FC2ブログ

トラベリングNBA

aderin一家の暴走NBA現地観戦記録。

オーランドに突撃!

1月下旬以来、綱渡り状態ではあるものの、ほとんど奇跡のような快進撃を遂げ、
オーランドマジックは、レギュラーシーズン1試合を残し、東地区の8つのプレイフスポットのひとつに
滑り込んだ。
翌日RS最終日に、デトロイトピストンズも最後の1スポットを手にし、
ブルックリンネッツ、オーランドマジック、デトロイトピストンズ、シャーロットホーネッツ、マイアミヒートの5チームで
最後の3スポットを争う、熾烈な戦いは終わりをつげた。

次に渡米するまでにカンタンでいいからまとめる所存です。
無理かもしれないけど。
スポンサーサイト
  1. 2019/04/19(金) 11:29:10|
  2. NBA 2019PO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2018-2019現地観戦】Dec.31.18 アリーナでサイン!とSpectrum Centerの様子

13_2019061812295782c.jpg
  1. 2019/02/23(土) 12:54:03|
  2. NBA2018-2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2018-2019現地観戦】Dec.31.2018 雨の中の入り待ち

2
アリーナ周辺をぐるりと一周している時に、
明らかに
「むっ、ここが駐車場の出入り口だな」と思った場所がありました。

3
この写真手前のHYATT HOUSEが我々の泊っているホテルだったため、
本当に真横というより、ほぼくっついている状態。
その周辺で「入口ここかな~」とうろうろしていたら、何と前方からマジックのアミールジェファーソンと…他2人(ブリスコーとコペインかなぁ、ちょっとすれ違うのが早すぎて顔見る暇がなかった。もしかして選手じゃなくスタッフだったかも。アミールは間違いないですが)が歩いてきて
私はあわててしまい、すれ違いざまに何を血迷ったか
「ハロー!」
って言ってみたけど、怪訝な顔をされました。
その時はNBAグッズのひとつさえ身につけていない、ただの東洋人だったので仕方ありません。

そうそう、書き忘れていましたが、マジックのシャーロットでの宿泊先はわかっているので
3時間前くらいから出待ちしようかなと思っていた矢先、マジック公式のツイートからマジックが当日移動なことがわかったので
人生二度目のホテル出待ちはなくなりました。
(初めての出待ちはメンフィスで、偶然泊まっていたホテルがスパーズの宿泊ホテルでした)

9
入口がわかったので、息子と話して「入り待ちでもしてみっか。」と小雨降る大晦日のシャーロットで
2時間ほどの出待ち。
何とかトニーパーカーと息子を間近で会わせてやりたかったのですが
アリーナのゲートオープン1時間前になってもトニーはアリーナに来ませんでした(何ぼほどアリーナ来るの遅いねん)。

4
待ってる間に、当然マジックの選手を乗せたバスも入っていきましたが
完全スモークガラスで中が全く見えなかったです。
アミールたちがなぜ歩いてアリーナ入りしたかはよくわからないですね…

5
これが誰の車とは言いませんし、他にも一応何枚か車の写真は撮りましたが、
デボンテ、フランクは私たちの前をスルーして入って行きました。
雨模様ですのでそもそも窓を開けてくれるハードルが高そうですし、私たちの他には誰一人入り待ちをしていなかったので
もしかすると普段からシャーロットは入り待ちする習慣がないのかもしれません。

10_20190618122953e31.jpg
他にも、こちらもすれ違ってから気づいたので大ポカなのですが
デルカリーも私たちの背後から徒歩でやってきて、さくっと抜かして、駐車場入り口から徒歩で入っていきました。
カリーママがそこいらまで車で送ってきて、落としていったのではないかと思われます。
仕方ないので、出勤するデルカリーの背中だけ見ていってください。

11_20190618122954bdf.jpg
前日に今季が終わってしまったパンサーズの車が何回もアリーナのまわりを周回していました。

前述通り息子は、雨の中2時間ほどトニーへのメッセージボードを捧げ持ったまま待ち続けたのですが
アリーナ開場である1時間前になっても結局トニーは現れず、会えずじまいでした。

アリーナ駐車場のスタッフさん、ガードマンさんが中のスタッフに電話して
「トニー本当にまだ来てないよね?」と確認もしてくれたのですが、本当にまだ現れておらず
実はもう少しだけ根気よく待っていれば来たようなのですが、というのは
アリーナのドアオープンから少し遅れて中に入ってみると、そこにトニーパーカーが来て
シューティングし始めたからです。
本当にギリギリに来て、素早く着替えて、シューティング。さすがベテラン…さすがフランス人…
UTAでもルディがアリーナ入りした最後の選手でした。

この日の座席は、息子が私に気を遣ってくれてマジックベンチ側でしたので、トニーは反対側でシューティングをしていて、
ファンサービスに遭遇するチャンスを逃してしまいました。
まぁトニーって、あまりしなさそうですけど、ただの勘ですが。

ところで、入り待ちが全くの空振りに終わったかというと実はそうではなく
実は私的には素晴らしいことがありました。

ボケーっと先ほどの駐車場入り口で待っていたところ、黒いセダンが来て停まり、車の足回りのセキュリティチェックをしたスタッフが私の方を見て「早く早く!来い来い!」と手招きしているではないか。
スモークガラスの窓が開き、運転席には知らないおじさん。

(おじさんには用事ないんだけど…)

といぶかしく思いながら駆け足で近づくと

助手席にMKG!!!!!

14番のジャージを着てぼけっと立っていた私をMKGが見つけて
車を停めて窓を開け、呼んでくれたのです…

何ということでしょう…

思わず

「ああっMKG!」と口に出てしまい、後から思えば呼び方MKGでよかったんだろうか等いろいろ後悔だらけですが
「停まってくれてありがとう」と(英語で)言いながら手に持っていたキャップとペンを差し出すと
MKGが受け取りさらさらっとサインをしてくれてる最中に、
キャップが“MKG以外の選手用”であって
“MKG用”は先ほどファンショップで買ったばかりのシティエディションのジャージがあったことを思い出し
(一緒に手に持ってるのになぜ忘れるのか謎なんですが)
慌てて
「ごめんこっちでした!」と日本語で差し出してしまった…
動転しすぎだろ俺…

運転手のおじさんはMKGに「いいの?」と言ってましたが
MKGは「いいよいいよ!」と言いながらジャージにもサイン。

その時、写真も撮りたかったが、車の奥にスマホを向けるのも失礼なのでセルフィや画像はないけれど
もう…
何というか…

一生ついてきます。

って感じでした。
MKG、何て優しい…何てかっこいい…
ぶっちゃけもう試合どうでも…あ、対戦相手マジックだった。
MKG応援したいけど、マジック戦。
もう今日だけホーネッツファンでもよいだろうか。
いやさすがにマジックファンのはしくれとしてそれは…でもホーネッツも好きだし…

そんな悶悶はさておき、
雨が気にならないほどのぼせあがってしまったaderinでした。

12_201906181229564d4.jpg
シャーロットの市外局番の704がデザインされたレトロなキャップとCity Editionのジャージに
MKGからいただいたサインはこちらでございます。

大切にします。
  1. 2019/02/22(金) 12:52:53|
  2. NBA2018-2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーネッツファンショップの様子

17_2019061209463384f.jpg

試合前にいろいろ仕入れに、アリーナ併設のチームショップへGO!
12/31の大晦日ですが通常営業です。

1
入るなり、息子と二人で
「うおおおおおおお」と声をあげてしまいました。

2
何と言ったらよいのか、今まで10アリーナほどまわりましたが(LAL LAC SAS GSW CHI DAL MEM OKC WAS)
はっきり言って今までで一番オシャレ!スタイリッシュ!

3
30周年ということもあり、Mitchell&Nessなどのレトロなラインも豊富にそろっていました。

18_201906130908121e2.jpg
ど派手なジャケットの数々。うっかり買ってしまったら日本ではとても着れない…
いやうちの家人は私以外は結構こういうの着るけど…

4
もちろん各選手のジャージも!
ぱっと見た感じ「あの選手のジャージがないな」という選手はいなかったと思います。
それだけでも今までにない体験ですよ。素晴らしいと思います。
エースケンバはもちろん、スターティングファイブのもの(MEMなんかスターターでもコートニーのジャージありませんでしたからね。そういうチームはだいたいサイズも全然在庫がないんです。LAL、SAS、UTAも同様で、要は在庫管理が杜撰)から

5
移籍してきたヴィリーやルーキーのデボンテ、マイルズのジャージも当然のように揃っていました。
Two wayのマクラやジョー・チーリーのジャージがあったかはチェックしていませんが、
それはさすがに見当たらなかったような気がします。

20_201906130912310fe.jpg
ラムのものだけでもこの3種類プラス白レトロしましまの4種類。サイズもしっかり在庫アリ!

