覚えています。美味しかった。

57_201502012027577e7.jpg

飛行機はまたもや遅延。
朝一の便で、機材トラブルでもないのに何故遅延するのかな。
こんなに天気もいいのに~~~~っ
ホテルを出た時は真っ暗だった空が、便が遅延したせいで
機体上昇中に、ちょうど夜が明けるのを見ることができた。

オレンジに染まる街を空から見ていると、寂しい気持ちがわきあがってきた。
すごく楽しかった、大変だったけど来てよかった!

さようなら、メンフィス。
ありがとう、メンフィス。
きっとまた来るよ!

58dallas.jpg

飛行機ではいつも爆睡していて、起きたらたいてい目的地に到着している。
1時間半ほどうとうとしたらもうダラスに到着。
出発が遅れたので、当然到着も遅れています。
前回のヒューストンと違うのは、トランジットのダラスフォートワース空港がかなり大きなハブ空港だということ。
30分ほど遅延したので乗換は15分ほどしかない。
人間は何とか間に合いそうだが、またもや荷物は乗り遅れるのだろうか…あぁもう面倒くさい。

59_20150201202843c4f.jpg

ダラスフォートワース空港はこんな三色だんごみたいな形らしく、現在地点はA、15分でCまで移動。
建物間を移動する無料のモノレールのような乗り物で移動します。
が、もうそういうのにも慣れましたので難なく移動し、間に合いました。
荷物のことはもう諦めました。
アメリカ国内線に搭乗する際、
機内に持ち込めない大きめの荷物を搭乗デッキまで持ち込んで、
機内に入る直前の通路に置いておくシステムをよく見かけます。
あの方式だと 人間が間に合う=荷物も間に合う ということになるので
次回の旅の時はそれにチャレンジしてみようかと思います。
ただしギリギリの時は重い荷物を自ら持って走ることになりますけど…
まぁ乗り継ぎなんかない旅がいちばんですけどね!

61_20150201202845c55.jpg

いざ、オクラホマへ!
ダラスからオクラホマへは1時間もかかりません。

62_201502012028467fa.jpg

テキサスの大地が眼下に拡がります。
3日前にオクラホマからダラスまで車で連れていっていただいた時、あの道通ったのかなぁ~~~

63_2015020120284859b.jpg

何故かオクラホマ行きの便は予定より早く到着。体感で30分くらいしか乗っていなかったような…
乗客も10人くらいしかいませんでしたし、搭乗もあっという間でした。
1便目は遅れて、2便目は早く着いたということは
荷物は載ってないよね~~~~~と思いながらBaggage Claimで待っていたところ、
見憶えのあるスーツケースが!(真ん中のボロっちいシルバーのやつ。25年前に買った)
おお~~~~ちゃんと来たよ~~~~~
アメリカン航空、優秀~~~~~!!
そしてYOKOさんとMr.Zとの3日ぶりの再会!!!

「ただいまぁ~~~~!!!」

と今ふたたびのBIG HUG!!!
ほんと、何だか「ただいま」って感じなんです。お二人の顔を見ただけで、思わずほっと気が緩んでしまいました。

65_20150201202934897.jpg

高速道路のサンダーの看板を眺めながら、まずは一路、チェサピークエナジーアリーナへ!
先日来た際、休日で閉まっていたアリーナのオフィシャルショップに連れていってくださいました。
目につくもの全部欲しいんですが(笑)、厳選に厳選を重ね、
持ったり置いたりまた持ったり…サンダーナイトへのお土産も少し。
大物はラッセルのクリスマスジャージ。
この日はクリスマスゲームの直後だからでしょうか、ジャージの在庫がかなり豊富で
KD、ラッセル、イバカはもちろん、レジー、コリソン、パーク、ロバーソン、ラム、アダムスのスイングマン、レプリカジャージは確認できました。クリスマスジャージもほぼ全員のものが揃っていたと思います。モローもあったと思う。
ぺリジョンはどうだったかなぁ~~~覚えてない、ゴメンぺリジョン。でもたぶんあったんじゃないかな。
パークとラムのジャージにもときめきましたが…他にも試合でも使われているサンダータオル、キャップ、
マフラー(YOKOさんとおそろい)、キーホルダー、ステッカーなどなど…
ランブルのぬいぐるみは顔が気に入らなくて断念。
ランブルはそのままでもカワイイんだから、
そのまま小さくなったリアルランブルのぬいぐるみが欲しかったのです。
さまざまなアイテムを怒涛のように手に取ってささっと会計を済ます。
ささっとは言え、日本円にしてよんまんえんくらい使ってしまった…サンアントニオではごまんえんくらい使ったから
だいぶガマンしたとも言えますが。
アパレルをラッセルクリスマスジャージしか買わなかったのが大きい。
日本にいる時から欲しいなと思っていたサーモマグは公式ショップにはありませんでした。
それから携帯カバーもKDのものしかなくて断念。結局、この滞在中にいい出会いがなく、携帯カバーは買えませんでした。
後から気づいたのですが、あまりにも興奮、いや、慌てていてサンダーマガジンを買い忘れるという失態。
シカゴブルズではブルペンとイヤーブックまで買ったのに!!
OMG…

