RTNBA

aderin一家の暴走NBA現地観戦記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【現地観戦・後日談5】未公開画像・蔵出しその4 3/30PHX@LAL戦

3/30PHX@LAL戦の未公開画像蔵出しです。

未公開画像をざっと並べて思ったのは、やはり最初に記事にこれとこれを入れよう、と思ったのには理由があったのだな、ということです。
こちらの画像集は、まぁ言うなれば記事に入れてもらえなかった「残りもの」みたいなものですが、
「残りもの」にもしかしたら特定の方々には「福」があるかもしれないので…楽しんでいただければ幸いです。

画像 023
これはどっちのモリスでしょう?ヒント:おしりプリッ!
私は答えを知りません。知りたい方はサンズファンへお問い合わせください。

画像 104
画像 005
再び光の当たる場所に出てきたエリックブレッドソー。

画像 007
画像 009
カメラ目線にしか見えないジョディミークス。

画像 034
画像 055
画像 071
画像 096
画像 002
画像 016
画像 032
画像 068
画像 035
画像 051
画像 052
画像 053
画像 054
観戦記文中にも書いたのですがヤングの3ポイントシュートはシャッターチャンスが比較的多いです。
カリフォルニアっ子のヤングは、サイドラインぎりぎりからフェイダウェイ気味の3ポイントがお得意。
レイカーズのファンの子供たちは幼い頃、コービーに憧れてこういうプレイの真似をするからだそうです。

画像 067
画像 083
画像 043
画像 050
画像 060
画像 067
画像 117
画像 141
画像 151
渋かっこいいプレイに惚れたライアンケリー。
画像 153
ヤングのんぺって顔に呆れているように見えるモリス。
画像 159
この日大活躍だったケイマンの上気顔。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/02(月) 13:20:15|
  2. NBA2013-2014
  3. | コメント:0

【現地観戦・後日談4】未公開画像・蔵出しその3 3/28MEM@GSW戦

3/28MEM@GSW戦の未公開画像蔵出し♪
このあたりになるとアップするのも疲弊してきて、そんなに数をアップしていないはず、です。
Let's check it out!

画像 023
画像 014
画像 031
画像 053
画像 063
画像 011
画像 036
画像 001
画像 010
画像 014
画像 023
画像 031
画像 034
画像 002
画像 007
画像 015
画像 017
画像 019

画像 035
画像 037
画像 055
画像 061
画像 063
画像 065
画像 068
画像 075
画像 079
画像 081
画像 097
画像 012
画像 013
画像 021
画像 025
画像 039
画像 044
画像 045
画像 046
画像 056
  1. 2014/05/27(火) 15:43:04|
  2. NBA2013-2014
  3. | コメント:0

【現地観戦・後日談3】未公開画像・蔵出しその2 3/26DEN@SAS戦

3/26 DEN@SAS戦の未公開画像。未公開画像がたくさんありすぎて自分でも引きました。
ですので、これでも全部ではありませんが、もうキリがないので。
未公開画像にカワイがやたら多いのは、
カワイの「笑顔」を狙ってみたのですがまったく撮れず、がっかりしていたからだと記憶しています。

画像 024
いつものカワイ。

画像 031
ふつうのボリス。

画像 033
いつものカワイとふつうのボリス。

画像 035
いつものカワイ。

画像 036
マーコは結構フォトジェニック。真剣な顔やクールな笑顔などさまざまな表情をします。

画像 027
ポポビッチと愉快な仲間たちといつものカワイ。

画像 031
ふつうのトニー。

画像 005
トニーは試合中のほうが表情豊かです。
昨年だったか、年間のShaqtin'Foolでもかなり上位にあがっていたダブルドリブルに抗議するトニーなんか、我が家では伝説になってます。

画像 018
走っててもいつものカワイ。

画像 027
耳をかいててもかゆそうな顔もせず、いつものカワイ。

画像 014
ポップの話なら私も真剣に聞くよ。スパーズの選手は幸せものですね。

画像 030
画像 033

画像 036
いつものカワイ。

画像 001

画像 010
ティミーのファウルに抗議中のトニー。身振り手振りつき。

画像 024

画像 029

画像 032

画像 013

画像 015

画像 021

画像 036

画像 011
画像 013

画像 014

画像 022

画像 030

画像 003
画像 006
画像 008

画像 010
マッチアップしててもいつものカワイ。

画像 015
ポストアップしててもいつものカワイ。

画像 021
フリースローしててもいつものカワイ。

画像 029

画像 036

画像 037

画像 001

画像 013
あれ?これ結構いい写真じゃない?
なんでボツにしたんだろう。

画像 016
ディフェンスしててもいつものカワイ。
あ、こんなところにフォイがしっかり写ってる画像があったじゃん!

画像 021

画像 039

画像 002

画像 018
試合終盤でもいつものカワイ。

画像 027
ティミーに何か言われてもいつものカワイ。

画像 034

画像 036

画像 002

画像 004

…カワイの笑顔を撮影することはできませんでした。

画像 029
画像 038
画像 033
画像 051
画像 045
画像 048


ブログ歴10年以上で、はじめて貼ってみました☆面倒な方はポチらなくても結構ですよ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/05/25(日) 23:03:58|
  2. NBA2013-2014
  3. | コメント:0

【現地観戦・後日談2】未公開画像・蔵出しその1 3/25NYK@LAL戦

写真を『オクラホマシティサンダー応援ブログ』の管理人・あみさんに褒めていただいたので
カメラのことを少しお話します。

カメラは2013年1月にLALとLACのホームゲームを観戦に行く際、最高の光学ズーム50倍機能を内蔵するコンデジ、
CanonのPowerShot SX50HSを購入しました。購入当時、2012年9月ごろに出たばかりの新機種だったと思います。
購入してすぐ試し撮りした写真はこれ。

20130919220557.jpg
もっと寄れますが、おそるべきズーム機能と描写力だと思います。
欠点は、寄りすぎて対象物をファインダの中で見失うこと…くらいですかね。(笑)

とは言えコンデジですので、NBAのあまりにもスピードの速い動きに付いていくのは決して容易ではないですが
たとえば3階席から、フリースロー中のお目当ての選手にぐい~~~~~~~んとズームして写真を撮りたい、というような使い方においては最高のスペックだと思います。
お目当てのチームのベンチすぐ後ろのいい席に座った場合は、逆にちょっとジャマかもしれませんけど。
現在(2014年5月)ではこのPowerShot SX50HSを上回る光学ズーム機能(確か最高光学60倍)、より高い画素数、しかもwifi機能までついているコンデジが数社から発売されているようなので、「光学ズーム 50倍以上」で検索してみてくださいね。値段はだいたい3~5万の間くらいです。

せっかくの現地生観戦ですので、フリースローで試合が止まっている時や、練習時間などを中心に写真を撮っていたのですが、いつもの真剣な表情とは違う、選手たちのリラックスした笑顔をたくさん見られてすごく楽しかったです!

ウォリアーズのオラクルアリーナのように一眼レフ持ち込み禁止のアリーナもありますが、そのオラクルですら、このカメラは一応持ち込みOKでした。
ただし、そのあたりの下調べは個人の責任でお願いいたしますね。

さて、ブログ記事未公開の画像の蔵出しです。
まずは3/25NYN@LAL戦。

画像 003
迫力満点のアマレスタウドマイヤーの練習風景。

brooks.jpg
マーションブルックスの笑顔。
この時、私はニックス側のゴール裏、前から7列目に座っていて、レイカーズの練習は反対のリングまわりでやっていました。いい顔をしている選手に、ズーム機能でぐぐーっと寄って撮っているわけですが
汗のひとつぶひとつぶまでしっかり写っています。

kellyyoungaldrich.jpg
iyan.jpg
試合中はフリースローやスローインなどで時間や動きが止まっている時に、気が向いたらぱしゃぱしゃ撮っていたのですが、今回の旅はスポーツモードに固定して撮影しました。
連射機能があるので、写真の枚数がただごとではなくなりますが
うまくいけば動きのある連続組写真が撮れるかもしれません。
まぁでも、ファインダを覗いていて世紀の名シーンを自分の眼で見る機会を逸してしまっては本末転倒ですので、
やはり練習中と試合が止まっている時にささっと撮るのがいいと思います。

画像 002
画像 005
画像 006
チャンドラーパーソンズはいつも真剣で、かっこよかったです。

画像 014ザビエーからヤングへのホットライン!