9
さらに、もしもお目当てのものがなくても全然問題なし!
店頭の棚にないもの(があったとしたら)、またはオーセンティックジャージはこちらですぐに作ってもらえます。

8
うっかりオーセンティックのトニーパーカーのジャージに手を出しそうになりました。

6
どこのチームでもキャップの棚はかなりデザイン豊富なのですが
ホーネッツのキャップの棚は
「え、選べねえ!!!」ってうれしい悲鳴があがるほどデザインもかわいくて。

13_201906130907545fb.jpg
レトロなデザインのキャップ棚の前で悩みすぎて動けなくなる。

14_201906130907564fd.jpg
せっかく今季訪れたのだから30周年ものは何かほしい気がする。
デザインは他のやつのほうが好きだけど…

15_20190613090757619.jpg
悩みすぎて頭が沸騰しそうです。
どれもこれもかわいすぎる。
21_20190613091233f7a.jpg
悩む様子。結局この中から複数個(3つだったかな)買ってしまうのである。
ただ、キャップは山ほどあるのに
ニットキャップが1種類か2種類しかなくがっかり。
WASで買った耳当てつきニットキャップがすごく気に入ったのでCHAのものも欲しかったのです。
季節がらあるかなと思ったんですけどね…まぁこの日は23℃くらいあったので不要と言えば不要だったのですが。

7
WASでもG-Wizのぬいぐるみを買おうか、悩みに悩みましたが、
CHAでもHugoのぬいるぐみの帽子やぬいぐるみを買おうか悩みました。
ひとまず、思いとどまりました。

23_20190613091236c2a.jpg
なぜなら、とりあえずかぶってみたら、全然かわいくなかったからである。

10_20190613090730155.jpg
さすがマイケルジョーダンがオーナーなだけあって
MJのコーナーがありました。
ちなみに、NBA30球団のうち、このシャーロットホーネッツだけが
すべての商品が「ジャンプマンロゴ」なのです。他の29球団はナイキのスウォッシュ。
それだけ3割増しくらいにかっこよく見えますからね…ずるいですよねぇ…

16_20190613090809077.jpg
MJのノースキャロライナグッズや、ゴルフウエアもありました。

17_20190613090811c2f.jpg
各種エアジョーダンも大人サイズはもちろんベビーサイズまで揃っていました。

11_201906130907529ba.jpg
文房具、スクールグッズ、応援グッズやタペストリー、ワッペン。

24_20190613091238b2e.jpg
このラインストーンのステッカーかわいい!
今みてもかわいいです。買えばよかった。使うところないけど。

25_20190613091252ada.jpg
ステッカー各種。
いつものようにスーツケース用に透明デカールを買いました。

22_20190613091234e7d.jpg
選手にサインを頂く時に超愛用しているSharpieのホーネッツカラーのものまで!ロゴ入りです。
思わずまとめて購入。市販のものは1~2ドルなので、少し割高です。

12_20190613090753350.jpg
ハンガーを利用したホーネッツカラーのクリスマスツリー、アイデアがあってセンスよくてかわいかったです。
ヒューゴの小さなマスコットがオーナメントとして飾られていました。

26_2019061309125454a.jpg
結局ジャージ3枚(ケンバ白レトロ、MKGシティ、トニーシティ)と、帽子3つくらいと、ステッカーと何かのワッペンと
シャーピーと…それなりに大人買いして、ショップを後にしました。

1
MKGのジャージや、他のデザインのキャップも買ったのですが、なぜか撮影していないという。
どれもこれも欲しくて、めちゃめちゃ悩ましかったけど楽しいお買い物でした!
  1. 2019/02/21(木) 17:58:18|
  2. NBA2018-2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャーロットへ

1

名残惜しさばかりが残るワシントンDCを早朝に発つ飛行機に乗り、
一路シャーロットへ。
そういえば書いていませんでしたが、滞在中の気候が年末の割にはかなり暖かく
最も寒かったのがFedEx FieldでLYFTを待っているときで、その時でも10℃くらいはあったんじゃないかな。
DCでも日中は20℃弱あり、穏やかな晴れの天気だったのですが
行先のシャーロットは、天気は雨模様、予想最高気温が23℃という暖かさ。

空港に降り立った時は、けっこう着込んでいるのもあり、むしろ暑いくらいでした。

2

早朝便だっただけあり、到着が9時ごろだったでしょうか。
空港にもあまり人がおらず、日本の年末の賑わいとは全然違った感じ。

3
バッゲージクレイムにパンサーズの看板があり、シャーロットにいるなぁと実感できてときめきました。
前日はレッドスキンズの試合を観たのですが、パンサーズの試合がホームであるならば
一日早くシャーロットに移動しようかなとチェックしたところ、残念ながらパンサーズはアウェイゲームでした。
レッドスキンズ同様、今季のパンサーズはPOを逃してしまったので、試合は同じような感じだったかもしれませんけどね。

4
特に下調べをしていなかったのと、晩の試合まで時間があったこともあり、
どうやってダウンタウンまで行こうかなとインフォメーションに行き、
シャーロットのパンフレットを貰いがてら
「スペクトラムセンターに行きたいのですが、ダウンタウン行きの公共交通機関はありますか?」と聞くと
満面の笑顔でSprinterというバスがあると教えてくれました。

7
インフォメーションの女性はとても親切で、
ダウンタウン周辺の地図と、Sprinterの時刻表をくれて、あれこれ説明してくれました。
真ん中あたりの丸いのがホーネッツの本拠地のスペクトラムセンターで
地図の左のあたりにパンサーズの本拠地のBank of America Stadiumがあり、
ダウンタウンにきゅっとコンパクトにおさまっているので
NFLとNBA両方のファンにはとても良さげ。

6
言われた通りのルートで(あのドアくぐってまっすぐ行ってすぐ、みたいな雑なルート)バスのたまり場みたいな場所に来てみたのですが、看板もなく、行先表示も時刻表もとにかく何もない。
バスが何台か停まっているだけの場所。
なんとなく直感的に、ホーネッツカラーの奥のバスに吸い寄せられたが
行先を聞いてみたら違うといわれ、あっちあっちと後方を指さされた。

なので後方に行ってみたが、バスがいない。表示もない。
いつ来るのかも今いちわからん。
不安になってまたインフォメーションに戻って聞いてみたが、すぐ来るから待っておけという。
戻ってきたついでにバスのチケットはどこで買うのか訊くと
「現金か、〇×▽αβπζ…」と後半ほぼ聞き取れず。
とにかく片道$2.20だということはわかったので、コーヒーショップで水を買い、おつりが出ないらしいので小銭を用意して元のバス待合場所へ戻った。
時刻表によると、公共のバスで10数駅も停まるわりには、DTまで24分の所要時間らしい。
近い。

8
不安な気持ちでちょっと濡れたベンチに座り、それから10分くらい待つと
Sprinter
とサイドにでっかく書いたバスが来た。
これや!!!

9
Sprinterには観光客らしき人はいっさい乗っておらず、明らかに地元民が乗ったり降りたりを繰り返し、
ほとんどの人が何やらパスのようなものを見せたり、
紙の定期のようなものを入れたりして乗ってきたが、結局それらが何なのかは今ひとつわからないまま
本当に20分ほどで目的地に到着。
シャーロットに行かれる方は、
スペクトラムセンターへの行き方はとてもシンプルなので覚えておいてください。

Sprinterというバスに乗る→$2.20払う(おつりは出ません)→終点で降りる。所要時間は23~4分です。
田舎道なので渋滞らしい渋滞もなし。
ちなみに終点の駅名はCharlotte Transportation Centerです。
バスを降りると目の前にどーんと

10_201906120940083ed.jpg
スペクトラムセンターなので、間違いようがありません。
とても便利です。
帰りはここが始発なので空港に戻るときも使えます。始発は5:05で空港着が5:28でしたので
7時発くらいの飛行機なら十分バスで行けるでしょう。

11_20190612094627f23.jpg
シャーロットはワシントンDCとは違い、観光できそうなところはNASCARの博物館くらい。
まだ10時半ごろだったかと思いますが、
荷物だけでも置かせてもらおうとホテルへ行くと、もうチェックインできるとのことだったので
ありがたくお部屋に入らせていただくことにしました。
シャーロットはホテルの選択肢が少なく、そのせいでしょうが、DCより割高でしたが、
アリーナにほぼくっついている場所にあるホテルだったので窓からスペクトラムセンターをどーんと見下ろせます。