67_201502012029378cc.jpg

昼食は(いつもお腹がペコぺコなaderin)Mr.Zの勤める素敵なレストランに連れていっていただきました!
何だか中で写真を撮りまくるのも無作法かなと遠慮してしまい
店内や食事の写真は残念ながらないのですが
シックで落ち着いたインテリア、通された席も、一番奥まった場所の、暖炉が横にあるVIP席!
ええっと、ええっと、珍しいものを揚げたものを食べた。オレンジだっけ…違うな、ううぅ思いだせない。
ツイッターでもつぶやいていないので記録がなく、記憶もない…
(YOKOさんヘルプ!←今思い出した!レモンだ、レモンのフリット!!)
みんなでサラダをシェアしつつ、私はキノコがたっぷり入ったクリームパスタを食べました。
濃厚で、豊潤なキノコの香りが食欲をそそり、ボリュームたっぷりでしたが、ペロリ♪
とっても美味しかったです!
食後のコーヒーをゆっくり飲んで、ここでMr.Zはお仕事へ。
本当にお忙しい中ダラスに連れていって頂いたばかりか、今日もランチと買い物にまでつきあってくださって
この感謝の気持ちを、一体どうやってお返ししたらいいのかわからないくらいです。
いつかお2人一緒に日本に来てくださった暁には、古都巡りのアッシー(死語)をしようとか、
Mr.Zのご趣味の方面のことを一緒に楽しめたらな、とか、
何なら剣道のお手合わせをさせていただこうかなとか(嘘です、もう20年くらいやってません)…
私のできることなら、たくさんお返ししたいと思っています。
一宿一飯の恩といいますが、それなら私はその100倍くらいの恩をお返ししたいと思うくらい
たくさん親切にしていただきました。

70_201502012030334cd.jpg

この時点で14時は過ぎていたでしょうか?
試合開始まであと数時間しかない中、YOKOさんの運転する車で(Safe Driverでした。私とは大違い←ややスピードステアの気がある…いや、ない!)
大急ぎでお買いものラリー!
まずは、現地観戦されたサンダーファンの方々のブログにしばし登場する
Quail Springs Mallの「On Deck Sports Collectibles」へ!
あるとわかってはいるものの、やはりショーウィンドーのサンダーフィギュアに目も心も奪われ
何枚も何枚も激写してしまうのであった…
サンダーファンにはもうお馴染みすぎる店ですよね。

KDはサンダーのキャップをかぶっていました。
予想以上に似ていたので驚いた。まだらな髭の感じとか…

71_20150201203035e97.jpg

ラッセルはラッセルらしく
サングラスを着用。
目が隠れているのですが、かなり似ている気がする。

1_20150205174619053.jpg

パークのフィギュアもありました。これらはだいたい4~50cmくらいの大きさですかね。
結構インパクトのあるサイズです。

72_201502012030361e0.jpg

サンダーの愛されマスコット、ランブル・ザ・バイソンのフィギュアもありました!
ランブルくん、か~~~わい~~~い♪
ランブルくんと写真が撮りたい、とYOKOさん含む何人かのサンダーファンに言ったら
「ランブルはハードルが高い」
「ランブルは子供優先だから」と口ぐちに言われたので相当難しいようです。
今回はブルズのベニーともツーショットが撮れたので、
ランブルくんともチャンスがあればツーショット写真を撮りたいです!(My New Year Resolution)
ラッセルとは…
畏れ多いのでいいです…