画像 018ヤングのスリー!

melothrowin.jpg
カーメロのスローイン。

画像 020

younghenry2.jpg

ブログ歴10年以上で、はじめて貼ってみました☆面倒な方はポチらなくても結構ですよ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/05/25(日) 19:44:08|
  2. NBA2013-2014
  3. | コメント:2

【現地観戦・後日談】おみやげのこと

おみやげ一覧。

こんなものを買ってきました。
特にSpursに関しては、日本でほとんどグッズが手に入らないこともあり、息子が欲しいと言えば基本的に何でも買おう(車とか家具とかゴルフ用具とか、そういう非現実的なものは除く)と思っていたにも関わらず、
大雨でアリーナ外でタクシーを待たせている心理的焦燥感とか、思いがけず現地のテレビ局に撮影されていたこととか、クレジットカード使えない事件などが起こってしまい、やはり冷静とは言いがたかった。
後から「あ~やっぱりあれも買っておけばよかった!」多数。
アリーナでの買い物は、どんなに買っても後悔するものなのかもしれません。

とりあえず、アリーナで一番お金を使ったスパーズからゴランドラギッチ(勝手に変換された)…じゃなくて「ご覧」ください!

fanshop1.jpg

まずはすでに実際に(息子が)使っているアイテムから。

画像 002
一度Twitterにあげたら非常に好評だったドアハンガー。
プライウッドなのか、強化された紙なのかよくわからないしっかりした分厚い自然素材で出来ています。
表面はFANS ONLYの文字。
画像 003
裏面はGAME TIME。
他のチームにもこういうのがあるかな?と思ったけどウォリアーズとレイカーズでは見かけなかったかな。

画像 001
薄っぺらいマグネットのセット。8枚くらい入ってるタイプで、マグネットのシートから抜いて使います。
デスク脇にて愛用中。

画像 001
キーホルダー2種。
普通のスパーズロゴのものと、真ん中が半分バスケットボール(素材もボールっぽい)になっていて…
画像 002
くるくる回ると反対側がスパーズのロゴ。
知らない間に筆箱につけて使っていました。

画像 025
ソフトドリンクのスーベニアカップ。ビールだと少しサイズが小さくて赤色になります。
このスーベニアカップをたくさん持っているファンを大勢見ました。お土産にするのでしょう。

画像 023
サーモマグや水筒は種類やサイズ、ハンドルありなしがかなり豊富で、10種類くらいありました。
生活とチームが生活に根付いている地域のファンショップならではという感じ。
かさばるのでひとつしか買いませんでしたが、もうひとつくらい欲しかった。
たぶん、保温保冷両方いけます。ちょうど500cc入ります。ビアジョッキサイズ。

画像 024
本物とは似ても似つかないかわいらしいコヨーテ。(スパーズのマスコット)目は取れません。
コヨーテのギラギラ血走った目のサングラスなども探したのですが見当たらず。
このかわいいコヨーテは、現在息子部屋のベッドに転がっています。

アリーナ(AT&Tセンター)で無料でもらったプレゼント。
画像 019
ロゴ入りのナイロンナップザック。Texas State Farmさん提供。ありがとうございます!
画像 020
ウレタン製のカップホルダー。アリーナ内で売っているソフトドリンクカップのサイズにぴったりでした。
かなり実用性の高いものを配ってますね~

他に買ったのはアパレルをいくつか。
画像 004
LOS SPURSの黒Tシャツ。
LOS SPURS(ラテンナイト)のジャージが売ってたら欲しかったのですが、見当たらなかったですね。
半そでジャージもなかった。
というか、アパレルに関してはどこのチームも、適正なサイズ(SやM)がほとんど見当たらず困りました。
ジャージなどを現地で購入しようとしている方は注意したほうがいいかも。

画像 005
パーカーのTシャツ(息子用)。
画像 009
ディアウのTシャツ(私用)。
レイカーズのTEAM LA(アリーナ内ショップ)だとコービーやナッシュ、ガソル+レジェンドの勢力が強すぎて他の選手のアパレルはほとんど手に入りませんでしたが、
スパーズのファンショップは比較的まんべんなく、たいていの選手のTシャツやジャージが手に入ります。
ただ、サイズは前述の通りなので注意。
コーリージョセフ(5)のがあったら欲しかったんだけど、なかったのでディアウ(33)のみ購入しましたが、グリーン(4)かミルズ(8)も買ってくればかったなぁとかなり後悔中。スプリッター(22)も欲しかったかも…

画像 006
スパーズのアパレルって黒か白なのでどれも正直同じに見えたのですが(笑)
膨大な種類があり、選ぶのにかなり苦労します。
珍しいグリーンのTシャツも買ってみました。

画像 008
フードつきパーカー。サイズXL。だぼっと着るのでこれでいいとのこと。

画像 010
ウインドブレーカー。今回の旅の買い物で、一番高価だったのはこれでした。
自転車通学で使うようですが、ロゴも小さいし、地味やわ~~~(すぐ文句つける)

お次はウォリアーズ。
まずはアリーナ内で無料でいただいたもの。
画像 016
上部の四角いコート紙はすべての座席に貼られていたボード。
下のタオルはFBでアリーナにチェックインすればもらえます。
帽子はフィッシャーマンズワーフで$5で買った○ッタもの…アリーナでもまったく同じデザインのものが売っていてゴメンなさいって思っちゃいました。

画像 022
harrison.jpg
ボードの裏面はハリソンバーンズです。
試合が終わった後いっぱい残っていたので何枚かきれいなのを追加でもらってきました。
現地の子どもとわいわい言いながら拾い集めましたよ(笑)
ご所望の方とかいらっしゃいます?送料のほうが高そうですが。

画像 017
FBへのチェックインでタオルもらえたよ~という情報を私から聞いて、アリーナ探検に出かけた旦那と息子が
「配ってた」ともらってきてくれたウォリアーズカラーのシリコンバンド。
2人だったけど「3つちょうだい」と言ったら普通にくれたそう。
「GO WARRIORS」と書かれています。シリコンバンドは選手も腕につけていたりして、うれしいですね~

ここからはアリーナのショップで購入したもの。

shop2.jpg

アリーナのショップは狭いのにいつもすごい行列ができていて、入場制限がかけられていましたので
買い物をしたい方はハーフタイムなどが終わるちょっと前に走って行って早めに買い物を済ませることをオススメします。

画像 018
シリコンバンドを無料でもらったのに、何故かショップでもリストバンドを買ってしまった私。
スパーズファンショップで代金を支払った後にレジ横でこのシリーズのリストバンドを見つけて
欲しかったな~と後悔したので
ついついウォリアーズで買ってしまったという謎の行動。

画像 011
ウォリアーズでもグリーンのTシャツを見つけたので購入。
ドレイモンドグリーンのジャージがあったら買っちゃうかも~♪と思っていたのに
影も形も見当たらず、「グリーン」つながりということで…

画像 008
画像 009
チームマガジンも買いました。スパーズでは探したけど見当たらず。月末だったので在庫がなかったのか、もともとそういうものが存在しないのかは不明。
ウォリアーズマガジンの今月の特集は、カリーのオールスター特集でした。

お次はレイカーズ。
レイカーズのショップは二回訪れたのと、以前(2012年冬)も行ったので冷静になってしまい、ほとんど買い物しませんでしたね。
kobephoto.jpg
こんなものも販売してます↑。

まずは、無料プレゼント。

画像 021
3/25のニックス戦で全員プレゼントでもらったDELTA航空のタオル。
レイカーズカラーの黄色ベースで紫のロゴ。しっかり振り回して応援しました。

画像 007
アパレルが、超有名選手(レジェンド含む)のものばかりで、若手選手のものがほとんどなかった。
何とか見つけたヘンリー(7)のTシャツを衝動買いしてしまいましたが、サイズは何と2XL。血迷ってしまいました。
3/25のニックス戦でのヘンリーの活躍は、衝動買いを誘発するくらい素晴らしかったものですから!
しかしどうするんだ2XL…

画像 005
チームマガジンは売っていれば必ず買います。
ニックス戦の時とサンズ戦の時に販売されていたマガジンの表紙が違ったので
違う内容だと思って両方買ってしまったのですが、後で確認したら違うのは表紙だけで中身はまったく同じだったという。
どちらも3-4月号だったのでした…

画像 006
どこも貼る当てのないダイカットのステッカー。
これもスパーズで買い逃したもので、ちょっと悔しかったのでレイカーズで買っちゃいました。
ステープルズセンターはレイカーズ戦の時とクリッパーズ戦の時はTEAM LA(アリーナの土産屋)の中身も総入れ替えするのですが、LA KINGS(NHL)の試合の時はちょこっとだけクリッパーズ(もちろんレイカーズも)のアイテムも置いていたので
クリッパーズのチームマガジンも買えました。

画像 007
決め手はジャマールクロフォードがしっかり見えてる表紙!!(笑)

UCLAでもアパレル中心にちょこちょこ購入。
uclashop4.jpg
広大なショップ。

画像 013
NCAAのカンファレンストーナメント出場記念Tシャツは、
ベスト16のものやベスト8(にて敗退)のものなど種類豊富でした。

画像 012
画像 015
稀代の名将の誉れ高いウッデンコーナーにてTシャツ2枚購入。
どちらもガーゼっぽい着心地のよい素材感です。内側にウッデンコーチの顔がプリントされています。

画像 014
UCLAのマスコットである熊のTシャツ。キャンパスには大きなヒグマ?の銅像がありました。
他にキャップやステッカーなども購入。何だかんだで、UCLAでもそれなりにお金を使っちゃいましたね~

画像 003
今回の旅は移動時間も長かった(最長4時間サンアントニオ→サンフランシスコ)ので、
空港の売店でSLAMを買って、飛行機内で読んだりしていました。
アイバーソン特集はかなりよかったです。表紙もかっこよい。

しかしまぁ、最終日に空港で買ったのものは全部誰かに配ってしまったので、
結局、本当にバスケ関係のお土産しか買ってないことに今改めて気づきました。
お土産記録は以上で~す。
後はお金の話をしたいが、次回はまた更新しないとトップページに広告が出てしまうひと月後の可能性高し。

ブログ歴10年以上で、はじめて貼ってみました☆面倒な方はポチらなくても結構ですよ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/05/21(水) 16:07:57|
  2. NBA2013-2014
  3. | コメント:0

【現地観戦6日目Mar.30.2014③・観戦】フェニックスサンズvs.ロサンゼルスレイカーズ

今回の観戦旅行、いよいよ最後の試合ティップオフ!
前回の時もそうだったように、今回もすでにちょっと寂しい気持ちになってます。
ただ、もう決めてます。
次は何が何でもサンダーの試合を観ることを!!!(笑)だから今日は目の前の試合を思いっきり楽しみたい。

画像 020
試合開始!