13_20190612094628d0a.jpg
DCでは二段ベッドでとにかく狭い部屋だったので、この優雅さはうれしい。
ホテルはHYATT HOUSE、アリーナにくっついているので移動が本当に楽でしたし
フロントの女性がめちゃめちゃ感じがよくて、とても快適でした。

5
アリーナ周辺をぐるっと探検。
試合8時間前くらいですかね。このように全くひと気がありません。

1
アリーナにくっつくようにLYNX(交通ネットワーク)の駅があったのでちょっとチェックしてみます。
もしかしたらこの電車で空港に行けるかも…行けないかも…(インフォメーションの女性がその選択肢を言わなかったのでないとは思いましたが)

4
行先を見て、他の路線もWebでチェックしましたが、DTと郊外の住宅街をつなぐ路線のようでした。

2
電車とかバスとか、地元の人が乗っている交通機関にすぐほいほい乗ってしまいます。
このように完全にアリーナの真横。地元のファンは車ではなく電車で観戦に来るのかもしれませんね。

7
アリーナ周辺を見てみます。

8
15番のケンバと30番のデルカリー以外はちょっとわからないですが、ホーネッツのレジェンドが
30周年を彩っています。

9
ケンバののぼりもあります。

10_201906180852482cd.jpg
デル、昔はこんな感じだったんですね。

11_20190618085250269.jpg
二コラののぼりもありました。
MKGのは撮ってないというのはなかったのかな~(覚えてない)

14_20190612094630336.jpg
チームショップが11時からオープンしているようだったので
行ってみることに!

16_20190612094631b4c.jpg
お買い物にレッツゴー!
  1. 2019/02/21(木) 12:45:59|
  2. NBA2018-2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初NFL観戦! week17 PHI対WAS

Week17のフィラデルフィアイーグルス(昨季優勝チーム)とワシントンレッドスキンズ観戦について少し記録しておきたいと思います。

25_20190530084359d13.jpg

ワシントンレッドスキンズの本拠地、FEDEX FIELDは、ワシントンDCのチャイナタウンから17kmほど離れた郊外の街にあり、
車だと30~40分、
公共交通機関だと電車とバスと徒歩で1時間ちょいかかる感じだったので、
LYFT Poolで出かけることに。
LYFT Pool(シェアライド)なので、途中で思った以上にいろんな人が乗ったり降りたりあちこち寄ったため、
1時間ほどかかってしまいました。
息子は助手席で爆睡していましたが、途中からドライバーさんと試合について会話。
「どっちのファン?」
「ええっと、実はどっちのファンでもないんです。初めてのNFL観戦で…でもWASはもう今季最後の試合だから、ホームだしWASを応援します」
「俺はPHIのファンなんだ。今日の試合や他の試合結果でプレイオフ出場が決まるから…」
「PHIが勝ってさらにCHIが勝てば行けるんですよね」
「どう思う、行けると思う?」
「フォールズはやってくれますよきっと。昨季もそうだったし」
「それを祈るよ」
というような他愛もない会話をしているうちにFEDEX FIELDの駐車場入り口のような場所に到着。
「ここから先は入れないから」と言われ、降りて巨大な駐車場を横切ってスタジアム入りすることになりました。

3_20190529084717e10.jpg
NFL名物、テイルゲートパーティ。
試合数時間前から駐車場でバーベキューパーティをして盛り上がっています。

4_2019052908471800a.jpg
もっとにぎやかなのかなと思っていたのですが、
試合直前なのもあってもう片付けしているグループが多かったかな。

5_20190529084719aa8.jpg
あと、何となくなんですけど贔屓のレッドスキンズはQBアレックススミスの怪我もあり
既にプレイオフ進出が断たれていたせいか
全体的に何となくレッドスキンズファンに元気がない印象でした。

明るいうちにとスタジアムの前で記念撮影をしてから、セキュリティゲートに向かうと
「荷物はコインロッカー。所持品は透明バッグに」と注意され、弾かれました。

9_20190529084732f51.jpg

あ~~~~~っNFLはそうだった~~~~~
以前どこかでその知識は入れていたのに、うっかり失念していました。

8_20190529084721c25.jpg

荷物をロッカーに入れ、移動式ショップでレッドスキンズのロゴ入りのビニールバッグを購入。
これはこれでちょっとウキウキするのですが、日本では100均で透明バッグは何種類も売っているので
よほど好きなチームでない場合は買っていくとよいと思います。

再度、セキュリティチェックに行くと、何と財布も長財布なので引っかかりそうになりました。
中身をチェックされて何とかクリアー。
頑張ればナイフくらい入っちゃいますからね、長財布。

10_20190529084734a73.jpg

PHIはWASから車で2時間程度だということと、
前述通りPHIはPOがかかった試合だというのもあり
PHIファンの多いこと、多いこと。
大げさではなく、視界の半分くらいの人が深いグリーンのアパレルを着ていました。

12_20190529084736299.jpg

ショップやフードなどもチェックしたいのですが、まずは座席へ!

13_20190529084737b67.jpg

コンコース(通路)からフィールドに出ると、視界が一気に開けます。
でかい!
…でも何だろう、思ったよりでかくない(どっちやねん)。
いやでもやっぱりでかい!

14_20190529084739d6e.jpg

自席に降りてきました。

15_20190529084750deb.jpg

本日の席はこちら。
セクション110 2列目。ゴール裏の前から2列目の席です。
目の前がカメラクルーやメディアなどがいるので、フェンスからは1mほど離れていました。
NFLはチケットの値段が高い(一説によるとNBAの4倍)と聞いていたのですが、この席はたったの$120程度で、
それはWASの今年の戦績のせいなのか、カードのせいなのか、席の場所が悪いのかわかりませんが、
試合全体の見やすさで言えば、サイドライン(フィールドの辺の長い方)の真ん中あたりで、少し高さがある席のほうがずっと見やすいと思います。
これはバスケも同じなのですが、バスケの場合は、選手がこっちに向かって走って来たり、目の前でダンクが見られたりするのが好きなので私はゴール裏がお気に入り。
ただ、アメフトの場合ゴール裏の席には大きな欠点がありました。それはまた後述。

16_20190529084752bc2.jpg

スケールがでかいので、とりあえず慣れないパノラマ写真が撮りたくなるが、
何度チャレンジしてもがたつきます。

17_20190529084754bad.jpg

自席からの風景。WASの選手がストレッチをしているところです。
18_20190529084755bb1.jpg

少しスタジアム内の探検に出かけます。
まずはお土産を渡したい人がいたので、ショップへ。仮説っぽい感じで、他にもっと立派なショップがあったのかもしれないなと
後から思ったのですが、こちらでToday's itemのニットキャップを購入。
寒いので自分用にももうひとつ購入しました。
何と言っても真冬の野外での観戦です。日が沈めば、どれくらい気温が下がるのか戦々恐々です。
かなりの防寒グッズが売っていて、不安になりますが、
いざとなれば売ってるから買えばいいというのは心強いです。
20_201905290847568d3.jpg
ニットキャップ、手袋、マフラー、ブランケット各種、ダウンコートやスタジャンやダウンジャケット、WASのロゴ入りの椅子用のカイロ(座布団型)まで売っていました。
NFLをテレビで見ていると、贔屓のチームのアパレルで全身固めて応援するファンがとてもたくさんいますが、
ひとえに「寒い」というのも要因のひとつかと思います。
NBAだと室内なので、ヘタすると真冬でもTシャツ1枚の人とかもいますしね…

もちろん選手のジャージやTシャツも豊富。

21_20190529084813120.jpg

コンコースはいわゆるスタジアムですね。日本だと野外の野球のスタジアムが最も雰囲気が近いです。
室内型のスタジアムだとまた違った雰囲気が楽しめるかと思います。

3_20190529091251323.jpg
各種売店、バーなどもあります。息子が空腹らしくホットドッグを買ってほおばっていました。
ぴりっと辛いチョリソーのドッグでかなり美味しかったようです。
私はいつものようにスーベニールカップ目当てにドリンクだけ。
ただ、気温とトイレが心配で、中身は半分にしてもらいました。