On Deckではわーわー言いながら様々なサンダーグッズを買いました。
ジャージやTシャツ(プラクティスTシャツなども)は他のチームのものも結構品揃えがよく、他チームの主力選手のものなら
ほとんどあったような気がします。
ただ、時期的にクリスマス商戦直後だったため、
サイズがXXLとか、とんでもなく大きいものばかりが残っていました。
日本でも買えるような選手のものが多かったですが、やはり実物を見て現地価格で買えるのは大きいので
サイズがあれば欲しかったのに残念。ヒートやキャブスやブルズ、レイカーズ、ニックスはもちろん、ウルブズ、マジック、ロケッツなどのジャージもありましたよ。
他チームの主力選手グッズはジャージだけではなく、フィギュアやサイン入りグッズ(ボールや額装された写真など)も豊富でした。
大学モノやNFL、MLBグッズも店の半分以上の面積を占拠していましたので品揃えはかなりのものだと思います。

On Deckで購入した、自分でも一番意外だった買い物は、KDのサードジャージ(スウィングマン)!
ラッセルのホームかサード、パークのジャージ、ラムのジャージが欲しいなぁ~と探していたのですが
前述の通りサイズ在庫が皆無でして、KDのものがあったので買いました。
何と言ってもセール中で、価格が定価の半額以下の$50!
いっぱい欲しかったのですが、サイズの壁は高かったです…
でもKDのジャージを買えたので、
息子は今夜の試合ではKDファンになってもらいます♪彼もそのほうが楽しいでしょうし。
他にもサーモマグ(あったよ!!!)、車用の日よけ、車用のステッカー、光るステッカー、ショッキングピンクのスパンコールの合皮ポーチ等、またもやそれなりの数のグッズを買っちゃいました。

73_201502012030377e4.jpg

モールを出ると、YOKOさんはちゃきちゃきと次の場所へ車を走らせ、サンダーファンにはおなじみのお店、Blue Sevenへ!
初めてなのに懐かしいこの感じ。(笑)
このお店はオクラホマ在住のアーティストの作品を扱っている店だそうで、
公式グッズではないのですが、サンダーをモチーフにしたTシャツやアクセサリーが買える店。
来てみたかったのでうれしい!!!
今回の買い物で一番悩んだのはこの店だったかもしれないなぁ…
どれも欲しいけど、実は普段の生活でTシャツをあまり着ないのです。一応会社勤めなので…どうしても部屋着になっちゃう。
結局2枚のTシャツを購入。
オクラホマでのお土産の写真は、まだ全然撮っていないので後日掲載します。

駆け足での買い物タイム終了!
あとは買うとしてもアリーナですが、試合やハーフタイムなどの幕間もしっかり見たいので
たぶんショップに寄る時間はあまり取れないと思います。
試合前に少しゆっくりしましょうかとMr.ZとYOKOさんのお家に戻りました。
ご自宅のコーチには、以前YOKOさんのブログで拝見したサンダーフラッグが掲げられており、
ひと目で「この家の人はサンダーファンなのね」とわかります。
ちょうどいい目隠しにもなっていて、いいアイデアだなと思いました。写真は撮ったけど人様のお家なので載せません。
息子は疲れたようで仮眠(よく寝る奴だ…)、
私はYOKOさんの淹れてくださったコーヒーを飲みながら、
怒涛のようなおしゃべりタイム。何だかありとあらゆることを喋ったような。
何故かYOKOさんがF1好きなことを伺ったり(私がWRCが好きだという話になったのでその流れで)、Mr.Zの趣味のお話や、うちの旦那の趣味の話や、YOKOさんの大学時代のお話や、私の仕事の話やらもう
とりとめもなく、色々。
気づいたら外が暗くなっていて、YOKOさんがかなり慌てている。
何とおしゃべりに夢中になりすぎて、今日の試合のドアオープンの時間を過ぎてしまっていたのでした…
慌てて息子を叩き起こし、各々ジャージを着て(YOKOさんはKDのホームジャージ、私はラスのアウェイジャージ、息子はKDのサードジャージ)、YOKOさんの車でアリーナへ。
アリーナ横のコンベンションセンター(だったっけ。後で要確認)の駐車場に車を止め、
駆け足で進むYOKOさんを追いかける我々2人。(ダラスでもこんなだったなぁ)
コンベンションセンターでは、別のスポーツの試合も同じ日に開催されるようで
オレンジ?のユニフォームを着た人々と、サンダーのユニフォームを着た人々がその建物に入り混じっていた。
オクラホマシティブルーの試合もその建物であるんでしたっけ?
野球のスタジアムもすぐ横にありますし、いいなぁ、地元に根付いたプロスポーツが日常にある生活。
本当にそこにいたすべての人に対して羨ましさを感じました。
建物から出ると、そこは、