画像 019
サンズのポイントガードであり、堂々エースのドラギッチのジャージ姿。
華奢で気弱そうなお兄ちゃんに見えますが…

画像 024
プレーは全然気弱じゃねーーー!
画像 031
てかそもそも華奢じゃねーーー!

画像 028
ジャージを着てくれると一発でわかって安心、こちらはマキーフ。

画像 033
レイカーズのベンチ。
なかなかどうして、役者が揃っているような気がする。
確かスパーズに次いでベンチポイントが2位の時期があったような…(記憶怪しい、ゴメン)

画像 038
サンズのベンチ。
左からクリスマス、グッドウィン(いい名前やなぁ、Goodwin)、レン。

画像 039
レイカーズのセカンドユニットが出てきました。

画像 049
ドラギッチにはヤングがつきます。逆もまた然り、かな。

画像 071
ブレッドソーとヤング。チームの得点源の二人。
にこにこ談笑しながら移動。ふーん、ここも仲良しか?

画像 082
この日はぽんぽんスリーを打っていたヤングでしたが、入ったのはこのポーズの1本だけでした。
リングに嫌われちゃいましたね。
後日の試合で、今季2度目となる40ポイント越えをマークした時はスリーが6本決まったので、決まり出すと本当に恐い選手です。
しかし、入らなくても入らなくてもめげないところは、フィッシャーのメンタルの強さを彷彿とさせますね。

画像 092
ミークスは安定のプレーで
この日も着実にポイントを重ねます。
画像 001
ファストブレイク。
高い!
画像 002
ひょええ、グリーンのブロックの高さ、恐ろしい…すごいジャンプ力です。

画像 004
グリーンもブレッドソーもこの日は堅実なプレーでしたが、
いつものような「爆発!!!」って感じではありません。

画像 011w
ドラギッチ奮闘中!
サンズの面々、想定外のレイカーズのノリに気持ちが焦っている感じでした。レイカーズ、恐いチームです。
弱いとなめたら強い。

画像 016
前半終わってLAL61-PHX43という18点差でレイカーズがリードという予想外の展開に。
実は、渡米中に観戦した試合、今のところホーム全勝なんですよね。4戦4勝です。
グリズvs.タブス戦はグリズを応援してはいましたが、ホームチームが勝ったことはまごうことなき事実。
でもまさか、レイカーズが今のサンズの勢いをくじけるとは思わなかったので、最後の試合は負けて帰国することになるよなぁと思ってたのです。
でも、これはもしかするともしかですよ。

ハーフタイムの練習の様子です。
バスケットを交換して、こちら側のゴールでレイカーズが練習します。

画像 019
ミークス。
画像 023
ベイズモアとヤング。
ベイズモアが出ている時間は自力でゲームメイクして得点も入れるし、アシストも的確、リバウンドもしっかり取るので相手の得点を確実におさえられています。
いい選手が来たなぁ~
ベイズモアも、レイカーズに来て間もない頃にTwitterでコービーのことを「My teammate」と書いていて、
コービーのこと好きなんだなぁって、そういう態度を隠さない若い選手のことをレイカーズファンは大好きだと思う。

画像 032
ヤングファンに捧ぐ、パート2。
ラッセルの時もこういう顔狙おう(と自分に言い聞かせる)。冷静じゃないから狙えなかったらゴメン。画像 047
ジョンソンとヤングは本当にいつも笑ってるわ。
こういう選手がいるとチームが明るくなるんだよな。
観ている人も幸せになるし、バスケットボールって楽しそうだなって純粋に思う。

画像 055
サンズは勝利の雲行きが怪しくなってきた。
モリス兄弟もちょっと表情が曇りがち。
こういうしょんぼりした顔をされると、Do not give up!Face Up!!!と叫びたくなる。
画像 064
弟(たぶん)は声を出し、兄ちゃん(たぶん)はしょんぼり。長男のほうがやや打たれ弱い?

画像 065
この試合は、「ケイマンショー」とも言うべき試合で、
レイカーズ全員がケイマンにボールを集めていたように思います。
クイックネスはないけど、何度も大きなフェイクを入れ、確実にゴールにボールを押し込むシュートは
さすがベテラン…というプレーでした。
画像 066

画像 068
1枚くらい入れておこう。
レイカーガールのダンス。4試合観てきたけど、確かにレイカーズのチアはレベルが高い気がする。

画像 069
ジャージってやっぱり暑いよね。

画像 081
ケイマンとケリー。
この2人の活躍でこのサンズ戦でのレイカーズ勝利が見えてきました。

画像 089
ヤングのはりきりプレーも場内が沸き立ちます。スリーが入らなくても元気元気!
前も書きましたが、彼のバスケットボールは観ていて楽しい!

画像 105
おっ抜こうとしてるだろ…と思ったら、
画像 106
やっぱり抜いた!顔に出るタイプなんですね。

画像 125
サクレも頑張ってたけど、今日はケイマンとケリーが素晴らしすぎた。

画像 129
グリーンもいいアシストがあったし、自分の仕事はきっちりこなしていた感じ。
スリーがちょっと調子が悪かったけどフィールドゴールは決めていたし…ただ、レイカーズの勢いを止めたり、流れを変えるほどでなかったです。
いつも普通に見てたけど、大きな得点差が出たところから巻き返すのって本当に大変なことなんだと感じました。

画像 140
マーシャルもこの日は目立ちませんでしたね。アシストもベイズモアやケリーのほうが目立っていました。
人間なんだから、毎日毎日絶好調というわけにはいかないのは当たり前で
チームでそれをカバーできるのが大事なんだと改めて思ったなぁ。
とにかく今日は、ケイマンとケリーが…(以下同文)。

画像 146
パウガソルがいつの間にかベンチに!
ガソル兄の優しそうな顔が見られてよかった~~~願わくば、プレーしているところをひと目観たかった!
画像 157
ケイマンの活躍をねぎらいます。本当に大活躍だったんだから!
画像 158
ビッグマン3人、嬉しそうです。
ベイズモア、ほっぺたどうしたのかな。怪我しちゃってます。

試合も佳境に。
コービーがいる時は
「MVP!MVP!」だったファンの応援コールが、何と今日は
「We want tacos!We want tacos!」
はじめ何て言ってるのかわかりませんでした。
残り時間が少ない中での、最後のサンズの攻撃をケリーがビッグブロックショット!!!
画像 163w
レイカーズファン、割れんばかりの大喜び!!!

画像 167
試合結果LAL115-PHX99。
後でわかったのですが、タコスをもらえる条件として
1.レイカーズの勝利
2.失点を100点未満
ということだったようで、最後のケリーのブロックしたショットがもし入っていれば
観客はタコスをゲットできなかったようです。
画像 164
だからこんなに大騒ぎしてたんだ~~~~
ケリーは後のインタビューで、
「ファンがタコスを要求(得点を阻止することを要求)していたことはわかってたよ、だから期待に応えようとしたんだ」と言ってます。
憎い男だね、ライアンケリー。
おっさんくさいなんて書いてごめんなさい。

画像 166
EVERYONE WINS 2TACOS FREE!
画像 168
今回の観戦旅行ではレイカーズの試合を2試合観戦しましたが、
何と2試合ともレイカーズが大差をつけての勝利で今回の旅を終えました。
私たちが滞在中あったレイカーズの他の試合では、
バックスとティンバーウルブズに敗退しているので(供にアウェイ)
私たちは勝利の女神と言ってもいいでしょう(エヘン)!

tacoticket.jpg
出口のところでもらえるタコスの券!タコスだけもらって何も買わないのもOKだそうです。
スポンサーってありがたいよねぇ…
使うチャンスはなかったけど、記念にとっておこう!