4_20190529091252148.jpg
スポンサー企業のプロモーションなども。

1_201905290912484fb.jpg

時系列が前後しますが、こちらはハーフタイム時のコンコースにあるバーでのライブビューイング。
複数のモニターで他のスタジアムで行われている試合を同時生中継しています。
Week17は確か、全試合が12月最後の日曜開催だったと思いますので、
本当に全米16か所で試合があるわけです。

23_20190529084815171.jpg

試合が始まりました。自席からの目線。
前列のおじちゃんの頭がちょっと邪魔ですが、とにかく近い!!!
レッドスキンズの選手の入場シーン、かっこよかったなぁ。
動画も貼れると思うのですが面倒なのでパス。

24_20190529084817c1a.jpg

チアさんのダンスを撮っていたら、気づいて笑顔をいただきました。

25_2019052908481816f.jpg
26_201905290848204ae.jpg

どんどんファンが増えてきたので、回りを見回すとイーグルスファンだらけでちょっとびびりました。

27_201905290848215d4.jpg

エンドゾーンのゴールポストやクロスバー、本当にこの棒だけ???
ヘタするとボールが客席に飛んでくる???
どこかのチームではネットを貼っているのを見たことがあるのですが、このスタジアムではゴールポストが裸ですね。
でも横に綱のようなものも見えているので、
フィールドゴールの時などは網を引き揚げるようです。(たぶん。その後は試合に夢中で、細部をチェックするのを忘れてました)

6_201905290912538de.jpg
日が暮れてきました。
夜のスタジアム、かっこいい。

ここから適当に撮った選手の写真を何枚か貼ります。

1
言わずと知れた昨シーズンのスーパーボウルMVPのQBニックフォールズ。

2
フォールズがStefen Wisniewskiに話しかける。

3
パンターのキャメロンジョンストンのキック。

4
レッドスキンズにも視点を合わせます。

6
レッドスキンズのQBはジョッシュジョンソン。
センターのルーリエからボールを受け取りますが
思うように繋がりません。
というか、全く繋がりませんでした…

8
足元への見事なタックル。

9
コーナーバックのジョッシュノーマン。

10_20190530084345213.jpg
故障でサイドラインにいる正QBカーソンウエンツ。
フォールズが去った今季がキャリアのターニングポイントになるだろうな。
想像以上にイケメンでした。
アメフトはプレー中は顔があんまり見えないので、バスケよりはプレーに惚れて、ヘルメットを脱いだのを見て初めて
こんな顔だったのか!ってこともたびたびあります。

11_20190530084347d31.jpg
12_201905300843489d2.jpg
13_20190530084357571.jpg
この試合も堅実なプレーで魅せてくれたフォールズ。やっぱり頼りになりすぎるぜ…
開幕では先発QBを務めたが、その後はウエンツに先発の座を奪われ再び控えQBに。
しかしまたもやウエンツがRS終盤の怪我により司令塔としてPHIをPOに導きました。
2019‐20シーズンからはジャクソンビルジャガーズでプレーすることに。

さきほど少し触れた、エンドゾーンほぼ真裏の席からの観戦についてですが、
慣れてないせいもあり、

「獲得ヤードが目視ではわからない」

という大きな欠点がありました。

各ドライブで何ヤード獲得して、あと何ヤードでファーストダウンなのか、という
アメフトにおいて最も大事な試合の部分がほぼわかりません。
もちろん大きなビジョンですぐさま数字が出るのでそれで確認し、試合の流れはつかむことができるのですが
次に現地観戦するなら、やはりサイドラインの席を取ってみようと思います。
ゴール裏の特徴はとにかく楽しい、ですかね。
タッチダウン、フィールドゴールが目の前で見られます。
この試合はホームのWASがNo TD No FGのちょっと…な内容でしたが、僅差の白熱した矛矛対決などなら、ゴール裏はめちゃくちゃ楽しいと思います。

7_2019052909130454e.jpg
生まれてはじめてTシャツトスでTシャツをゲット!前列のイーグルスファンの少年と壮絶な取り合いになりましたが、
イーグルスファンに遠慮することはないでしょう。
しかし取り合っているうちに、自席に転がり込んできたTシャツを後ろの席の人に奪われるという失態を犯し、
息子よ…隣にいるんだからもっと働けよ…

試合は何と言ったらいいのか…PHIの圧勝で終了。
シーズン最終戦、WASはタッチダウンどころかフィールドゴールすら決めることすらできませんでした。
スコアは24-0で終了。

11_20190529091307599.jpg
PHIがプレイオフに進むには、自力勝利かつCHIがMINを破らねばならない状況。
WASファンの声がどんどんか細くなってゆく中、
時折ビジョンに抜かれるMINでの試合のスコアに

"Let's go Bears! Let's go Bears!"

というPHIファンのベアーズチャントが響き渡るという異様な試合展開になりました。

12_201905290913090bb.jpg
試合が終わりに近づくにつれ、スタジアム内でのPHIファンの勢力が拡大してゆき、
しまいには何かの応援歌みたいなのまで大合唱で歌いだす始末。
自由すぎるぜ…そしてWAS、弱すぎるぜ…

10_201905290913065e3.jpg
PHI win!
CHI win!
ということで今季もRS途中で正QBであるウエンツを失ったPHIは、昨季のSBMVPのフォールズの力で
WEEK17のこの試合で、プレイオフ進出を決めました。
PHIファン歓喜!!!

14_2019052909140578d.jpg

試合終了後、LYFTやUBERの待ち合わせに指定された場所が、チームの駐車場入り口だったようで
出待ちのファンがいっぱい選手を待ち構えていました。

15_20190529091407543.jpg
試合後のアリーナやスタジアムの周辺は本当にたくさんのパトロールが出ており、警官が見張ってくれています。
選手や球団関係者(偉い人)の車には、スタジアムの外まで、一台一台回りをバイクで囲み安全を確保していました。
試合の内容によっては暴徒と化したファンに襲われたり、何かを投げられたり、というようなことがあるのだろうなと。
車、バイク以外にも、騎馬での警護隊もいて(たぶん、取り回しがバイクより素早くでき、どこにでも入って行けるからでしょうね。)かっこいい~~~とカメラを向けていたら、何故か馬がどんどん私の方に近づいてきて、どん!とぶつかられ鼻をすりすりされました。
びっくりした…けどかわいかった。

スタジアムで観戦中は興奮して声も出しているし、回りに人もいるので寒さはあまり感じなかったのですが、
12/30のDC郊外、スタジアムの吹きっさらしで、なかなか車が近づいてこれず、結局1時間以上そのまま待っているうちに
身体がすっかり凍えてしまいました。
電車で帰ったほうが早かったかもしれません。公共交通機関を使えば数ドルで安いですしね。

ホテルに戻り、寒さと空腹で外出する気力もなかったため、朝食を食べたホテル1階のスポーツバー&レストランへ。
少し割高でしたが、アメリカらしい食事に息子が大喜びでした。私の旅は本当に食事がテキトウで貧しいので…

16_20190529091407af0.jpg
17_20190529091409f66.jpg
今回アメリカ入りして初めてのアメリカっぽい料理。
息子はステーキ。
19_20190529091422160.jpg
私はニューオーリンズ名物のガンボに初挑戦しました。
野菜不足なのでサラダも。

20_2019052909142351f.jpg
21_20190529091425a25.jpg
調子に乗ってデザートを頼んだら、とんでもないボリュームと甘さでした。
でもめっちゃおいしかった!もちろんコーヒーも頼みました。
2人ともこのPOD DCホテルでの朝食と夕食に大満足でした。

1.png
はじめてのNFL観戦、すっごく楽しかったです!
(はじめて?の顔出し…レッドスキンズのニットキャップをかぶっているので楽しさが伝わるかと。ま、あんま見てるやつおらんやろ)
  1. 2019/02/20(水) 12:45:18|
  2. NFL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【DC観光】国立自然史博物館

映画『ナイト・ミュージアム2』の舞台にもなり、
息子のたっての希望だった『国立自然史博物館』に朝から行ってきました。

朝でもこの行列!
セキュリティチェックがあるので混んでいるように見えますが、
サクサク進みますので、行列に怯まず並んで大丈夫です。
中はゆったりしていて、人が多くても見やすい展示になっています。
スミソニアン協会所有の展示物がほとんどだとそうですが、その数 驚きの1億2千500万点。

4
滞在は3時間ほどだったのですが、急ぎ足で見てもすべては見切れない。
説明書きもタイトルくらいしか読んでないし、ビデオも観てない。イベント的なものにも参加していない。
観ていないエリアすらある。
それでも3時間。
じっくり観たらゆうに一日かかると思います。