1_20150205202601194.jpg
夜のチェサピークエナジーアリーナ!
この旅の、最大かつ最後の目的地に、遂にたどり着きました。


ここで今日、オクラホマシティサンダー対フェニックスサンズの試合を観るのです。

THUNDER UP!!!
  1. 2015/02/04(水) 14:23:53|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2014-15現地観戦メンフィス篇⑦】5日目Dec.30.2014 SAS対MEM

いよいよ運命の決戦、サンアントニオスパーズ対メンフィスグリズリーズのガチンコ勝負!
この12月で何と3度目の対戦となります。

戦績は1-1のドロー。

今季の成績ではメンフィスグリズリーズが頭ひとつリードではあるものの、相手は昨シーズンファイナル制覇のサンアントニオスパーズ。
2013年ウエスタンカンファレンスファイナルで4-0のストレート負けで敗退して以来、
昨シーズンはホーム、アウェイともに1勝もできない、まさに「天敵」もしかしたら「トラウマ」…
12/17のグリズホーム戦でようやく1年半に及ぶ呪縛から解き放たれた…かしら?(弱気)という状態での試合。
グリズリーズは負けられない。
もちろんそれはスパーズも同じ。

ところで我々の席、セクション101EE列の後ろのブロックは、何と「年間シートホルダー」の吹き溜まりでした。
みんながみんな同じマフラーを巻いており、それがかわいかったので
「そのマフラー、ショップで売ってた?」って訊いたところ(前日GrizzDenで見かけなかったので)
後ろに座ってたおじいさんが「年間シートホルダーのプレゼントだよ」と教えてくれた。
おそらくみんな今日アリーナで年間シートホルダーの更新をしたのだろう。
同じくらいの年代の男女(60代くらい)やあやあと声をかけあって、最近どうだい?年末はどうのこうのとくっちゃべっていたので、私たちのシートもきっと普段は年間シートホルダーの席なのだろうと思う。今日は何らかの理由で来られなかったのかなと。
そんなわけで、サンアントニオスパーズの優勝キャップをかぶり、
トニーパーカーのアウェイのジャージを着ている息子は哀れなことに、グリズの年間シートホルダーの攻撃の的となる。
めっちゃいじられてましたとも…

23_201502012023142a8.jpg

1階席の101セクションでフリースローの時にパンパンするスティックを配っていたので、配っている兄ちゃんに声をかけて
いくつかもらったのだが、
それまでものすごい愛想のよい笑顔で配っていた兄ちゃん、
息子に手渡した後、彼がスパーズファンだと気づいた途端、ものすごい汚い言葉で罵倒していた。
兄ちゃんの豹変ぶりに驚いたし、面白かった…
ちなみに私がうまいこと、息子の頭をこのスティックでぽかぽか叩くことで、その場は何とかおさめましたよ。
息子もグリズリーズも大好きなんですけどね、ごめんね、グリズの応援のほうがよかった?とこっそり訊いたら
いや、面白いし楽しい、俺はスパーズファンだし、と言っていた。

25_201502012023159a2.jpg

頭上(この位置からだと頭上というほどでもない)のビジョンでは今日のスターターの背番号が表示されていた。
スパーズはトニーパーカーはやはりout。カワイレナードもout。
スターターはティアゴ、ダンカン、ダニー、ベリ、コーリー。パーカーがいない時はコーリーですね。セカンドユニットは崩さない。
グリズはガソール、トニーアレン、おぉルアースターター!、リー、コンリ―。
Zboは今日の試合には間に合いませんでした。
お互い主力を数人欠く状態での対戦となりました。