自分へのお土産はハーフタイム中にささっと買いに行ったので
(レイカーズマガジンとクリッパーズマガジンとヘンリーのTシャツ)ショップに寄ることもなく、
ホテルに戻り、予定どおりホテル近所の韓国料理屋さんで
旅行最後のディナーを楽しみました。

翌朝は8時半にホテルを出て、ちょっと渋滞に引っかかりましたが
レンタカーが乗り捨て状態だったので9時半には空港のカウンターへ。
レンタカーの駐車場まで返しに行くと、そのまま駐車場に停めるよう誘導されて、
書類や確認も一切なく終了。駐車中に傷でもつけられたらこちらの責任になるんじゃ…とちょっと心配だったが、数時間後にメールで明細が届いて、追加徴収はないとのことだったのでほっとしました。
とにかく車をレンタルする際、借りる時も返す時もほとんど時間がかからなかった(待ち時間0分。非常にシステマチックに出来てます)のはストレスがなくて二重丸でした。
前日、お土産をいっさい買えなかった私は
保安検査を受けた後、空港内のデューティーフリーなどで買い物。ロクシタンの練り香水やらコーチの携帯ケースやら、メラトニン入りのドリンクやら、チョコレートやら。
高くついちゃったけど仕方ない…
ラウンジに行ってくつろごうかと思いましたが、息子がアメリカの名残を惜しんでバーガーが食べたいということで空港構内マップで探すと、何とフードコートに「UMAMI BURGER」があったので、大喜びで行って食べました。
まさか空港にUMAMI BURGERがあるとは!
そして行きと同じようにANAで成田へ、帰りは寝てはいけないので映画を観まくりました。
そして成田のラウンジでトランジット2時間ほど待ち、国内線を乗り継いで伊丹空港へ。
そこから空港バスやらJRやらをさらに乗り継いで、帰宅したのは21時半くらいだったかな。
3/25に日本を発って、4/1に帰国したので、
帰ってきた日本はすでに消費税8%の日本でした。

後はお土産篇と、お金の話をしようかなと思ってたのですが、
ここまでの記事で大変疲弊しているので
それはまたいつか気が向いた時にでも…(自分の記録として残しておきたいとは思っていますので)
これで、
「3都市・NBA4試合NHL1試合弾丸観戦ツアー」の記録を終わりたいと思います。

ご拝読、ありがとうございました。

ブログ歴10年以上で、はじめて貼ってみました☆面倒な方はポチらなくても結構ですよ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/04/21(月) 18:37:39|
  2. NBA2013-2014

【現地観戦6日目Mar.30.2014②・試合前】フェニックスサンズvs.ロサンゼルスレイカーズ

今さらではありますが、私はオクラホマシティサンダーが一番好きなチームなので、
その他のチームの選手についてさほど詳しいわけではないのに、思ったことやどこかの記事で読んだことや小耳に挟んだことを、ここまでダラダラと書き続けてきたことを、遅ればせながら後悔しはじめています。
各チームの選手や、ファンの方々に対して失礼があったら申し訳ないなぁと…もっと「肝にして要」な情報だけをシンプルに抜き出した記録にしたかった。でもできませんでした。
NBA観戦をはじめてからようやく丸2年とちょっと。2011-2012のファイナルからのNBA観戦歴ですので
本当にひよっこどころか、入り口に立ったくらいなのではないでしょうか。
それでも、どうにも抗えない衝動にかられて、2年の間で2回渡米し、計11チームの観戦をしてきました。
数年後にこの記録を読んだとき、自分でもその浅はかさにきっと失笑するとは思うのですが、
お見苦しい箇所も含めてそれも今の私ですので、どうぞご容赦ください。

ということで、まずは
サンズ対レイカーズの練習の様子です。

画像 016
今日も何故か、レイカーズ側ではなくて相手ベンチ側のゴール裏の席です。今回もレイカーズのチケットは人づてで
予算だけお伝えしてお願いして取っていただきました。
先日のニックス戦の時より、値段は数十ドル安いのですがよりコートに近い席で、マスコミ関係席のすぐ後ろ?でした。
旦那が「すっごいいい席やん!」と驚いていました。
その方はこの記事は絶対に読まないと思いますが(アメリカの方なので)、ここに感謝の言葉を述べさせていただきたいと思います。ありがとうございました。

さて、サンズの選手が目の前です。

画像 019
プラクティスTシャツを着て、練習に出てきていたのは
今季のサンズの大躍進に一役も二役も買った双子のモリス兄弟!
さまざまな場所で「見分けがつかない」「タトゥまでおそろいらしいよ」「髪型や髭のそり方まで同じだなんて」「身長体重はちょっとだけ兄のマキーフのほうが上らしい」「靴が違うらしい」「弟のほうが顔が丸いらしい」「というか背番号見るしかないのに、背番号も微妙に似てる(11と15)し、わざととしか思えない」といろいろ話題騒然。
結局皆さん何が言いたいかというと、
「うちのチームがサンズに負けたのは、モリス兄弟が見分けがつかなかったせいだ!」(爆)
ということです。

画像 029
画像 053
この2枚の画像が、同じ人物なのか違う人物なのか…
髭の微妙なそり具合も含めて、じーーーーっと見ていたのですが
驚くほど同じなんですよねえ。
こんなことが可能なのか。スキンヘッドで髭も剃っているというならまだ理解できるのですが…
サンズファンの方は見分けがつくのでしょうか?

画像 035
HCのホーナセックやチームメイトたちでさえ見分けがつかないと公言していますので、
サンズの試合を数試合パソコン観戦しただけの私には到底無理!
「モリスが5人コートにいたらマンツーマンディフェンス不可(笑)」という話題、あなたのまわりでも1度くらいは出たのでは…?
サンズの選手の中で、一番「生で観たい!」とわくわくしていたのは
やはりモリス兄弟。
そのマキーフとマーカスが目の前にいるのだからもう興奮です。
とりあえず丸顔だの身長だのは、二人並べてはじめてわかる話ですので
「紫の靴はいてるほうが兄ちゃん」ということだけ頭にインプットしておきました。

画像 054
画像 055
画像 056
二人は、いやもう、めちゃめちゃ楽しそうに練習していましたよ。
マッチアップしたり、ふざけたり。
この画像だけでもその仲良しっぷりは伝わると思います。
昨年のカンファレンス最下位から、6割以上の勝率をおさめPO進出争いにからむチームにまで成長した今季のサンズ、
ウエスタンカンファレンス内でのPO争いでのダークホースとなっています。
勢いがつくとアンストッパブルな得点力で、数々のトップチームを撃破してきたレギュラーシーズンも
残すところあとわずか。
果たしてレイカーズに勝ち目はあるのか…
今季の勢いそのままに、サンズは観ているこちらまで笑顔になるようないい雰囲気でした。

画像 051
モリス兄弟の他には、チャニングフライが練習していました。彼の3ポイントは危険!ひょろりとした長身を生かしたブロックショットやリバウンドにも長けており、攻守にわたってサンズを支えるプレイヤー。
昨年は心臓疾患で全休した選手が、スターターとして活躍するまでになるには、想像もつかないような葛藤や努力があったのだろうな…

さて、レイカーズ側は…
画像 066
ウエズリージョンソン。
画像 069
ニックヤング。
画像 014
マーションブルックス。
画像 077
ジョーダンヒル。
画像 078
おっ、ついさっき母校に行ってきたジョーダンファーマー。
ファーマーが、成績不振だったヤングの高校時代に、勉強を教えていたことって書きましたっけ?
今のヤングがあるのは、ファーマーのおかげかもしれませんよ!

サンズサイドの他の選手が出てきました。
画像 085
PJタッカー。プラムリーとともにディフェンスでチームを支えている選手だとか。リバウンド力は必見。
画像 087
おっ、エリックブレッドソー。
昨年、クリッパーズの試合観戦をしましたので、彼を見るのは2回目。
サンズがブレッドソーを獲得した時「サンズ、いい選手取ったよなぁ、エースとして大活躍しろよ!」と思っていたのですが堂々のスターター入り、したと思った途端の長期離脱にはがっかりしました。
それでも、彼の故障中もドラギッチがきっちり躍進、ブレッドソー復帰後はもう、飛ぶ鳥落とす勢い…の恐ろしいチームに成長しました。
ブレッドソーって、思っていたよりずっと小柄なんですよね。
プレーをすると、もっともっと大きく見えるん選手なんです。
画像 099
ブレッドソーは、クリッパーズにいた時より生き生きしている気がする。

画像 090
豪快なスラムダンカーだとばかり思っていたら、今季は3ポイントの破壊力が半端ない、ジェラルドグリーン。
高校卒でNBAエントリーする最後の年になった、2005年ドラフト組の選手だそうです。
なかなかここまで結果を出せず、心配していたけど今年のグリーンの活躍は本当によかった、との声を時々耳にする選手で、Dリーグでプレーした経験もあるそうです。
が、今やおそるべきサンズの、スコアラーとして大活躍!
そういう話はNBAのそこかしこに転がっているストーリーではありますが、それでもやっぱり信じて努力している選手は報われて欲しいと願ってやみません。
スパーズのダニーグリーンとは従兄弟という関係で、4月に入ると直接対決もあります。
さて、どうなるか…
画像 096
グリーンはアウトサイドシュートの練習を熱心に、黙々とやっていました。

画像 100
レイカーズ側はジョディミークスが出てきました。
画像 010
ミークスも、去年から「目が合った」幻想を捨てきれない選手の一人…(笑)
画像 017
今季はチームリーダーとしての役割を果たす機会も多く、安定したプレーと併せ、若いながらも風格が出てきたように思います。
画像 029
ファーマーもいったん離れたLALに今年から復帰した選手。
司令塔として活躍していただけに怪我での離脱はすごく残念でした。ファーマーが戻ってくるのを
今か今かと待っていました。
画像 038
レイカーズで唯一ともいえる(失礼)ハッスルリバウンダーのジョーダンヒル。
彼の髪型は一体どこまで大きくなるか、今後もKeep in touch!です。
しかしこの手の髪型の選手=アニマルとかビーストとか言われるハッスルプレイヤーが多いのは、メンタル部分と髪型の関係性が深いからかもしれないですね。
画像 044
サンズファン大興奮のナッシュです。
会場にはサンズ時代のナッシュのジャージを着ているファンもたくさんみかけました。
私はレイカーズのナッシュしかリアルタイムでは知らないので、ナッシュの本当の魅力を知りませんが、ナッシュが積み上げてきた偉業は、決してファンの心から消えることはありませんし、
今季振るわなかったからと言って、それだけですべてを切り捨てるべきでもないと思っています。
少なくとも出場機会が与えられるかどうかはわからなくても
観衆の前に顔を出し、もくもくとシュート練習を続ける(そして脅威のシュート成功率を見せる)ナッシュには
心を打たれました。