5
NEUSEUMの時もそうでしたが、息子が「全然時間が足りなかった。また絶対行きたい」と今だに言ってます。
いつもは「日程が勿体ない」と私もどんどん他都市に移動してNBAの試合を追いかけて観戦するほうなのですが
ことにDCに関しては、中日に試合のない日があっても全く問題なく、山のように観るべきものがあると断言します。
他にも国立航空宇宙博物館や国際スパイ博物館も行かなくてはならないし…
しかも、ほとんどが「入場無料」です。
中でお金を取られるシステムもありません、お土産屋さんくらいです。

昔、ヨーロッパを一人で数か月ふらふら旅していた時も、国際学生証を見せるたけでかなりの美術館や博物館が無料になったものですが、DCは大人でも無料。
そのぶん、少しでも素晴らしさを伝えられればと思います。

7
ギリシャ風の意匠が施された西欧建築(いや、アメリカ建築かもしれない、よくわからない)の荘厳でゆったりした空間の中に
いきなり自然科学のはく製やら骨やらがどどーーーーーんとお出迎え。
これだけでも異次元に美しい。

9
建物の構造上、真下以外のありとあらゆる角度から
アフリカ象を舐めるように観察することが可能です。
二階の回廊からも見られるし、
このように鼻の下に潜り込んで牙がどこから生えているのか見たり、お尻側から見たり。

19
このアカデミックで荘重な空間の中に実物大(しかも大きめの個体)のはく製が、
まるで生きているかのように展示されていて、
そりゃ夜中にこれが動き出してもおかしくないよね。

11_20190612090023526.jpg
はく製はどれもぎょっとするほど大きくて、リアル。
さらに、動物行動学に基づいた展示になっています。
ここ20年ほどで日本の動物園でもようやく取り入れられ始めた手法ですね。

12_201906120900244f2.jpg
サバンナの高い樹木の葉を食べる時のキリン。

14
水辺で水を飲むときのキリン。
同じキリンの飲食でもここまで違います。
水辺は他のありとあらゆる動物が集う場所で、草食動物にとっては基本的に危険な場所にもなりえますが、
象やキリンなどの大型草食動物はサバンナでも比較的安全に暮らせるというのを聞いたことがあります。

15
この建物の中で何回も言った言葉。

「こんなのに遭遇したら絶対怖くて泣いちゃうね」

それくらい、大きくて、リアルな展示ばかりです。
このクラゲ、全長何メートルやねん!

6
海のエリア。
巨大なクジラのはく製と骨格標本がお出迎え。
マンボウもでかい!
サメの口の骨格もでかい!
全部でかい!

17
スマホでぱしゃぱしゃ写真を撮ったものの、それをだらだら紹介しても仕方ないので
空気感のわかる数枚だけ貼っておきます。

20_20190612090144526.jpg
クラゲやばいでしょ。ライトアップされてきれいでした。
この横に人食いそうなでかいヒトデも展示されていました。

18
ティラノサウルス、でっかかった。
この横にあったトリケラトプスも驚くほど大きかった…
はるか昔、本当にこれが歩いていたんだよな…これ本物なんだよな…
いや、その時代に生きてなくて本当によかった。散歩もおちおちできやしないよ。
恐竜コーナーは長らく改装中だったそうですが、2018年年末には見ることができました。

21_201906120901469b6.jpg
宝石、鉱物のコーナーもかなりの人気コーナーだということなので
行ってみたら本当に素晴らしかった。
宝石が人の心を狂わせる理由がちょっとだけわかった気がする。
ホープダイヤモンドの展示は、その大きさとカットのち密さが100%わかるように工夫されていて、
回転台がくるくるまわるたびに
ダイヤが無数の光を放っていた。
この博物館、全体的にそうなのだけど、何でもかんでも、でかい!
スケールが違う。

22_20190612090147df0.jpg
鉱物のコーナーってちょっと地味なイメージがあると思うのだけど、
スミソニアンコレクションの鉱物コーナーは、宝石コーナーと併せて
観るべきスポットのひとつだと思う。
展示も、ひとつひとつの石も、すべてがすごかった、圧倒された。

23_20190612090218f1b.jpg
ミイラも妙にリアルで…
これが夜中に動き出したら嫌だな。
博物館は基本的に命あるものは扱わないと思いますが、一部の展示で毒のある蜘蛛に餌をやるイベントや、
蝶が飛び交う温室、蟻の巣を見せる展示などもありました。

写真はないけど、骨や人類の進化のコーナーも面白かった。
研究室が少し覗けるような場所もあり、リアルに発掘物を研究したり、
標本を作っているような部屋もありました。

25_20190612090221aa1.jpg

おみやげコーナーもかなりいろいろなグッズがありましたが、
もうちょっとで複数買いしちゃいそうになったのが
この宇宙(地球)ゴマ。
日本では現在、メーカーの関係で非常に手に入りにくくなっているので、
やっぱり買えばよかったかなぁと今でも少し後悔している。

ワシントンDCの国立自然史博物館、
ひと言で表現するのは難しいのですが、あえて言うなら

「好奇心」

ですかね。
自分の中の、年齢とともに少し閉じつつある好奇心のとげとげ、受容体のようなものが
びっしばっし刺激されまくり、わくわく、ドキドキ、うきうきがあふれだす。
面白くて、楽しくて、夢中になれる空間でした。

1_201906120859590d0.jpg
記事のトップにこの写真が来るのが今いちだったので最後に、
3日目の朝食。
やっとまともに朝食を食べた。
エッグベネディクトと…ソーセージとグリルしたポテトとパン、みたいな普通の朝食だが、
ホテルの下で気軽に行けたのと、
スポーツバーなのでずっとスポーツニュースをやっているのがアメリカっぽくて最高だった。

2
スノッブで清潔な内装、
店のあちこちにモニター。

3
夜中まで「朝ごはん」が食べられるし、もちろんお酒も飲めます。
息子が21歳になったら一緒にスポーツバーでお酒を飲みたいなと楽しみにしています。
  1. 2019/02/19(火) 12:42:48|
  2. NBA2018-2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2018-2019現地観戦】Dec.29.2018 CHA対WAS観戦

この記事から試合観戦と言いながら、事前のチーム練習の写真をちょこっと。

MKGがベンチに向かって結構冗談など言って笑っている。
もしかしてMKGはチームの面白担当だったりするのだろうか。
なんとなく寡黙で渋いイメージがあったが、ベンチにいる時のMKGをずっと見ていると
オーラがけっこう陽気な感じで驚きました。
昔のジミーバトラーみたいな感じ?

一方ケンバは、試合前は思っていたよりピリピリしていた。
サインを貰う時も、やわらかい笑顔で対応していたけれど
鬼火が立っているみたいな雰囲気で。
ケンバの勝負にかける思いを感じ取れました。

12_2019060508390243e.jpg
6_201906050838421d9.jpg
ベンチに座っているメンバーに軽口を叩きながら手のひらをパンパンしているMKG。
絶対おちゃらけてる時の顔だと思うこれ。
13_20190605083915a56.jpg
多少フォーカスボケてても貼ってしまえ。

7_20190605083855d84.jpg
ルーキーとは思えないほど身体がしっかり、広くてしっかりと筋肉がついた肩、太い首、驚異的なアスレチズムのマイルズブリッジズ。
目の前で何本も猛烈なダンクを悠々と決められ
私も息子もすっかりマイルズに魅了されてしまいました。
鼻歌でも歌う気軽な雰囲気で、ドッカーーン、ズッバーン、ボッガーン!って感じで次々と叩き込んでいくんです。
凄かったなぁ…
丸い顔に大きな口の笑顔も含めて、スケールのでかさを感じる選手。

8_20190605083857f46.jpg
ケンバもチーム練習はにこにこ。

9_201906050838592ac.jpg
近くで見たケンバは、もしかして息子とあまり変わらない?ってくらいのサイズに見えると言ったら
「前、(コーリー)ジョセフの時もそう言ってたけど、向こうのほうが全然でかいから」とまた釘を刺されました。

11_20190605083900098.jpg
こちらもルーキーのデボンテグラハムくん。
二人とも、今までのホーネッツにはいなかった身体能力の塊のような選手です。
ゴムまりみたいなんだわ。
見てるだけで楽しいルーキーくんたち。

15_201906050839195c5.jpg
私たちの席のすぐ横に、親族なのかはよくわからないのですが
全員ラムのジャージを着ているグループがいました。
顔などは全く似ていなかったのですが、何かの折にベンチにいるラムが声をかけていたので
友人とか、知り合いとか、そんな類だったのかもしれません。
もちろん誰かさんみたいに、ラムのスーパーファンかもしれませんが。