28_2015020120231837f.jpg

サンアントニオスパーズの選手紹介。
どこのアリーナもそうですが、申し訳程度のライト(まぁ、ライトがあるだけマシですけどね!)の中、
スターターが出てきます。

75.png

そしてグリズリーズの選手紹介。
ツイッターで声をかけてくださった元MEM在住の方から教えてもらっていたのですけど、
地味というか実直さが売り?のグリズリーズの選手紹介は、
意外にも(ゴメン)ゴール裏から立ち上る火柱に彩られた派手な演出!

76_20150201203129304.jpg

選手が出てくるたびに火柱があがります。
こりゃ盛り上がりますわ~~~~

77.png

炎の演出をアリーナで見たのははじめて。
映像などで見たのでは、マイアミヒートなど。
ヒートはまぁ、「ヒート」ですからね!

78_20150201203131ba1.jpg

ゴール焦げたりしないのかなぁ~
グリズリーズは上のビジョンから花火が出ているのも映像で見たことがありますね。
シーズンオープニングの試合だったかな?

79_20150201203133983.jpg

マークガソール!

80_201502012031345b2.jpg

会場は宿敵スパーズとの対戦とあってファンで埋め尽くされています
盛り上がり最高潮!

27_201502012023178d8.jpg

国家斉唱。

32_20150201202320416.jpg

グリズリーズのマスコット、グリズがこんな近くまでやってきました!
子供が求めると記念撮影やハグもしてたので、
呼んでみたけど、私は大人なのでスルーされました…

34_20150201202543c4c.jpg

私の目の前の通路では、試合中ずっとグリズガールが3人ほど踊り狂っていました。
本当に目の前で踊るので、手をあげたりする振付だと試合が非常に見辛いこともしばしありまして、
もう「どいてください」っていう言葉が喉まで出かかったけど、
ここはそういう場所なんだ、と矛を収め、ガマンしました…
逆に言うとまわりのたくさんの方々が喜々としてグリズガールと記念撮影されていたので
グリズガールとお近づきになりたい方には非常にオススメの席です。101EEです。

35_201502012025443c3.jpg

まさかの14点差で前半終了。
スパーズ、どうしちゃったんでしょう。しのぎを削りあうヒリヒリする闘いを期待していたのですけど…

38_20150201202630043.jpg

ハーフタイムもコートから遠いので私はアリーナの探検にでかけたのですが、我々の席の真横が
ステージになっており、生バンドの演奏、歌手の歌、それにグリズガールのダンスが
間近で鑑賞できました。
後ろに永久欠番が飾られていますね。気づかなかったなぁ…
カナダの国旗は、メンフィスにチームが移籍する前のバンクーバー時代の名残かと思われます。
アリーナに流れている音楽も、グリズファンには釈迦に説法でしょうけど
往年の名ナンバーもたくさん流れており、メンフィスの音楽チョイスのセンスはかなりナイス!と密かに思いました。
ハーフタイムはアリーナをもう1度うろうろ。
歩いているだけで何度も声をかけられました。
理由は、ジャージの番号。
「ワオ、リー!いいね!」って褒めてくれる人もいれば、
スタンドで飲み物を飲んでいるとたまたま同席した30~40代の男性が
「5番…誰だっけ…」と言っているのを私は聞き逃しませんでしたよ!!!
「ひどい!!何ですって?リーですよ、コートニーリーーーーーー!!!!」と怒りのゼスチャーつきで抗議すると
「ハハハ、ごめんごめん、知ってるよ、リー、いい選手だよね」と適当に受け流されたので
流れで日本から今日の試合を観に来たんですよ、っていう話をすると
「日本から!?そりゃすごい、気に入ったよ!!誰と来てるの?」
「息子とです(スパーズファンだけど)。」
「大学バスケには興味ないの?タイガーズ!明日ここで試合があるから是非きなよ!大学バスケも楽しいよ!
俺、○○って言うんだ。セクション○○(←忘れた)のスイートにいるから、是非遊びにおいでよ!大歓迎!楽しいよ!」
とノリノリで名刺をくれて、しばらく陽気に喋った後ビール片手に立ち去って行った。
明日オクラホマに行くの~と、何となく言いだせなくて適当にハイハイと話を合わせて聞いていたのだが、
名刺には携帯電話番号も書かれていて、わからなかったらここに電話しろとまで言ってくれて、
ついついハイハイと言ってしまった。典型的なNOと言えない日本人になってました私…
もう二度と会うこともなかろうからまぁいいやと踏んでいたのだが、その後帰り際に後ろからポンポン!と肩を叩かれ、
「いいな、明日セクション○○のスイートだぞ!」
と念押しまでされてですね、
あっちゃ~~~~~本気だったか…と
曖昧な肯定をしてしまった自分に相当後悔してまして…
いつかまたメンフィスに行くことがあったら、名刺もあることだしメールか何かで連絡を取ってみようかなと思っています。
本当にダメな日本人で申し訳なかったなぁ…
次の日待っててくれたんだろうなと思うと、本当に申し訳なくて、この旅最大の後悔となりました。
行けないなら行けないでメールで連絡すればよかったんですよね。あ~あ…