画像 050
さてさて、お待たせしました。
今季のサンズ大躍進の立役者、ゴランドラギッチの登場です。(…とモリス兄弟のどちらか)
この薄幸そうな笑顔に、キレキレのパスワーク、軌道の読めないドライブに、やらならそうなのに時々打つダンクはえっ!?って思うくらい豪快で、その上ジャンパーと3Pまで入るっていう、何ていうんですか?それがエースっていうんですか?
今年のMIPはドラギッチにあげてもいいよって思っているNBAファンは少なくないと思います。
ニックネームは「ドラゴン」。見た目は全然ドラゴンじゃないけど、プレーはまさしく昇龍のようです!(何とかまとめた)

画像 052
チームをディフェンスでバックアップする、リバウンダー・マイルズプラムリー。おっきいなあ。
昨季はINDに所属していたようですが、正直記憶にありません。
レイカーズもそうなのですが、今季サンズで自分の活躍する場所を見つけられた選手は、案外多いのかも。

画像 070
みんなに写真を撮られまくっていた、どこからどう見てもサンズファンのおじさん。
見事に全身オレンジです。この人はサンズの試合を追いかけているのか、それともLA在住のサンズファンなのかちょっと気になりますね。

画像 093
サンズも雰囲気がすごくいいのですがレイカーズもチームの雰囲気はいいですね。
ミークスのこの顔なんて、ちょっと小中学生みたいな表情でドキッとします。ヤングあたりがジョークでも言ったのでしょうが。
そういえばレギュラーシーズン終了後、5月にミークスはケンタッキー大学の卒業式を控えているそうです。
何とまぁ、まだ在籍していたのですね。
画像 101
レイカーズはすでにPO進出が絶望的になっておりますので、レギュラーシーズンの残り試合が終われば2013-2014シーズン終了となります。
来季、今のレイカーズのメンバーで一体誰が残っているか、今のところはまったくわかりません。
そもそもコービーが健康で戻ってこれるのか、そしてこの夏FAになる選手の中から誰が取れるのか、もしくは取れないのか、ドラフトはどうなのか…で、全体のサラリーが見えてこなければ、その周辺を固めるロスターは選べないでしょうし…

画像 001
サンズのシューティングアラウンドのようす。
画像 004
シャブリックランドルフとディオンテクリスマス。右はイスマエルスミス。
画像 011
マキーフ、ストレッチ中。
画像 020
ドラギッチとスミス。
ううーーん、イケメンですなドラゴン。画像 022
モデルできそう。NBAの中では大きくはないけど、191cmあるわけですし。
スロベニアでの人気、ものすごいのでは…
画像 023w
でっかい選手は、ウクライナ出身・アレックスレン。プラムリーの控えセンターポジションです。

画像 024
画像 035
ニックヤングファンにささげる、この無邪気な笑顔。
この笑顔見れただけでもステープルズセンターに来る価値あり。

画像 030
ルーキーながらも攻守に渋く活躍、ライアンケリー。スリーも持ってるし、ブロックもする。私は「けっこうできるやつ」というイメージになりました。
どこかでケリーのことを‘pleasant surprise’と書かれている記事を見たこともあります。
それって昨年はアールクラークに使われてた冠頭詞だったよ。クラークは来季はどこかのチームで活躍できるといいなぁ。

画像 040
画像 043
画像 058
画像 060
画像 082

モリス兄弟の、どっちがどっちかまったくわからない写真群。最後の写真は身長差で何となくこっちかな?という感じではあるけど、
サンズファンの方がもし読んでくださったなら、是非判別チャレンジしてみてください。

画像 046
画像 047
画像 050
画像 051
くだんのモリス兄弟ですが、私たちの目の前でこんなおたわむれを。
何してるかわかります?
股の間から後ろの人にボールをパスする、レッグスルーパスの練習…ではなくアメフトの練習?のようです。
クリスマスが俺も!と飛んできてました。
楽しそう~

楽しそうついでにもう数枚、サンズの楽しそうな練習風景を。
試合がはじまるとこういう顔は観られませんからね!

画像 063
画像 066
撮った本人ですが、ちょっと泣けてくるんですよ、このおおらかな笑顔…
グリーンもしっかり声出してて、何ていいチームなんでしょうか!
画像 074
ドラギッチも泣きそうな顔だけど、たぶんこれ笑顔です。
マーカスかマキーフかどっちかわからないけど、よく一緒にいますね。付き合いも長いマキーフかな?
ずいぶんサンズ寄りになりましたが、前回のニックス戦ではレイカーばかり追いかけていたので
まぁ、いいでしょう!

画像 002
いよいよ開会式が始まります。
画像 004
画像 006
整列するレイカーたち。

画像 008
キャッキャキャッキャしてるサンズ。か~これ、サンズ勝つわきっと、と思わずにはいられなかったですね。

画像 010
画像 011
画像 013
いつものど派手な演出。
天井からコートを覆う布の筒に、映像が投影されます。

画像 016

いよいよ、サンズ対レイカーズ試合開始です。
  1. 2014/04/21(月) 10:56:20|
  2. NBA2013-2014

【現地観戦6日目Mar.30.2014①・観光+アリーナ】UCLA+アリーナの様子

本日の予定。

午前中はホテルで朝食をとり、UCLAへ行く。(ラッセルウエストブルックやケビンラブの母校です!同じ空気を吸いに行ってきます!)
午後は買い物。明日は帰国の途につくので、どこかで会社や家族にお土産を買わねばなるまい。
夕方からステープルズセンターでサンズ対レイカーズを観戦し、ホテルに戻って車を置きコリアンタウンでディナー。

breakfasthacienda.jpg
ホテルの朝食。
レーズン入りのブラン系フレーク、オートミール、糖衣の甘いパンにトースト、バター&ジャム、コーヒー紅茶オレンジジュース牛乳、果物(オレンジとりんご)に、セルフで焼けるワッフルメーカーまであり
かなり楽しい朝食でした。これが無料とは驚き。
駐車場無料、徒歩で行ける場所に韓国料理店が多数のロケーション。
次回も泊まりたいかも。(ホテル情報は後で追記します)

身支度を整えてUCLAへ。
「Neverlost」というレンタカーについているカーナビにUCLAを入力し出発したものの…
以前ユニバーサルスタジオに行った時に「ここがUCLAかぁ」と地図上で思った場所と若干違うような…??と思いつつ、
でもまぁカーナビなんだから間違えないよねとその通りに行ったものの、
思った以上の距離を走る上に、フリーウェイの行き先表示が「ロングビーチ」に…
おかしい…とこの旅行中、お店検索に迷子対策にとお世話になりっぱなしのYelp様でUCLAの位置を検索すると、
携帯の地図上でどんどん離れていくではないか。
結局、最初に入力した場所まで一応到着したものの、単なる住宅地…改めてUCLAの住所を入力し、
逆戻りしたのでした。あの場所は一体何だったのか、謎。
ロスタイムが30~40分くらいかなぁ。
無事、UCLAに到着。

mapucla.jpg
まずは駐車場の横の地図で、校内全体を把握…しようとしたが、広すぎてまったくわからないので
学生課やスポーツ施設のあるあたりを目指そうと適当に歩き始めた。

ucla1.jpg
広大なキャンパス。アカデミックな建物。豊かな自然。素晴らしい環境。
日曜日だったので学生がほとんどおらず、観光客ばかりでした。

campus.jpg

ucla2.jpg
もちろん、学問探究の場が第一義でしょうが、ハリウッドの街ですので映像やアート関連、またアリーナ、野球場、サッカー場、テニスコート、学生専用のジムや健康管理塔まであり、スポーツへの力の入れ方も本格的という言葉では到底足りないくらいです。
アリーナの規模は、日本では考えられないくらい立派なものです。この規模のアリーナが、日本全国にいったいいくつあるのか…おそらく数えられるほどではないかと思われます。
チケットブースがあり、お金を取って観戦する施設として成立しています。
こんなところで日々練習できるなんて…といちいち驚きっぱなし。

john-wooden.jpg
史上最高の名将と呼ばれたジョン・ウッデンの名前がついたホール。中には有名な「成功のピラミッド」の展示などがありました。
そこには、彼のもっとも有名な言葉が書かれていました。
“Success to me is peace of mind, attained only through self-satisfaction and knowing you made the effort to do the best that you are capable.”
「私にとって成功とは、可能な限りベストを尽くす努力をしたと自覚し、満足することのみによって得られる心の平和のことだ」。
ショップに関連本があったので少し読んだのですが、
現在のバスケットボール精神の礎となるような言葉の数々に心を打たれ、本…ではなく‘What Would Wooden Do?’(ウッデンならどうするか?)Tシャツを買ってきました。(もう2、3枚買えばよかった!)
残念ながら2010年、99歳でその生涯を閉じておられますが
UCLA出身のルーキー・シャバズムハンマドをはじめ、ジュルーホリデイ、ダレンコリソン、ラッセルウエストブルック、ケビンラブ、ライアンホリンズ、ジョーダンファーマーなどの現役選手、カリームアブドゥル=ジャバー、レジーミラー
などのレジェンドにいたるまで、
この「成功のピラミッド」は
体の、そして心の奥深くに浸透し、根を下ろし、また新たな力となってより大きな成功(心の平和)を求めて努力を続ける選手の糧になっているのではないかと思います。
  