16_201906050839206d6.jpg
マービンはリーグパスで見ていてもそう思っていましたが、
ベンチ裏で見ていると本当にぐっとくるほど周りの選手のケアをしていました。
以前ホーネッツに在籍していたジェレミーリン(現トロントラプターズ)がコラムに書いていたところによると
マービンは相手が年下でも、例えルーキーであっても会話の末尾にSirとかMadamとかをつけて丁寧に話すそう。
その話をユタジャズファンのリルタクさんとしていたところ、
ジャズ時代からマービンはそんな感じで、チームメイトが「堅苦しいから普通にしゃべってくれ」と頼んだものの
「生まれた時からこんな風に話しているので今さら変えられない。気にしないで下さい。」と言われたそう。
人柄がにじみ出るエピソードだなと思いました。

17_20190605083921d94.jpg
2年前のオフに大型契約で残留した二コラバテューム。
チームで最も年俸が高いわりに、今季はどうにもぴりっとしない。
本人ももともと15‐5‐5の活躍を目指すといっていたが今季平均は31分で13‐5‐3でちょっと足りない、
というかぶっちゃけだいぶ足りない。今季、試合を観ていると、コートの上でしばし消える。存在感がない。
ホーネッツは、年俸が上からバテューム、ビス、マービン、コディ、MKGでエースケンバが6番目。
このバランスの悪さ、歪みをどうにかして、ケンバを助けてほしいと思ったことは一度や二度ではなかったです。
二コラのせいではないんですけどね、二コラも移籍なり役割を変えるなりを模索したほうがきっと輝ける気がするのですが
高すぎるサラリーが邪魔をする。
セルフィッシュさはゼロで、何でもこなす、とても起用な選手なのですが今いち活かせてないんですよね。

18_20190605083939103.jpg
この日のケンバは神がかっていた。
プレー中はあまりカメラを覗かずプレーを観ているので写真がないけど
超低く、横幅のあるクロスオーバーからのプルアップジャンパーなどは
横にいた息子も
「すっげえ…」
と声をあげて、別にホーネッツファンでもないのだが、ケンバのプレーに心を打たれたようで大声を出して応援していた。
ケンバが47点も取ったにも関わらず負けてしまったホーネッツに対してぷんぷん怒っていた。
ケンバに助けが無さすぎると。どうにかならんのかと。
そんなの世界中が思ってるよ…

19_2019060508394107f.jpg
ケンバとマービン。

20_20190605083942625.jpg
ヴィリーエルナンゴメス。
NYKのルーキー時代、ジョアキムノアが怪我により離脱したことでまとまった出場機会を得て、
All Rookie Teamに選出されたヴィリー。
リオオリンピックの時からプレーが好きだったので、ホーネッツでプレーしているのを観られてうれしかった。

22_201906050839456c0.jpg
めっちゃ頑張ってましたよ~

21_201906050839448a4.jpg
MKGは外せない。

1
CHI戦では出場機会のなかったトロイだったが、
このCHA戦ではケンバ・ストッパーとして、またオフェンス面でも貢献。
ダンクも見たわ~

2
アリーザは近年だとHOUのPOでめちゃめちゃ輝いていたけど、
WASでもベテランらしく堅実なプレーを重ねていて、さすがアリーザ様!って思いました。
WASに来てからは、43試合すべてスターター、14PPGと良い数字を残しています。
WASファンがもし不満に思っていることがあるとしたら、こう言いたい。
「アリーザの本当の良さは、一緒にPOに出ればわかる」と。
ただ、スリーとFTの精度が落ちているのが若干気になる。システムもあるし、そりゃハーデンがフロアにいるのといないのでは
マッチアップが変わる等、様々な要因があるので一概には言えないが。

3
アリーザ様とMKGなんてありえない眼福。

4
眼福ついでにMKGの徳の高いフリースロー。

5
練習でだけでなく、インゲームでも観られて感激です。

7
ラムって華奢だと思ってたけどアリーザと同じくらいだし、アリーザもフィジカルが、とか昔も言われたようだけど
近くで観たら筋肉凄いし、MKGはかっこいい。

10_20190605091217183.jpg
選手通路でずっと自転車を漕いでいたサムデッカーも
しっかりPTをもらっていました。
22mで12点って結構活躍してますよね。

11_20190605091218193.jpg
トロイはケンバが出ると出て、ケンバが下がると下がります。

13_20190605091220d52.jpg

まだスコットブルックスの信頼を完全には勝ち得ていないようで、結局17mほどのPTでしたが
使えば使うほど成長すると思うんだけどな。

12_20190605091219736.jpg
ド派手なダンクをバンバン叩き込んでいたので出番があると思ったのですが、
この試合はDNPだったマイルズブリッジズ。
次の試合は出てくれよ~

16_20190605091230cfe.jpg
CHAはとてもエゴの少ない良いチームですが、ことに得点面ではケンバ頼みになることも少なくありません。
どうにもこうにも、ケンバ以外のシュートが全く入らなくなる時間帯がある。今季はラムが頑張ってくれてはいますが
結局ケンバが47点も得点したにも関わらず
CHAは惜敗してしまいます。
ケンバが鮮やかで幅のあるクロスオーバーやプルアップスリーで
次々と得点するのにかなり興奮して感銘を受けていた息子は、試合後少しがっかりしながらも腹を立てていました。
その悲しみと憤りの原因は、たぶんトニーが出なかったことだけではないだろうと思います。

1
ハーフタイムのシュート練習の時の写真。
バスケットを交換したのでこちらでWASがシュート練習を始めました。
大黒柱のジョンウォールがシーズンアウトの怪我で離脱し、名実ともにチームのエースであるブラッドリービール。

2
アリーザとトロイ。
WASは(ウーブレはいなくなってしまいましたが)顔面指数はNBAの中でもぴか一じゃないでしょうかね…
いやぁかっこいいです。
アリーザはビールより多い24得点でチームを勝利に導きました。

4
5
プレー中にフロアシートの客とぶつかって、ビールをぶちまけてしまったラム。
これですこれ、これをやっていただくのが私の夢です(笑)。

6
トーマスもよい顔つきをしています。
ベンチにいても、フロアにいても、仲間をよく鼓舞して声を出し
試合にエナジーを注入し、チームを勝利に導きました。
この日はなんと、
21p10r3a1bと攻守で大活躍でした。素晴らしい!

7
ケンバが信じられないような素晴らしいパフォーマンスで、CHAが怒涛の追い上げを見せると
ベンチにいるメンバーが全員立ち上がって味方を応援します。
こうなると真後ろにいる客はまったく試合が見えなくなるので
都合こちらも立ち上がって応援することになるか、
選手の背中を眺めるのみです。
それはそれでいいけどね。
これぞ現地観戦の醍醐味!(かな?)

8
ヴィリーがしかめっつらをしてベンチに戻ってきます。
この試合は9分出場2得点でした。
ヴィリーならもっと活躍できるはずなので頑張って欲しい。
オフェンスもディフェンスもまだまだ磨きたいし、スリーの精度ももっともっとあげてほしい。
課題はたくさんですが、きっとやってくれると思います。

9
今季ようやくマリークモンクが出てきたな、という印象を持ちました。
この日は16分で9点、勝利には貢献できませんでしたが、昨季までとは顔つきが変わり、
自分で試合を引っ張ろう、流れを作ろう、チームを鼓舞しようというリーダーの顔つきになってきました。
ラムやマリークが20点プレイヤーになってくれればCHAはもっともっと強くなると思いますが
まだまだ波があるので、来季もがんばってほしい。

この試合はルーキーのデボンテグラハムのディフェンスが見ものでした。
マイルズもそうですが、身体つきがしっかりしていて、いい脚と強いフィジカルでしっかりつくことができます。

この試合は前述通り、エースのケンバが47得点もしたのに僅差で負けてしまいました。
前の試合ではCHIに負けてしまったホームのWASが勝てたのはうれしかったし、
何よりトロイの活躍が観られたのは良かったです!
  1. 2019/02/19(火) 12:41:27|
  2. NBA2018-2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2018-2019現地観戦】Dec.29.2018 CHA対WAS試合前