41_20150201202633f20.jpg

アリーナに戻るとハーフタイムショーが終わり、
グリズの選手がこちらサイドでシュート練習をしていました。

42_20150201202635ff5.jpg

セカンドハーフスタート。
スパーズは全体的に精彩を欠き、結果グリズリーズがしっかり仕留めました。

ゲームの途中に、子供たち数人をコートに呼んで「New Year's Resolution(新年の抱負)」を問いかけるという出し物があったのですが、
「来年はバスケをがんばって練習したい」「勉強をがんばりたい」「○○を買って欲しい」的な
子供らしい、優等生な答えが続いた後(あんまり覚えてないけどそんな内容だったと思う)、
最後の子が
「お父さんをグリズリーズファンにしたい」と言ったんですね。
当然ながらお父さんもコートに引っ張りだされたところ、思いっきり
スパーズのジャージ着たスパーズファンじゃんか!!!
会場からブーイングの総攻撃、
そしてMCがお父さんに
「来年はスパーズファンをやめてグリズリーズファンになりますか?」と質問。
子供、真剣な表情で父親を見る。会場、固唾を飲んで答えを待つ。
「NO!」
ブーーーブーーーブーーーブーーーブーーー!!!!!アリーナ大ブーイング!!!
そして子供と一緒にお父さんが自席に帰ろうとしたその時、
背後からグリズが追いかけて後ろから
ケーキだかパイだかを
ばっちーーーーーーーん!!!!!
とお父さんの後頭部に打ち付けた!!!

会場大爆笑!
お父さんは顔から頭からスパーズのジャージから白いクリームまみれになり、係員からタオルをいっぱいかけられて
奥に連れていかれてました…
し、仕込み?が、ガチ?
アメリカ楽しすぎる…

グリズがらみでもうひとつ。
グリズリーズのマスコットは前述のグリズリーベアのグリズなのですが、
試合が盛り上がってくるとグリズがあるに引っこみ、
すぐさま別の扉からぱんぱかぱ~~~~んというスーパーグリズという
グリズよりムキムキのスーパーマンみたいなグリズが出てくるんですね。
今まで同じグリズが衣装を替えてるのだとばかり思ってましたが、
変身するんだ!とびっくりしました!
他にベアーっていうグリズリーじゃない黒熊のマスコットもいたりして、
リーグパスだけではわからない発見がたくさんありました。
写真が撮れなかったのがかえすがえす残念。

後半、スパーズの得点はコンスタントにグリズリーズを上回ったものの、
試合終盤にコートニーリーがスリーを決めて、事実上スパーズをシャットダウン!
作った応援ボードをようやくぶんぶん掲げることができました!
試合終了後、
何人もの人に通りすがりに
「リーよかったね!」「リーのスリーよかったよ!」って声をかけてもらえ、自分のことのようにうれしかったです。
会場にいるファンのほとんどが、Zbo、ガソール、コンリ―、トニーアレンの背番号のジャージやTシャツを着ていたので
リーは珍しかったからだと思います。

43_2015020120263603d.jpg

Grizz Win!!!