shop_201404211112197f6.jpg
学生課。
教科書や文具の販売、食堂(いくつかの飲食店:カールズJrバーガーやスムージー屋、Tsunamiという日本料理屋?も有り!)、ゲームセンターやインターネットブース、学生がくつろげるモニターのあるロビーなど(ちょうどNCAAバスケの試合を放映していました)、そしてUCLAグッズひしめくショップもここにあります。

ucla4.jpg
学生塔の中のショップ。上部分が学生課で教科書や教材などを購入する場所で、
下部分が一般にも開放されたUCLAショップになっています。

uclashop6.jpg
広大なショップ。
レディースや子供用のアパレルのコーナーなどもあり。
前述のジョンウッデン特集のコーナーもありましたよ!
uclashop8.jpg
ちょうど前の週にNCAA男子バスケのベスト16にUCLAが進出したこともあり、
その記念グッズが販売されていたり。(ベスト8進出祈願のウエアなどもありました!)
uclashop9.jpg
その中でもお目当てはこれ。UCLAのバスケットジャージ。
ラッセルウエストブルックの当時の番号は現サンダーと同じ「0」番。
現役選手ではないので0番のジャージはもちろんありませんでしたし、現役の選手の名前などが入ったジャージも販売されていませんでした。
カスタムジャージが注文できるようだったので
そのカウンターに行くと、「現役選手の名前と番号が入ったジャージは注文できない云々」と書かれた注意書きがあったため、
「引退した選手の番号では作れますか?たとえばラッセルウエストブルックとか?」って訊くと
ダメだと言われました。権利の関係だそうで…よく考えたらそりゃそうかもしれないですね。

uclashop2.jpg
このプラクティスTシャツがとてつもなく欲しかったのですが、サイズがXLか2XLしかない。
XLでもモノによっては着ちゃうけど、このXLは本当に大きかったので、さすがの息子も「でかすぎてこれは着れない」と言ってました。
キャップやステッカー、Tシャツなどを数枚購入。
アリーナやスポーツ施設をぶらぶらと見学しながら、駐車場(遠い!数キロ!)まで戻り、
ビバリーセンター&メルローズアベニューでランチ&買い物。
ビバリーセンターのFootlockerで息子がバッシュを買うのに思いのほか時間をとってしまい、
私のお土産購入計画はおじゃんに。メルローズのTシャツ屋では旦那が頼まれもののロックTシャツを買っていた。
あんなこんなで思った以上に時間を費やしてしまい、大急ぎで4たびのステープルズセンターへ。
ギリギリ開場前に間に合いました。

todaysgiveaway.jpg
列に並んでいるとこんなクーポンがもらえました♪しかしもう使う機会はないであろう。ジャックインザボックスのタコスも、サンフランシスコで実店舗に行けたのですが、ダブスの本拠地でレイカーズ勝利のクーポンを出して食べるわけには…ねぇ。
nashfan.jpg
並んでいるお客さんには、サンズ時代のナッシュのジャージを着ている人も。
今日はナッシュ、出場時間があるのでしょうか?ヘンリーは?パウはどうかな?ファーマーは?
Team LAの店舗の前で、グリーンバックで写真を撮ってコービーと2ショットに合成してくれるイベントをやっていました。
でもアリーナ内に早く入りたかったので並ばず。コービー本人ならここにいる全員、並ぶと思うけど(笑)。

ティップオフ1時間半前になり、開場。

shaqauto.jpg
何だかんだでお見せしたことがなかったと思うので、一応ステープルズセンターの中のようす。
こうやって見ると何だかそっけない感じがしますが、
オラクルよりはジムっぽい感じは少ないかも。でもこれがごくごく標準的なアリーナのような気がします。
AT&Tセンターがおそらく特殊なのかなと。
アリーナ内には多数の飲食ブースや企業の宣伝ブースあり、
いつもジャージを着た観戦客であふれていて活気があり、うろうろしているだけでも楽しいです。
LAという大都会にあるため、試合前はNBAでもNHLでも周辺道路が渋滞、かつ一方通行規制などがあるため、
車でアクセスする方は知らぬ間に逆方向に誘導されたりしますのでお気をつけて。
周辺には公式、民間含めて多数の有料駐車場があり、アリーナの道をはさんで向かいにあるLA LIVEというエリアにはラジオ局、テレビ局などの放映があり、今まさにステープルズセンターでやっている試合の生中継をやっていたりします。
LA LIVE内のレストランやバー店内では、その時々のスポーツの試合が放映されています。
アリーナの横には、今回は行き忘れたのですが、コービーのショップがあります。
最新のコービーのアパレルやシューズ、コービーデザインのTシャツやスエットに自分の名前をカスタムで入れられるサービス(有料)などもやってます。周辺にはホテルも多数ありますよ。
ステープルズセンターとLA LIVEのエリア全体をあわせて、アリーナという印象です。

さて、ではこの旅最後の試合観戦に向かいましょう。
試合前の様子は次の記事で。
  1. 2014/04/19(土) 21:41:44|
  2. NBA2013-2014

【現地観戦4日目Mar.28.2014②・観戦】メンフィスグリズリーズvs.ゴールデンステートウォリアーズ

いよいよNBA屈指のディフェンシブチームVSオフェンシブチームのゲームが始まります!
わくわく。

画像 002
今季からダブスに加入したイグダラ。
攻守に渡ってダブスを支えるベテランプレイヤー。イグダラがウォリアーズに入ったと知った時
やばい、ウォリアーズめちゃめちゃ強くなる、と思いました。
試合後のインタビューを聞いていても、謙虚で堅実、精神的にも成熟したプレイヤーだなと思います。

画像 006
ジーボ、気合が入ってきました。

画像 008
ティップオフ!
ボーガットとガソルです。

画像 010
気が向いたら断片的にパシャパシャ撮っているだけなので、
試合の流れを追いかけての解説などはいたしません。
解説するとしても、写真を見て、思ったことを適当に書くだけで~す。
これは、ガソルのスクリーン。(見たらわかるって)←この程度です…

画像 011
ガソルはフリースローをもらうのもうまい。

画像 012
ベンチに座るトニーアレンと何度か目が合ったような気がしたのは、
100%錯覚でしょう…グリズのベンチの雰囲気、すごくよかったですよ!

画像 018
クーファスとカレイテス。
そこはかとなく…というより、かなり似てるこの2人。
どこがって…???

画像 024
アレン、ベロ出し。

トニーアレン、オールディフェンシブ1stチームに選ばれるほどディフェンスの名選手ですが、
我が家では何と「おっちょこちょい」と呼ばれてます。(ひどい!)
昨シーズン、POの対OKC戦で、コートサイドにいたアレンが振り回していたタオルをコート内に投げ込んでしまい、フィッシャーの3Pを妨害したとしてテクニカルを取られたのを覚えてらっしゃる方も多いかと思います。
あの時のアレンのリアクション、今でも忘れられません。
彼は敬虔なクリスチャンですがやっぱりそういう時は「OMG!」って叫ぶんでしょうか…
そういうおっちょこちょいを差し置いても、アレンのディフェンスは素晴らしい。
今年はちょっと得点力が落ちたかな?という印象だったアレンでしたが、
私たちが観戦したこの試合、得点こそ2点どまりでしたが、攻守に渡って素晴らしい活躍を観ることができました!
特にスチール2本は「さすがアレン!」という感じでした。

画像 035
カリー同様、父親がNBA選手のサラブレッド、クレイトンプソン。
カリーと2人合わせて「スプラッシュブラザーズ」と呼ばれる人気デュオです。
この日は全体的に調子があがらず、集中できていない感じでした。ウォリアーズは全体的にそんな感じでした。
ゲーム序盤、ボーガットのトンプソンへのスローインを、トンプソンは背中を向けていて完全にスルーしてTOとなってしまいました。ボールに意識をまったく向けてなかったトンプソンのせいだと思うんですが、
Shaqtin' A Foolではボーガットのネタになってました。(スローインする人の責任?まぁあの場面だと普通カリーにパスするものなのかな)
LALニックヤングの入ってないのに3ポイントポーズ、SASのコヨーテの目玉はずれ事件、そして3つ目がボーガットからトンプソンへのスローインスルー、
この週のShaqtin' A Foolのトピックのうち3つを自分の目で、生で、観てしまいましたよ…

画像 037
スペイツとガソル。
スペイツは外見がINDのデビッドウエストに似ているのですが、いやあ、いい選手ですね~
フィジカルが強く(たぶんメンタルもタフ。顔にそう書いてある)リバウンドが強くて、インサイドでかなりの存在感を示していました。
しかもミドルショットもうまいじゃないか~~~
外見だけじゃなく、プレーまでウエストっぽかったぞ。そんなこと言ったらスペイツに怒られるかもしれませんが。

画像 042
マウスピースをくっちゃくっちゃとあちこちに動かしながら噛むカリー。
ぽろっと口から落ちることってないのかね。

画像 051
プリンスの手前にスペイツかボーガットがいたら
プリンスの頭しか見えないんだろうなと思うくらい細いな。

画像 052
画像 056
カリーにはコンリ―が、コンリ―にはカリーがマッチアップ。

画像 065
トレードデッドライン直前に、トレードを言い渡され、ベイズモアやブルックスとトレードされて
ウォリアーズにやってきたスティーブブレイク。
PGの控えとしてがんばっていました。スリーも決めてたよ!