1_20190523090056c34.jpg

朝からのTwitterの情報で、悪い予感が当たったことを知る。

BtBの2試合目、アウェイのこの日のWAS戦に、息子のお目当てのトニーパーカーが帯同すらしていないことがわかった。
落胆を隠せない息子の背中。
着ぶくれしているのは、この下にトニーのジャージを何枚も着ているから。
SAS時代のものが2枚、フランス代表ジャージが1枚、そしてホーネッツジャージ。計4枚重ね。
何とか明後日のホーム戦には出てほしいものだ。
CHA戦を2試合も今回の旅の日程に組み込んだのは、他でもないトニーパーカーのプレーを観たいという息子のためだったのだから。

2

前に並んでいるファンの中に
トレードされたウーブレのジャージを着ている人がいたので、背中だけぱしゃり。
これオーセンティックだよね?大好きだったんだろうな…

3
セキュリティゲートでチェックを受け、選手通路に急ぐ。
この日はアウェイ側に近い場所に席を取った。誰が個人練習に出てきてるかな…
と思ったら、目の前でMKGが!
MKGがストレッチしているじゃないですか!(すでに鼻血ブーもん)

4
次はウエイトを持って少し負荷をかけてストレッチ。
今にして思えば、ホテル出待ちもできたんだな~時すでに遅しですけど。

5
ケンバは?ときょろきょろすると、ベンチに座ってMKGの練習をにこにこしながら見て、MKGに声をかけていた。

6
スマホでの撮影なので画質が悪いですが
MKGのシュート練習は本当に最っ高でした…

7
外のラインのあちこちのスポットから数本ずつショットを重ねるMKG。

MKG独特の上半身と腕を大きくひねったシュートフォームがこんなに堪能できるとは!
これだけで数百ドルの価値がある、と思うのですが、
この座席、確か$120+手数料程度だったはず。
WAS、チケット安すぎ…いや、助かるんですが。
今回の東地区観戦旅行のチケット代は、この試合に限らず驚くほど安かったです。
ちらちら見ていた感じだと、西海岸のGSWやLALの同じ席なら3~4倍、ヘタをすると5~6倍だったと思う。

9
プルアップしていたと思ったら、急にフェイクからのレイアップ。

10_20190523090127355.jpg

スリーポイントラインからのシュート。
そのあたりからは実戦ではほとんど打ちませんけどね。
MKGはたまにコーナースリーを打つ程度。

12_201905230901298b7.jpg

フォロースルーはしっかりしています。

13_20190523090249687.jpg

MKGのおひねり。
神々しい…

14_20190523090250971.jpg

何度も、何度も。
ひねって、打って、ひねって、打って。

17_201905230902527cc.jpg
18_2019052309025425f.jpg

ひねりからフォロースルーまでスマホで連写しまくる私。

20_2019052309042840c.jpg

個人練習の〆はフリースローラインから。

21_20190523090429d9a.jpg
23_201905230904300f7.jpg

素晴らしいひと時でしたが、
MKGばかりに夢中になっていたので、ケンバ他、他の選手のシュート練習の写真も動画も一切ないという。(笑)

1
個人練習が終わった選手から、選手通路のほうにやってきてファンサービスが始まる。
まずはジェレミーラム!
サインをもらいながら「サンダーの時から応援してました!」って言うと(本当だし)
私はなぜか気づかなかったんだけど、ラムは反応していたそう。
「ラムが、おっ!みたいな顔してたよ~」と息子が言ってました。
私はアドレナリンが出過ぎて状況が見えてなかったらしい…
3

ラムは信じられないくらい小顔、頭蓋も明らかに小さくて
ものすごいバランスでした。
筋肉のつき方も、めちゃめちゃかっこよかったです。

4
ホーネッツのお母さん(お父さん?)役、マービンウィリアムズ!
試合の時、自分がベンチにいる時いつも立ち上がってチームを応援している
まさに「木の上に立って見ている=親」を地で行く素晴らしい選手です。
マービンはなぜかセンターラインとは逆の方からファンサービスしてくれて、
「あっち行っちゃったからもう無理かな?」と思ってたら
こっちに戻ってきてくれました。

6
ホーネッツの選手は全員、サインとセルフィ両方に応じてくれていました!

7

8
次はMKG!

舞い上がってまともな写真も撮れてないのですが、
個人練習から下がる時、私が手に提げていたMGKの14番のジャージを見つけて
明らかにこっちに向かって歩いてきてくれました。

好きな選手が、自分に向かって真っすぐ歩いてくる。
こんな幸福があるでしょうか?

9

MKGが私たちの元に、そこにいたファンの誰より先に来てくれて、さぁ、という時に
緊張のあまり、手に持っていたもう一枚のジャージ(ケンバ)を選手側の通路に落としてしまったんです。
私たちが立っている場所は、選手たちが立っている地面より少し高さがあって、自力で手を伸ばして拾うのが難しく
アワアワしていたらMKGが

"It's OK! It's OK! I got it! I got it!"(大丈夫大丈夫、俺が拾うよ!)

と言って拾って、にっこりしながらハイ、と手渡してくれました。
同じ言葉を二回繰り返すMKGの癖…podcastと同じ…。

あまりの出来事に
"I'm so sorry…"しか言えず…
謝り続ける私に、差し出したMKGのジャージやキャップにサインをしながら、
"No problem!"って。
悶絶死寸前だった…

実はその時、私はあまりの緊張でまったく聞こえてなかったのですが
息子曰く、MKGがジャージにサインしながら
私が手持ちジャージ以外に、MKGのジャージを「着て」いることにも気づき
「そっちにはサインしなくていいの?」
と訊いてくれていたらしい。
でも私は完全無視したようで…
何というアホなんでしょう私…

10_201905230940005c0.jpg

隣で息子が、「MKGめちゃ優しいな」と感心していました。
ジャージ、落してよかった…いや良くないけど…いつも日本から応援してる、プレーが大好きだってちゃんと伝えたかった…
実は後日そのチャンスが再度訪れるのですが、この日の教訓が全く活かされず、
その時もアワアワして結局、好きな選手の前では何も言えないaderinなのでした。
ラムやジュレブコには話しかけられても
ネトやMKGには何も言えないって言うね…

MKGも、セルフィにも丁寧に応えてくれました。

11_20190523094002811.jpg

ルーキーのデボンテグラハム!めっちゃかわいい~~~~~~
マイルスブリッジズもかわいいけど
デボンテのこのかわいさは…

12_2019052309402063e.jpg

デボンテは至近距離で撮る余裕がある。MKGの時はなかった。
腕の筋肉や、肌をまじまじと見る余裕があった。
選手によって全然違う私…

13_201905230940219eb.jpg

かわいい髪と顔にこの三角筋、上腕三頭筋、短母指伸筋の筋も…
アームスリーブも全部かっこいい…
めちゃギャップ萌え…

14_20190523094022d4a.jpg

デボンテもセルフィOK!
笑顔が超チャーミングでやばかったです。

15_2019052309402439d.jpg

最後まで個人練習をしていたのはエース・ケンバ。

16_201905230940268f8.jpg

ケンバにジャージを差し出すと、
「どこに書く?ナンバーの上?ここ?大きく書く?」と訊いてくれました。
まさかそんな質問をいきなりされるとは思わず、またあわあわ…英語苦手過ぎる…
こんな時何て言えばよいの?
「どこでも好きなところにお願いします」と訳のわからないことを口走ってしまった。
せっかく訊いてくれたのに、何て勿体ない…

17_20190523094059a69.jpg

背番号の上にしてくれました!