44_20150201202714ba1.jpg

直接対決3回目もグリズリーズがスパーズを制しました。
これでトラウマから解放されたでしょうか?

47_20150201202716f52.jpg

負け試合ながらコーリージョセフは18点。あの笑顔、あの性格のよさで、バスケも一級品。いい選手だなぁ。
この写真を後で見て気づいたのですが、グリズリーズが勝つと、ミディアムサイズのチェリーレモネードがもらえるとな。
ちぇっ、もらって帰ればよかった!

48_20150201202717460.jpg

会場のあちこちのGRIZZLIES WIN。

49_20150201202718fc5.jpg

スタッツの電光掲示板もあったんですね。
何だかバタバタしてて全然アリーナの中の写真もちゃんと撮れてないや。またリベンジしに行かなきゃな。
次回はきっとタイガーズの試合も!
しばらくアリーナのブースでテレビの生中継をしているのを見学してから
ホテルに戻ると、ホテルのフロントで
息子がテレビに映ってたよ!!!って興奮した顔で他のお客さんに口ぐちに言われました。
スパーズファンなのに?敗戦でしょんぼりしているところを抜かれたのかな?
わけがわからなかったけど、何だかどこかに映っちゃったみたいですね。
息子はスパーズが負けたのが相当ショックだったようでアリーナにいる時から本当にしょんぼりしていました。
そのふるまいは、まわりのグリズリーズファンの年間シートホルダーたちを大喜びさせただけでなく、
帰りには息子の頭や肩や背中をかわるがわるポンポン叩いて、握手を求め、
「落ち込むなよ!」と励ましの言葉までかけてくださるほどの落ち込みっぷりでした。
息子は今日の敗戦で
「俺、スパーズを応援する。これからスパーズのこと本気で応援するから」
と改めて決意を固めてしまったようです。

51_20150201202751165.jpg

FedEX Forumでもらったもの。
何と冊子がコートニーリー特集!うほほ、うほほ♪
見ておわかりのようにたくさんいただいてきたので、ご希望の方に差し上げます!

52_201502012027530ee.jpg

購入したもの。
キャップ、ジャージは観戦で着用しました。
あとはプラクティスTシャツ、ステッカー、キーホルダー。
何だかすっごく控え目な買い物で、もっと買えばよかったなぁと後悔。
でもあまりアイテム数がなかったんですよね。アリーナにZboの赤ちゃん用のジャージがあって
それがめちゃめちゃ可愛くて、一瞬買いそうになりましたが、使う場所がないので諦めた。
他のチームのエース級の選手たち、ノビツキーやエリスやローズやKDやラッセルのものも、もちろん子供用赤ちゃん用ペット用のジャージの販売があったのですが、
Zboのジャージが小さいのって、
何故かめちゃめちゃかわいいんですよ!!!普段の中身がZboなだけに!!!
写真くらい撮ってくればよかったです。

53_20150201202754e66.jpg

おまけ、ホテル内ロビーのソファ。
長椅子の右側にパティが、左の1人掛けソファにマヌが座っていたソファです。

明日はいよいよ最後の試合。
いざ、チェサピークエナジーアリーナへ!!!
  1. 2015/02/02(月) 13:43:01|
  2. NBA2014-2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

adelinX

Author:adelinX
NBA観戦歴4年目のひよこNBAファンaderinです。
NBA現地観戦記録を記していきますので不定期更新。
全30チームのアリーナを制覇するのが夢、現在8アリーナ16チーム16試合観戦済!
#MambaDay にコービー現役最終戦を観戦しました。
ブログタイトルはRoad To NBAの略です。

※写真はすべて管理人aderinがコンデジや携帯で撮影した画像となっております。著作権は放棄しておりませんので、二次使用はお控ください。
管理人が撮影したものでないものなどは脚注などで補足するようにします。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

NBA2012-2013 (6)
現地観戦準備2013-2014 (17)
NBA2013-2014 (20)
現地観戦準備2014-2015 (6)
NBA2014-2015 (29)
試合以外 (10)
NHL (3)
未分類 (0)
NBA2015-2016 (13)
Mamba Day (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。