画像 071
リーはスーツを着てベンチに。
でっかいから遠目で見ても目立ちますね。
おっ、期せずして写っていた、マークジャクソンHC。
つい先日、マークジャクソンの持つ通算アシスト記録をLALのスティーブナッシュが抜いて歴代3位になったということで、歴代4位のアシスト数を持つ優秀なパス優先型のPGでした。

画像 003
ベンチのジャメインオニールとイグダラ。
その向こうにいるのは、ジョーダンクロフォード。
12月に前チームのボストンセルティックスでプレイヤーオブザウィークを獲得したかと思いきや、あれよあれよという間にトレードでウォリアーズへ。
トレードによる人員(しかもチームのエース級の選手も多し)交替が多すぎて、なかなか頭がついていかない
NBAビギナーは私であります…

画像 005
ジーボにはドレイモンドがマッチアップ。
ドレイモンドは、この日は出ずっぱりでしたよ!

画像 014
アレンとカレイテス・オンザコート。

画像 015
ジーボのフリースロー。
覚えてないけどこれ、絶対外してるよな。でも、この表情、かわいいい~~~~~っ

画像 017
フリースロー、ビッグマンの中では上手なほうだとは思うのですが
ここぞというところで外してしまうイメージがあります。違ったらゴメン。そういう試合ばかりたまたま観ているのかも。

画像 021
ミラーも出てきました。
ヒートでそうだったように、クラッチタイムの救世主となるか?
昨年のファイナル第6戦、靴が脱げているにも関わらずミラーが放った3ポイントが、
あの試合の流れを大きく変えてしまい、スパーズは敗れ、ヒートに勝利を呼び込みました。
正直、ヒートがよく手放したなぁと、移籍のニュースには驚きました。が、何となく、ミラーにはグリズリーズの水のほうがあっているような気がします。
この日は残念ながら調子はよくなかったですね。
ミラーのスリーが何本か決まっていれば、グリズに勝機があったと思うのですが。
とはいえ、ダブス側もトンプソンらが調子が悪かったので、まぁお互い様かも。
人間なので好不調の波はいたしかたない、その時にチーム全体でどれだけカバーできるかで勝敗が決まるのでしょうから。
画像 033
タイムアウト中のダブスの面々。
画像 034
タイムアウト中のグリズの面々。
画像 039
何ちゅうか、どの選手も適度にりら~~~~~っくす。
プリンスの表情が和みます。
画像 004
プリンスかわいい~

画像 005
ドレイモンド、的確にジャッジを説諭。引き際もわきまえていそうです。

画像 007
今日の主役になるはずのバーンズ。
特に目立ってはいなかったですね。

画像 026
この時マークは何やらすごく怒っていた。何があったかは覚えていないけど…コンリ―がなだめていた。

画像 032
インタビュー時はちゃんと笑顔で愛想のいいカリー。

画像 013
ベイレスとトレードされてグリズにやってきたコートニーリー。クイックネスがあり、インサイドはもちろんアウトサイドシューターとしても、またディフェンス面でも定評のある選手ですが
ベイレスもそういうイメージなので、何故入れかえたか正直よくわからない。
ただ、リーはうまくグリズにはまったな、という印象。グリズの戦力を確実に底上げしたラストピースとなりました。

画像 025
ベイレスがいる時は何となく「ガードの1人」というイメージだったコンリ―でしたが、
色々な意味で独り立ちしたことで、今季大きくスコアリングPGとして成長を遂げました。
見事なクロスオーバーは必見!
ただ、この日は実はカリーにアンクルブレイクやられちゃいましたけどね…会場がやたらめったら盛り上がっていました。
コンリ―はディフェンスもいいのですよ。しつこくしつこくカリーにくっついていきます。

画像 032N
練習時間中は笑顔も見せるカリー。このオンとオフの切り替えに、カリーファンはときめくに違いない。

画像 033
イグダラが近くに来ると大喜びしてシャッターを切る手が止まらない。
イグダラはジャージもしっかりショップで販売されていました。
ドレイモンドのジャージがなかったんですけど(怒)。

画像 028
画像 044
トンプソンにはリーがすすすーーーっと近づいてゆく。トンプソン、ちょっと嫌そうじゃない?

画像 046
画像 049
画像 051
はいはいはい、カリーとコンリ―のクロスオーバー対決ですよ~

画像 053
画像 054
ジャメインオニールのフリースローは、ダブスファンの間でもネタになって、みんなが座席で真似するほど
ボールのリリースが遅い!いつまでもボール持ったままためてます。
このタイミングに慣れないとリバウンドに飛びだしてしまいそう。

画像 058
うーん、トニーアレンと目が合っているという幻想をどうしても捨てられない…

画像 060
4/10のナゲッツ戦はスプラッシュブラザーズナイトだそうですので、
ナゲッツの選手はスプラッシュをあげられないように頑張ってほしいものです。
何か特別な催しでもあるのかな?
(ちなみに試合結果を確認したのですがDEN100-GSW99でダブスは試合を落としています。が!!!!カリー24点、トンプソン21点と得点の半分ほどを2人で叩きだし、明らかにスプラッシュブラザーズナイトだったようです。)

画像 067
正直、この試合はグリズのほうが集中できていて、ダブスはちょっと…という中、エースのカリーだけが一人で点数を重ねていました。
カリーだけで33点。トンプソンも14点でしたが、本調子の時のトンプソンとはちょっと違いましたね。

画像 071
画像 073
一方、グリズ側はプリンスやアレンなど今季やや不調の選手も攻守ともに好調で、
ガソル、ランドルフ、コンリ―、リーなどはいつも通り安定したプレーをみせてくれました。
チームの総合力としてはグリズに軍配があがりそうでしたが、得点ペースがいつものグリズのそれよりハイペース。
ということはカリーのペースに乗せられているということですよね…

画像 085
画像 088
画像 089
画像 001
グリズのディフェンスはやはり一見の価値あり。
ミスマッチが起こっているとすぐにカバーが飛んできます。
まぁそのカバーに対して、ドレイモンドがすぐまたカバーに来るんですけど!

画像 009
カリーにはトリプルチーム!?

さて、ここまで、ぺたぺたと無駄にたくさん画像を貼りつけてきましたが、
本日のお宝画像はこちら!

画像 015
ジーボ、リップぬりぬり~~~~!!!!!
画像 016
ぬりぬり~~~~!!!!!
画像 017
かわいーーーーい!!!!!
画像 019
この瞬間を目の当たりにできただけでも、ここに来てよかったと思った…

画像 026
画像 028
ドレイモンドのすばらしすぎるスクリーン。
私が「ドレイモンドのスクリーン、すごくない?すごくない?芸術の領域だよね!?」
と何度も試合中大騒ぎしていたので、息子は「そーお?」とちょっとウザそうでした。
たぶん観ているところが違うんでしょう…
いや、本当に、完全にディフェンスが止まるんですから!!
画像 031
この日のドレイモンドはプレイタイムも長くて、本当、いいもん観ましたわ~~~~

画像 033
画像 035
それから、やっぱりトニーアレンのディフェンスね!
画像 036n
スチールとかありえないくらいうまい!!!
今取られた人が、直後にまた取られる。一瞬の心のスキを見逃さないんでしょうね。

画像 037

画像 049
ジーボとドレイモンド。
キューテストオブザデイ…

画像 053
グリズの奮闘むなしく、ダブスに、いえ、カリーに負けてしまいました。
最後はダブスファン、総スタンディングオベイション!!!
MEM93-GSW100。
グリズは最後の最後まで粘って、カリーのクラッチに撃破された形での敗戦となりました。
カリーはやっぱりすごい選手です。オールスターというのはこういうところで結果を残せる選手なのかと
改めて思いました。
今回の旅行では、全部で5試合観戦したのですが、
一番「ひりひり」したいい試合となりました。
私と息子は二人で口々に、グリズのディフェンスを称えながらホテルへの帰路につきました。

画像 059
夜のオラクルアリーナ。

wayback.jpg
帰りもBartで帰ったのですが、観戦後ならばこんな風に観客が同じ方向にたくさん帰るので
危険はありません。
むしろ、「アメリカで電車がこんなに満員なんて…」ってくらいすごい熱気の中、
若者ファンの多いダブスのことですから、電車の中で騒いだり踊ったり歌ったり抱き合ったりキスしたり叫んだり…何ちゅうか、うるさいくらい人が多かったです。

toairport.jpg
往路と同様、Bartの行く先には注意して乗り込んでくださいね。サンフランシスコの方に戻りたい時はこの表示の行き先のBartに乗るように!

まとめ。
ゴールデンステートウォリアーズのオラクルアリーナでの観戦は、
サンフランシスコ国際空港からBartで1本、所要時間ちょうど1時間ほどでアクセスできるので大変観戦しやすいと思います!初観戦にはオススメ。ホテルなどの物価は高めです。
  1. 2014/04/17(木) 22:33:15|
  2. NBA2013-2014

【現地観戦4日目Mar.28.2014②・試合前】メンフィスグリズリーズvs.ゴールデンステートウォリアーズ

グリズ対ダブス(Dubs)の試合前練習の様子です。

画像 007
グリズは何気に好きな選手が多い私…(ちなみにNBA中で一番好きなチームはサンダー、二番目がちょっと離れてグリズです)
このテイショーンプリンスもその一人。
今季はスタッツが今ひとつぴりっとしない感じですが、NBA選手にしてはひょろっと細長過ぎる体、体と同じくらい細長い顔、その細長い体よりさらに細長い手足…誰にも似てないから絶対に間違えないし、
はじめて名前を知った時は「この外見でプリンス…(笑)」と失笑を隠せなかった人は私だけではないと信じたい。
身長206cmに対しウイングスパンが218cmという長さに恵まれた腕を生かしたディフェンスに定評がある選手で、
普通に通る上からのパスが、長い指先に引っ掛かってスチールされてしまうのを
つい昨日も観たなぁ。
おだかやかで、ほんわかしたオーラを醸し出していて、この日も試合中以外はいつもにこにこして
誰かと軽口を叩いていた。
プリンスのまわりの人はいつもつられて笑顔になっていました。
仲よさそうに話しているのは…ウォリアーズの…誰かしら。ジャメインオニールじゃないし。うーん?

画像 011
昨年ディフェンシブプレイヤーオブザイヤーを獲得したマークガソル。
個人的にはディフェンスならマークよりあの選手…と思わなくもなかったが、ディフェンスだけでなく得点力やパス(アシスト)能力などのオフェンス面、また、チームの精神的支柱としてもグリズを引っ張って行っているガソルですので、
総合的に判断されたなら納得。
パスに関しては、「マークほどのビッグマンがこのパスワーク!?」と思うような、針の穴を通すようなパスを繰り出して驚くことしばしですが
マークは飄々と「パスはまわりをよく見て出しているだけ」とのたまう、天性の視野の広さを持っている選手です。

画像 016
兄ちゃんのパウガソルもそうですが、ゴール下でパスを受け、ないしはリバウンド後、相手ディフェンスをゴリゴリやってのフックシュートはスペインの国宝級!(イバカのブロック、ルビオのパスと共に)
今シーズン序盤は故障のため試合を長期欠場していたガソルですが、その間のグリズリーズの試合結果を考えると
ガソル復帰後の安定感は特筆もの。
今回、はじめてマークの練習や試合を観て、パウと比べてみると
パウのほうが優しいというか(そのことでパウは批判されていた時期も)、マークは結構チームメートや自分のプレーに対して腹を立てたり、それを態度にも出したりしてましたね。そしてそれはチームの勝利のためなんだろうな。
マークのような支柱がチームを支えているから、グリズリーズというチームは、
一人の人間の手足のように、チーム全員が同じ方向を向いてプレーできるのではないかと思います。

それにしても兄弟で(もう一人下に弟がいますが)NBAのトップクラスの選手だなんて、本当にすごいことですね。

画像 012
このまま行くと、メンフィスに応援に行ったみたいな記事になりそうだけど、
グリズベンチ側のゴール裏席なので、こっちにはグリズばっかり来るんですよ。申し訳ない。

一番最初に登場して、誰よりも長く練習していたのがジェームズジョンソン。
今季、かなりの調子のよさでグリズを支えているジョンソンをたたえ、
2月下旬だったと思いますが、先着何千名かのファンにジョンソンの首のタトゥシールがプレゼントされたのは記憶に新しい。
ジョンソンの首には「NAYMIN」という彼の息子の名前が彫られているが、ファンにプレゼントされたのは「GRIZZLIES」。ファンたちがうれしそうに首にシール貼ってる写真を見て、「いいなぁ」と思ったものです。
首のタトゥもばっちり撮っておきました!
画像 015
グリズリーズで事前練習に出てきていたのは、
ジョンソン、プリンス、コンリ―、ガソル。ザックもいたかも…結構スタメンも出てきていて、目が離せなかったです。

画像 018
ダブス側は、アンドリューボーガットが練習。
ど、どでかい!ハワードもでかかったし、前述のマークガソルも「大きいなぁ」と思ったけど
ボーガットのでかさって…横幅もしっかりあって、「山のごとし」。
でも「動かざること」じゃなくて「動ける」山なんだよなぁ、パスも上手ですしね。
最近は怪我がちなのが心配です。

画像 021
ダブスには数多くの若手有望スター選手がいますが、その中で
最も私が好きな選手がこの選手、ドレイモンドグリーン!!!
地味なんですよ、誰それ?って言われるんですよ、でもいいんですよ。
ダブスの試合では自らぴかーーーーーっ!!!と光を放つカリーやリーやトンプソンやバーンズ…(いっぱいいるなぁ)などの選手が派手なオフェンスを繰り広げるため、
グリーンに注目して試合を観る人はあんまりいないと思うのですが
何の何の、カリーの華やかなスタッツや記録をベースのところで支えているのはドレイモンドですから。(たぶん)
サンダーで言うとコリソンみたいなさぁ、ヒートで言うとバティエみたいなさぁ、
「スタッツだけ見ると地味だけど+/-だとチーム1番じゃね?」「この人がしたファウルなら、意味のあるファウルなんだろうな」みたいな選手、ベテランに多いのでしょうがどのチームにも一人欲しいタイプの選手がいますよね?
そういうプレーをできるのが彼です。
この若さで、この成熟。
私は今日は、ドレイモンドを観にきましたから!気合です。

画像 020
双方のチーム練習がはじまりました。
スター選手たちも出てきて観客の前でシュート練習をします。

PGのカリーとコンリーが挨拶。
画像 027
ぬっと背後にそびえ立つマークガソルともグータッチ。(この挨拶、何て言うの?)
カリー、いつもの無表情。
画像 029

画像 033
丸顔にぷっくりした体型(とは言っても筋肉でしょうが)が「かわいい」と女子人気も高い、ジーボことザックランドルフ。
顔と体は確かに丸っこいですが、手足がすごく細くて長い!
そして、想像していた以上に本当に「かわいい」!
いや、驚きのかわいさだこれは…

画像 002
グリズのチーム練習風景です。
何度も言い訳しますが、今日はダブス(ウォリアーズ)のホーム・オラクルアリーナでの観戦なのですが
座席がグリズリーズベンチサイドのゴール裏なもので、写真がグリズばっかりです。
列に並んでシュート練習~
マーク、コンリ―、ジョンロイヤー、コート二ーリー(何だろうこのちょい変顔。癖みたいですね。プレー中はあんなにかっこいいのに。)、エドデイビス、ジーボ…

画像 007
リー、デイビス、ジーボ、クーファス…
画像 009
ジーボ、クーファス、ワオ!マイクミラー!、ワオワオ!トニーアレン(好き)、ジョンソン。
画像 013
ミラーはスリー狙ってます。
画像 018
ジョンソン、プリンス、そしてマークに戻りました。これで全員いたっけ?誰か足りない気が…
画像 022
さて、いよいよ試合のはじまりです。
リー、まだこんな顔してます…バスケがめちゃめちゃ上手い人に見えないわ~

画像 023
ダブスファンは、熱狂的なことで知られています。
今まで観たどの試合より、チームのジャージやTシャツ着用率が高い!気がする。
レギュラーシーズンにも関わらず、客席が青と黄色(と白)で埋め尽くされています。
ダブスファンに若く、かつ熱狂的なファンが多いのには、一節によるとウォリアーズのSNSによるファン獲得・拡散のしくみが成功した結果のようです。
実際、アリーナで全プレをもらうのにもFBにチェックインさせるなど、様々なキャンペーンを貼り、
ファンを獲得・拡散・持続するためのコンテンツを随時展開しているよう。
お互い顔を知らなくてもファン同士の横のつながりがシナプスのように拡がり、盛り上がった結果、
オラクルアリーナでのあの熱狂につながるというわけです。

blue.jpg
開会式。会場がブルーに染まります。
opening.jpg
GSWの大きなチーム旗が舞い、ビジョンではサンフランシスコの街を選手が駆け抜けるイメージ映像が流れます。
かっこよかったですよ~
画像 026
ダブスの掛け声「Just Us!」を見そこないました。
気づいたら終わってた~ほんの一瞬なんですね~
選手紹介で改めて思ったけど、華やかで若手のスター選手がたくさんいるチームだなぁと改めて再確認。

画像 029
グリズは…ちょっと地味というか、むしろ滋味?(ゴメン)
おっデビッドイエーガーHC写ってた!(全然意識してなかった)

画像 034
スターター5人と、HCが出そろった唯一の写真。
観戦の模様は次の記事で。
Go Grizz!
  1. 2014/04/16(水) 11:08:20|
  2. NBA2013-2014
次のページ

プロフィール

adelinX

Author:adelinX
NBA観戦歴4年目のひよこNBAファンaderinです。
NBA現地観戦記録を記していきますので不定期更新。
全30チームのアリーナを制覇するのが夢、現在8アリーナ16チーム16試合観戦済!
#MambaDay にコービー現役最終戦を観戦しました。
ブログタイトルはRoad To NBAの略です。

※写真はすべて管理人aderinがコンデジや携帯で撮影した画像となっております。著作権は放棄しておりませんので、二次使用はお控ください。
管理人が撮影したものでないものなどは脚注などで補足するようにします。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

NBA2012-2013 (6)
現地観戦準備2013-2014 (17)
NBA2013-2014 (20)
現地観戦準備2014-2015 (6)
NBA2014-2015 (29)
試合以外 (10)
NHL (3)
未分類 (0)
NBA2015-2016 (13)
Mamba Day (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。