18_20190523094100269.jpg

今回は息子と二人で観戦なので、サインは1度に2つ貰えるのです。
ジャージと、キャップにもいただきました。

19_201905230941029d1.jpg

ケンバを待っているファンはたくさんいるので大変だと思うのですが、
ケンバはそこにいたファン、たぶん30人くらいはいたでしょうか?に
全員ファンサービスして回っていました。

20_201905230941036cf.jpg
中には、明らかにホーネッツファンではない人もちらほら。
それでも、少し遠くから欲しがっていた人も見つけて手を差し伸べて、ペンやカードやノートを受け取って
サインしていました。

21_201905230941052fe.jpg

子供はもちろん、大人にも、敵チームのファンにもわけへだてなく丁寧に接するケンバの
プロフェッショナリズムに感銘を覚えました。

22_20190523094106a4f.jpg

ホーネッツの選手5人からのサインが入ったドラフトキャップ。
ケンバの時はもうスペースがなく(ラムがでかい)、端っこに小さくサインを書いてくれました。
デボンテはルーキーーなので一番意味があるかも。
息子の一番目当てのトニーパーカーには接触できなかったけど、トニーはベテランで本当にスーパースターだし
いたとしてもファンサービスしないんじゃないかな?と言っても
たいした慰めにもならず。

23_20190524093754726.jpg
今季シャーロットホーネッツは設立30周年で、その記念のレトロジャージが本当に素敵で。
気に入って買ったレトロジャージにサインが頂けてとても嬉しかったです。

23_20190523094108824.jpg

私はMKGとのやりとりで、もう試合が割とどうでもよくなるくらい
舞い上がってしまいましたが、スーベニールカップを買って席に戻ったら
そろそろチーム練習開始です。

※スーベニールカップはアリーナ内でのみ購入可能。各アリーナオリジナルデザインで追加料金を払えば
飲み物を入れてくれます。
ドリンクを頼む時にスーベニールカップでとオーダーしてください。
WASはビールがデザインされたものでした。(WASオフ会で提供してしまい、全体の写真を撮るのをうっかり忘れてました)
  1. 2019/02/18(月) 12:38:48|
  2. NBA2018-2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【DC観光】てくてくがしがしDC観光

1_201905210921522f2.jpg
大学バスケ観戦が2時過ぎに終わり、ビールは飲んだが空腹MAX!
午後は少しだけ観光して、夜はまたNBAとダイハードなスケジュールなので
大急ぎでYelpをチェックして店を探す。
Captal1のすぐ向かいにかなり高評価の日本風ラーメン屋があったので行ってみたが、
2時過ぎにもかかわらず、満席で1時間半待ちだと言われたので、他を当たる。

2_201905210921544a1.jpg
もうラーメンの口になっていたので、周辺で評価の高い別のラーメン屋を探し、
少し待ったがすぐに食事にありつけました。
味はちょっと個性的だったが、見た目のほうがもっと個性的。

3_2019052109215501e.jpg

煮卵も、焼き豚のようなものも、緑色のもの(青梗菜と何か数種類)の他に紫色のものも入っているし
ラーメンかラーメンでないか、で言うと100%ラーメンなんだけど…
なんか妙に

「カラフル」

なんですよね。
美味しかったけど、再訪はないかな(オイ)。
身体があったまったし、お腹が満ちたのでOK!
夜はまたアリーナなのでロクなもの食べないんだろうなぁ…
(ちなみに夜も試合後チャイナタウンで、日本風のラーメンを食べました。)

4_2019052109215672e.jpg
ところで、DCは、今、日本ではアメリカの中であまり人気のない街のようで
観光ガイドブックを探しに大型書店に行ってもとにかくガイドブックがほぼありません。
首都なのに、人気がない。どういうことなんでしょう。

人気はさておき、さすが首都なだけあって
今まで行ったどのNBAシティより観るべき観光名所が山のようにある街です。

特に美術館・博物館は、世界的に有名なスミソニアン協会のコレクションを中心に
1つに最低3時間、可能なら半日かけてじっくり回っていたら1週間くらい滞在しなきゃならないくらいの
充実ぶりです。
今回、私たちの自由時間は滞在2日目の午前中~夕方の試合までと、
3日目の午前中。
吟味して絞り込まねばなりません。
2日目の午前中は私の希望でNEWSEUM
3日目の午前中は息子の希望で国立自然史博物館(映画『ナイト・ミュージアム』の舞台としても有名)。
他にも、国立航空宇宙博物館(月の石などの展示あり)や、ナショナルギャラリーオブアート、国立アメリカ歴史博物館、国際スパイ博物館…行きたいところだらけでしたが
ハコモノは上記2つ以上に行くのは時間的にも体力的にも無理だったので、次回の楽しみとします。

ラーメン屋からとことこ10分ほど歩き、国立公文書博物館(マグナカルタ、独立宣言の原文があります)を横目に
さらには翌日行く予定の自然史博物館も横目に
とことこずんずんいくつもの博物館の外観を眺めながら
「モール」と呼ばれる巨大な長方形の緑地を横断します。

5_201905210921581ad.jpg

スミソニアン協会のコレクションだけでも
こんなに!!!
博物館観て、緑のモールで散歩や休憩をして、また違う博物館観て、夜はスポーツ観戦か音楽鑑賞して…
そんな贅沢なインプットがし放題の街がワシントンDCです。
しかもスミソニアン関連のミュージアムは基本、無料ですのでなおさら享受しない理由はないでしょう。

6_20190521092325b89.jpg

自然史博物館は小さな子供から老人まで大人気で、入場に行列ができていました。
その客を狙ってか、他の博物館より周辺道路にフードトラックがずらりと並んでいます。

7_20190521092329712.jpg

25_20190521092627c6f.jpg

ハコのデザインではもっとも素晴らしい!と驚嘆した国立アフリカ系アメリカ人歴史文化博物館。
今季スパーズがチームでこちらの博物館を訪ねていたので興味が湧き、
ちょっと内容を調べて、行かなかったことをまともや心の底から後悔した場所のひとつです。
次回は必ず行きます。なるべく近いうちにDCは再訪したいと思います。
人気が高く、飛び込みでは入れません。事前のオンライン予約が必要のようなので注意しなければなりません。
他にも、国立アメリカインディアン博物館もあるようで
NEWSEUMなどと併せて
人類が、人種が、アメリカが歩んできた、勝ち取ってきた歴史と向き合う場がいくつも、いくつも用意されています。

10_2019052109232817b.jpg
モールのどこからでもその姿が見える、ジョージ・ワシントン大統領を記念した記念碑、ワシントン記念塔。
中にエレベーターがあり、上に昇れるそうですが、今はエレベーターが工事中だとのこと。

11_20190521092330b77.jpg
エレベーターがあること自体知らなかったので、こちらも次回の楽しみに取っておきたいと思います。
少し斜光になってきた太陽が当たってとてもきれいでかっこよかったです。

12_20190521092331588.jpg
モールにたくさんいた、巨大なリス。
人に非常に慣れていて、お菓子求めて近寄ってきます。

14_201905210923550ea.jpg
てくてくがしがし歩いていたのにはお目当てがありました。

15_2019052109235787d.jpg
これはワシントンDCに来たら外せないでしょう!
リンカーン記念堂。
映画『ナイトミュージアム2』や『フォレスト・ガンプ』などに登場した
とても有名な像です。

18_20190521092400adf.jpg
年末だったのでDCのどこも人が多かったですが、このリンカーン記念堂は特に人がひしめいていて
ほぼ初詣状態でした。
まぁ仏像や観音様を拝むのと近いかもしれないですね。

19_20190521092401e5a.jpg
リンカーンの目線の先には、国会議事堂があります。

21_20190521092426c12.jpg
写真を撮るのを忘れていましたが、第二次世界大戦記念碑からリンカーン記念堂を眺めたところです。

22_201905210924287bc.jpg
おなじみホワイトハウス。
中に入るのは見学ツアーに申し込むのが必要ですが、今回は行く予定はありません。
こんな人目の多いところが住居だなんて大統領も楽じゃないなと思いました。
開けた場所なので、警備も大変そう。
クリスマスが終わったばかりで、大きなツリーが飾られていました。

1_20190529084715019.jpg

ヨーロッパ調の街並みが美しく、整備されて、美術館や博物館はほとんど無料で徒歩やバス、地下鉄に気軽に移動できる手段もあり、カフェやレストランも点在しているワシントンDCは
観光にもじっくり時間をかけたい都市でした!

心残りが多すぎるので、絶対にまた訪れたいと思います。
  1. 2019/02/17(日) 16:30:17|
  2. NBA2018-2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

adelinX

Author:adelinX
NBA観戦歴7年目のひよこNBAファンaderinです。
NBA現地観戦記録を記していきますので不定期更新。
全30チームのアリーナを制覇するのが夢、現在12アリーナ19チーム22試合観戦!
#MambaDay にコービー現役最終戦を観戦しました。
NBA League Passに加入して4シーズンほど、年間250試合以上Webで観戦するわりには、永遠のNBAひよこです。

※写真はすべて管理人aderinがコンデジや携帯で撮影した画像となっております。著作権は放棄しておりませんので、二次使用・転載は禁止です。
管理人が撮影したものでないものなどは脚注などで補足するようにします。

最新記事

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

NBA2012-2013 (6)
現地観戦準備2013-2014 (17)
NBA2013-2014 (20)
現地観戦準備2014-2015 (6)
NBA2014-2015 (29)
NBA2015-2016 (13)
Mamba Day (6)
NBA2017-08 (9)
NBA2018-2019 (14)
NHL (3)
NFL (1)
試合以外 (10)
未分類 (0)
NBA 2019PO (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR